(社)日本朗読検定協会 公式BLOG

(社)日本朗読検定協会の最新情報をお知らせするBlogです。引用文を除く記事本文の著作権は(社)日本朗読検定協会に帰属します。
朗読検定(R) は登録商標(登録第5249540号)です。 読み聞かせ検定(R) は登録商標(登録第5337712号)です。

認定朗読・読み聞かせ講師の登録数、学生から80代まで、全国2600名以上!
iPhone、iPad、Androidから、朗読検定(R)実技課題をご提出いただけます!

第16回 青空文庫朗読コンテスト 開催のご案内

2022/8/23 本選審査員お一方増えました。今回から本選は5名の本選審査員(各20点持ち点)で100点満点の審査となります。

2022/7/1 録音予選の受付は、前期(7/1〜7/31)、中期(8/1〜8/31)、後期(9/1〜9/30)の3回おこないます。前回同様、複数作品(または複数テイク)でのご応募が可能になっています。お振込いただいた選考料の金額で口数を判別しています。(1口=3,300円(一般・認定講師の部))

2022/7/1 前回に金賞、銀賞、銅賞いずれかに入賞された方は「次の回1回に限り」予選からご応募いただけません。(例:第15回で銅賞受賞→第16回は応募不可)より多くの方に本選出場いただけるようご理解ご協力をお願い申し上げます。
※審査員特別賞の受賞者および高校生の部での受賞者を除きます




第16回 青空文庫朗読コンテストご応募を検討中の
朗読愛好家のみなさまへ


一般社団法人日本朗読検定協会からのお知らせです。

青空文庫朗読コンテスト 開催について、ご案内いたします。

今回も、前回同様、

・録音予選の実施
・本選は、動画放送としておこなう


ことに決定いたしました。

本選の開催形式といたしましては、

本選出場者に選ばれた場合、動画を撮影していただき、お送りいただきます。
予選審査員・本選審査員が何度も応募音源を聞いて(観て)採点する


本選は、本選出場者となった皆様からお送りいただいた動画を一本に繋ぎ、本選審査員の方々に審査をしていただき、2022年12月31日 12:00〜に、一般社団法人日本朗読検定協会公式Youtubeチャンネルにて、チャンネル登録者の方に「事前収録番組として放送」同日、受賞者を発表

と考えております。

また、予選はすべて録音予選といたしますが、

本選出場者に選ばれた場合、動画を撮影し、データをお送りいただける方のみ、予選にご応募いただけます。

今回も、大変申し訳ございませんが、「動画の撮影ができない」という方は、録音予選にもご応募いただけません。


予選は、動画ではなく音声だけで構いません。
(予選は、朗読検定アプリからの送信、音声データをメール添付、カセットテープやCDも受け付けます)

本選出場者となった方に作成していただく動画は、
読み手のご自身だけが写っているもので、

フルHD解像度(1920×1080)横画面での撮影
・読み手が真正面(カメラのほう)を向いている(斜に構えないこと)
・読み始めから読み終わりまで、原稿等でご自身の顔が隠れていないこと
・読み手の腰から頭のてっぺんまでが画面に入っていること
原稿を手に持っていること、それがわかるよう撮影されていること
他人の声、犬、猫等の動物の声や騒音が入っていないもの

をルールとします。

動画を撮影する方法は、

A・スマートフォンを使用(フルHD撮影)
B・デジタルビデオカメラを使用
(フルHD撮影)

A、Bのいずれでも構いません。

2の場合は、データ送信が出来ないという方は、SDカードをお送りいただき、本部でデータをコピー後、SDカードを返却させていただきます。

予選通過をされた場合には、詳しい撮影方法、データ送信方法などを詳しくご案内いたします。

動画の撮影方法は、下記の動画を御覧ください。


録音予選は、一般の部・認定講師の部、高校生の部、いずれも、三期に分けておこないます。

本選出場者枠は、

高校生の部 10名
一般の部・認定講師の部 30名


となります。

前期:7月1日〜7月31日まで(本選出場者の発表は8月3日)
中期:8月1日〜8月31日まで(本選出場者の発表は9月1日)
後期:9月1日〜9月30日まで(本選出場者の発表は10月5日)

なお、本選出場者の発表は、毎予選会ごと、一般社団法人日本朗読検定協会公式Youtubeチャンネルにて、動画で発表いたします。

動画撮影ということで、少しハードルが高くなってしまったと感じられる方もおられると思います。
しかし、青空文庫朗読コンテストでは、会場から遠方になる方の参加障壁が下がることで、より多くの方がコンテストに挑戦できること、審査員が何度も聴いて審査できる審査を重視しております。

何卒、ご理解くださり、「新しいことに挑戦する機会」と捉えていただき、前回以前と同様、予選にご応募いただけましたら幸いです。

第16回 青空文庫朗読コンテストの課題等、詳細につきましては、
こちらでご案内いたしております。

予選のお申し込みは、お近くの認定教室(プロフェッサー資格者)、
または、こちらからお申し込みください。
(検定のお申込み から、受検級で「青空文庫朗読コンテスト予選」をお選びください)



令和4年7月1日
一般社団法人日本朗読検定協会

第15回 青空文庫朗読コンテスト 本選結果

2022年6月30日(木)12:00〜に、
一般社団法人日本朗読検定協会 公式Youtubeチャンネル
にて放送いたしました、

文部科学省後援 第15回 青空文庫朗読コンテスト本選

予選から選ばれた、一般/認定講師の部
合わせて40名の出場者で行われました。

その結果報告となります。

受賞結果動画はこちら


ゲスト審査員を務めてくださったのは、今回も、
元OSK日本歌劇団トップスターの女優・洋あおいさん
俳優・演出家の井本寛一さん

毎回抽選で選ばれる朗読検定(R)プロフェッサーからは、
福田雅世シニアプロフェッサー
引田さいこプロフェッサー


が本選審査員を務めてくれました。

審査員のみなさんも、何度も動画をご覧いただき、
長時間にわたる審査協力をいただきました!
心より御礼申し上げます。ありがとうございます!
お疲れさまでした!


【一般の部/認定講師の部】
※今回の満点は80点です。
※朗読検定1級および準1級の認定には、朗読検定2級試験および準2級試験の合格が必要です。

金賞 藤原芙美江さん(岩手県) 織田作之助「道なき道」 74点 ※朗読検定2級の合格で朗読検定1級認定

銀賞 山本美和子さん(大阪府) 織田作之助「道なき道」 71点 朗読検定2級の合格で朗読検定準1級認定

銅賞 高橋いづみさん(和歌山県) 吉川英治
「親鸞」 68点 ※準1級認定となります
銅賞 山木梨可さん(兵庫県) 吉川英治「親鸞」 68点
銅賞 定行恭子さん(兵庫県) 森鴎外「牛鍋」 68点 ※準1級認定となります

審査員特別賞 佐野和敏さん(東京都) 梶井基次郎「檸檬」
審査員特別賞 水谷英美さん(大阪府) 吉川英治「親鸞」


受賞された皆様、おめでとうございます!

なお、三賞(金銀銅)のいずれか受賞をされた方は、次回のコンテストにはご応募いただけないルールです。例:第15回で受賞された場合、第16回は応募できない
※一般の部/認定講師の部で応募の方のみ

今回も、受賞された方々以外も、大変印象に残る朗読を披露してくださった方ばかりでした。

なお、第10回 金賞受賞者 須田直さん、第11回 金賞受賞者 加藤博久さん、第12回 金賞受賞者 町田政則さん、第13回 金賞受賞者 三野友華子さん、第14回 金賞受賞者 結希美音さん、の朗読披露は後日、音源または映像として皆様にご披露いただく予定です。
※日本朗読検定協会公式Youtubeチャンネルでご案内いたします。


次回、第16回 青空文庫朗読コンテスト、
本選は、12月31日(土)12:00放送予定です。(放送終了は16:30頃)
今回の放送と同じく、プレミア公開になりますので、本選出場者の方、認定講師資格をお持ちの方以外は、放送日以降はご覧いただけません。

(本選出場者の方以外の一般の方への前回の本選動画公開は、次回の予選申し込みをされた方にお申し込み特典としてお知らせします)

第16回青空文庫朗読コンテスト 録音予選の受付日程は、2022年7月1日〜9月30日。
今回と同様、前期、中期、後期の3回に分けておこないます。

青空文庫朗読コンテストの、

・会場予選開催情報

を、毎週水曜日、一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンでお知らせしています。

こちらから、ご登録ください。

ぜひ、一般社団法人日本朗読検定協会 公式Youtubeチャンネルにご登録ください。

こちらから、ご登録ください。

第15回 青空文庫朗読コンテストホームページはこちら

【ご依頼募集】YouTube広告などのナレーション、ゲームのアフレコ、アテレコ引き受けます。

・YouTube広告
・インスタ広告
・オーディオブック


などのナレーションのお仕事、引き受けます。

(がんばって自分で読んでみたけど、どうも聞きづらい・・・)
(音声合成ソフトは味気ないし・・・・)
(よく見る、あの出版社のYouTube広告って誰が読んでるんだろう?)


とお悩みの方の、お役に立ちたいと考えております。

また、

・スマホゲーム
・コンシューマー機用ゲーム
・PCゲーム


の吹き替え、アフレコ、アテレコのご依頼もご相談ください。

当会には、プロ声優、プロナレーターだけでなく、プロを目指している、実績を作りたい方が多数おられますので、場合によっては、無償でお引き受け出来る場合もございます。

長編、ハイクオリティなもの、高度な表現力が必要な場合は、ご希望に合わせてご相談から承ります。

こちら

から、お気軽にご相談ください。


一般社団法人日本朗読検定協会
事務局

〜声優プロダクション、フリー声優のみなさまへ〜
当会は、お仕事のご依頼をいただいた後、案件は中間搾取無しで、そのまま振らせていたきます。
当会は、プロダクション的ビジネスモデルはいたしませんので、みなさまの商売敵ではない、ということです。

お仕事の案件を増やしたい、という方も、ぜひお問い合せください。
この活動を通じて、朗読検定、読み聞かせ検定、青空文庫朗読コンテストを、より多くの方に知っていただきたいとの思いでおこなっております。

【Q&A】朗読講師教習所 よくいただくご質問

朗読講師教習所(R)について、よくいただくご質問について回答させていただきます。

【コースについて】
Q:決まった曜日での受講が難しいのですが、レギュラースケジュールで受講以外の方法はありませんか?

A:受講スタート日によっては、レギュラースケジュールでの受講以外の方法を提案可能です。こちらからお問い合せください。


Q:ベーシック(〜アドバンス供砲療喘罎蚤牴餡椎修任靴腓Δ?

A:月額受講料で受講中の方は退会可能です。ただし、その場合、既にお支払い頂いた受講料の返金はございません。


Q:朗読講師教習所(R)は、途中退会できますか?

A:カリキュラムの6ヶ月目までは、いつでも途中退会いただけます。ただし、一度お支払いいただいた受講料の返金は致しかねますので、特別なご事情がある場合以外は休会をお薦めいたします。休会からの再開はいつでもしていただけます。


【朗読講師教習所(R)で取得出来る認定講師資格について】
Q:プロフェッサー資格、准プロフェッサー資格と二級朗読インストラクター資格の違いがわかりません

A:プロフェッサー資格(准プロフェッサー資格)は、朗読検定(R)を受検したい方、また、当会の認定講師資格を取得したいという方を募集することができる、「代理店講師資格」となります。また、書籍、教材などの出版では、朗読検定(R)、読み聞かせ検定(R)の商標を、使用料なしでお使いいただけます。(※出版物で使用される場合、必ず、当会に内容の許諾はお取りいただく必要はあります) 二級朗読インストラクター資格には、この権利が付与されていません。 


Q:プロフェッサー資格と准プロフェッサー資格の違いがわかりません

A:プロフェッサー資格は朗読検定の全級の受付、講師資格認定講座が開講できますが、准プロフェッサー資格は制限があります。 (准プロフェッサー資格は、朗読検定3級まで。※青空文庫朗読コンテストの受付は可。)


【受講資格について】
Q:プロフェッサー資格、准プロフェッサー資格は、誰でも取得できるのでしょうか?

A:当会の認定講師に求められる「技能レベル」は、朗読検定2級に合格されることが最低限となります。ただし、準2級以下でも、試験結果が著しく良かった方、アナウンサーや司会業、ナレーター、声優業のご経験者(対価、出演料をもらっている期間が通算で5年以上が目安)は、朗読検定の受検をスキップできる、「特別認定試験」を受検していただくことで准プロフェッサー資格認定講座の受講資格を得ていただけます。「特別認定試験」の内容につきましては、info@roudokukentei.jpまで、お気軽にお問い合わせください。


Q:他の団体の講師資格を持っていますが、資格を取ることはできますか?

A:当会が認定講師の方々にお教えする内容は、個人が起業する上で最低限必要な知識や、継続的に収益を上げるために必要なノウハウも含まれています。他のジャンルの講師活動においても、ぜひお役立てください。他のあらゆる「講師資格」をお持ちの方も、当会の認定講師資格を取得いただくことが可能です。


【修了課題について】
Q:修了課題がクリア出来なかった場合はどうなりますか?

A:修了課題は、何度でも再チャレンジしていただけますので、ご安心ください。


Q:修了課題の【
集客実践】ですが、修了課題のクリア後は作成したホームページを非公開にして良いでしょうか?

A:修了課題のクリア後は、作成していただいたホームページは非公開にしていただいても構いません。


Q:修了課題の【
表現力】ですが、修了課題のクリア後は公開した動画を非公開にして良いでしょうか?

A:修了課題のクリア後は、作成していただいた動画は非公開にしていただいても構いません。


【受講料について】
Q:受講料の分割払いは可能でしょうか? 

A:可能です。月額受講料でのお支払いのほか、受講料はクレジットカードでお支払いいただく場合、リボ払いや分割払いにすることが可能です。


【資格取得後について】
Q:認定講師資格を取得すると、仕事を「あっせん」してくれるのでしょうか?

A:プロフェッサー資格を含め、一般社団法人日本朗読検定協会のすべての認定講師資格は、お仕事をご紹介するための資格ということではございません。資格取得後、協会本部とのやり取りの中で、その方の実力に合ったお仕事をお願いすることはございますが、必ずそれをお約束するものではございません。


Q:認定講師資格を取得すると、代理営業をしてくれるのでしょうか?

A:資格取得後、ご希望されるご活動のヒアリング、計画づくりをする中で、代理営業の必要性がある、代理営業が効果的であると見做した場合においては代理営業をいたします。ご希望のご活動の種類、ご経験と、適材適所の考え方で決定されます。そのため、どなたでも代理営業をすることをお約束するものではありません。資格取得をご検討の際、代理営業が重要な要素であるとお考えの場合は、事前にご相談ください。


Q:他の朗読コンテストに応募したり、他団体の主催する朗読会等に出演できなくなりますか?

A:いいえ。他団体様が開催する催し、コンテスト等にも、ご自由に応募、出演していただけます。当会では罰則もございませんが、他団体様の側では、他の団体が開催する催しに参加すると、強制退会等の罰則がある団体様もございますので、他団体様に所属されている場合は、ご確認されることをお薦めいたします。


Q:認定講師資格の取得後、協会から何か定期的に費用の請求はありますか?

A:(資格取得費用を一括払いでお支払いいただいた場合は)資格更新時の更新年会費(13,200円 休会・資格維持の場合は6,600円)以外の請求はございません。但し、プロフェッサー資格者、准プロフェッサー資格者の方の場合は、永年無料会員となります。


Q:在宅ワークとして講師活動をすることはできますか?

A:会議室等を使わず、オンライン講座を開講することで可能です。時間も場所も自由に講師活動をしていただくことが可能です。


Q:朗読講師教習所(R)は、入会金が必要ですか?


A:朗読検定2級に合格されている方は、入会金無料となります。朗読検定2級に合格されていない方の場合は、準2級に合格されている場合は2級の受検料(26,400円)、準2級を未受検の場合は2級と準2級の受検料の合計(44,000円)が入会金となります。入会金=未受検の朗読検定受検料 になりますので、試験料を兼ねております。


Q:朗読講師教習所(R)のコースで授業を受けられない日が出た場合はどうなりますか?

A:その日の授業の記録動画をご覧いただきます。

【重要】青空文庫朗読コンテスト予選にお申し込みされた方へ

青空文庫朗読コンテスト 後期予選に応募されたみなさまへ

ただ今、3月末ということもございまして、大変お問い合せ対応が混み合っております。

エントリーナンバー以上に大事なことをお伝え致します。

まず、一番大事なことは、

課題提出を31日中(23:59まで)にしていただくこと

です。

エントリーナンバーは、発表のための番号ですので、
エントリーの有効、無効は、

・予選応募料を入金されているか否か
・3月31日23:59までに課題が送られているか


で判断されます。
上記を満たしていれば大丈夫です。

例えば、

課題提出時にエントリーナンバーを書き忘れた、伝えなかった、

としても、

上記2点が満たされていればコンテストエントリーは有効です。


エントリーナンバーの連絡は、極力、本日中に連絡させていただきますが、
仮にエントリーナンバーの連絡が明日(4/1)以降となった場合でも、

・予選応募料を入金されているか否か
・3月31日23:59までに課題が送られているか


こちらが満たされていれば、エントリーは有効で、審査も行われますのでご安心ください。

何卒よろしくお願い申し上げます。


一般社団法人日本朗読検定協会
青空文庫朗読コンテスト 事務局

プロフィール

代表理事

1970年大阪市生まれ。TBS系列で、TV・ラジオ番組の制作、ナレーター・声優事務所の営業マネージャーを経て、日本朗読検定協会設立に携わる。朗読検定(R)開発者。(一社)日本朗読検定協会 代表理事。NHK全国大学放送コンクールでは、第30〜35回の6年連続で本選審査員を務める。実父は文楽の三味線奏者、鶴澤清治。(重要無形文化財保持者/日本藝術院会員)親戚に、同じく文楽の義太夫、六代目竹本織太夫がいる。

読者登録
LINE読者登録QRコード
TagCloud
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ