(社)日本朗読検定協会 公式BLOG

(社)日本朗読検定協会の最新情報をお知らせするBlogです。引用文を除く記事本文の著作権は(社)日本朗読検定協会に帰属します。
朗読検定(R) は登録商標(登録第5249540号)です。 読み聞かせ検定(R) は登録商標(登録第5337712号)です。

認定朗読・読み聞かせ講師の登録数、全国2500名以上!
iPhone、iPad、Androidから、朗読検定(R)実技課題をご提出いただけます!

メルマガへのご質問 「最後まで声が通らない」


一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンにいただいたご質問より


ペンネーム:発声練習さん
 

質問:

放送部の生徒とともに勉強中の、ペンネーム「発声練習」です。

生徒の悩みです。


文の最初1文節程度は、張った通る声が出るのですが、2文節あたりから息が抜けてしまい、最後の文節は、はぁ〜 と言う感じで、脱力した印象になってしまいます。


アドバイスをよろしくお願いします。


とのご質問をいただきました。

このご質問に、朗読検定(R)認定プロフェッサーの5名が回答しました。


【回答1】
発声練習さん、こんにちは!
放送部で勉強されているとのことで、ご自分の声を客観的に聴いて分析されていますね。
声に力があるか、息をちゃんと使えているか、しっかり自己分析されているのがまず素晴らしいことだと思います。

さて、最初は張った通る声が出るけれども途中から息が抜け、最後には脱力してしまうというお悩みですが、呼吸のコントロールがうまくいっていないことが原因のように思われます。
発声練習さんは、「発声練習」はもちろんされていると思いますが、「呼吸」の練習はされていますか?
腹式「発声」がよいと言われますが、じつは腹式発声を身につけ身体の筋肉で呼吸をコントロールできるために先に腹式呼吸を身につけることがとても重要です。

練習法としては、まず、身体に左右の傾きや前後のゆがみがない状態(おなかを出さない!お尻を出さない!)でまっすぐ立ちます。
※これ以後は、力を入れていいのは下腹部から下の部分、上半身に力が入って来たらリラックスするよう体操などしながらお続けください。

’戮涼罎梁を全て吐きます
∩瓦涜を吐いたら苦しいから息を吸いたくなりますよね!息を吸う時は下腹部のを意識し、「膨らませた風船をそのまま飲み込んで大腸まで届かせる」ように、広く開けた気道を通ってまっすぐ、なるべく下に息を吸ってください。
Bを吸い切ったら一瞬、それを体の中でキープ
ぢ臘欧砲△詆船は萎ませないよう、下腹部から背中に掛けては広げた状態を保つよう意識しながら、まずは10秒使って、同じ分量・10秒で全ての息を吐ききることを大切に息を吐きます。(「スー」っと音を出し、上の歯と下の歯の間から吐くようにすると、吐く息の量が一定かどうかわかりやすいです)
ヅ任きったら、,北瓩辰瞳り返しです。

慣れてきたら、△慮撞曚魑曚時間をどんどん短くし、い了続して吐く時間は20秒、30秒とのばしていきます。

これにより、一定時間安定して息を吐くことが可能になります。
それから、吐く息に乗せるだけのイメージで声を出します。
安定した呼吸には安定した声が乗りますから、最後まで同じように張りのある声が出るようになると思います。

大きな声を出さないので、どこでも毎日続けられる練習です。
「大腸に飲み込んだ風船」を意識することで、発声に必要な腹筋・背筋がだんだん付きますし、吐く秒数を多くすると、一呼吸で読める文節量が増えます。「短く切って読みたい」「長い文章を一気に読みたい」というように、思い描いた朗読プランを実現出来る身体が手に入ります。
どうか、試してみてくださいね!



回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 石橋玲



【回答2】

ご質問ありがとうございます。

息が続かない、という事でよろしいでしょうか。

作品によっても一文の長さが大分違うので、どのくらいの長さで苦戦されているかにもよりますが、

アプローチとしてはおおまかには2つの方法があると思います。


・息が長く続くように訓練する

・一文の中で「踏み直し」を効果的に使う


まず、呼吸を長くするパターンです。

「2文節あたりから息が抜けてしまい」という事は、

1文節目で大量に息が漏れてしまっている可能性があります。

なので、均等な強さで息を吐き続ける訓練などしてみると良いと思います。

「s」で歯の隙間から息を少しずつ漏らしていくような感じで、

15秒ほど吐き続ける、みたいな事をやってみるといいかと思います。

吐ききったら自然に空気が入ってくるので、また吐く、それを繰り返す感じです。

呼吸は継続訓練で深く、長く出来るので、トライしてみて下さい。

ただし、無理は禁物、苦しくなったら無理せずやめましょう。

少しずつ少しずつ、です。

また、口をホース、空気(言葉)を水だと思って喋ってみると良いと思います。

1文節目で大量に水が出すぎて、残りの水の量が減ってしまってるのが現状のイメージ。

ホースの先を握りつぶして水量をコントロールするように、

出ていく空気の量をコントロールすることで、後ろの方の文節まで空気が保持できます。


続いて、一文の中で踏み直しを効果的に使う、という方法です。

「踏み直し」というのを他で聞いたことがないので私の造語かもしれませんが、

長い文章の時に、適度に音を持ち上げる、あるいは強調する箇所を作って力強さを文末まで保持する事をこう呼んでいます。


例文で説明します。

僕も読んでて「長いな一文が(笑)」と思った、夢野久作『老巡査』の冒頭部分です。


「外套の頭巾を外して、シンカンと静まり返っている別荘地帯の真夜中の気はいに耳を澄ましたが、やがて手袋のまま外套の内ポケットを探って、覚束ない手付きで老眼鏡をかけながら、よく見ると、それは金口の巻煙草の吸いさしを、短かい銅線の切端の折れ曲りに挟んで、根元まで吸い上げた残りであった。」


これは一息ではさすがに難しいので、ブレスのポイントをうまく作る必要があります。

また、日本語は一文の中で音が高い方から低い方へ落ちていく構造なので、この長さをずっと落ちていくと、息は続いても音が出しにくく、力が弱まってきます。


そこで例えば


外套の頭巾を外して、

シンカンと静まり返っている別荘地帯の

真夜中の気はいに耳を澄ましたが、

やがて手袋のまま外套の内ポケットを探って、

覚束ない手付きで老眼鏡をかけながら、よく見ると、

それは

金口の巻煙草の吸いさしを、

短かい銅線の切端の折れ曲りに挟んで、

根元まで吸い上げた

残りであった。


と細かくブロックに分けます。

そして、ブロックの頭で音を高くする、あるいは強めに読む、という事をやります。

(変な所で切ると、文章の意味が崩れてしまうので、読み込みが必要です。)


すると、ブロックの頭ごとにエネルギーが補充されるので、力が弱まりにくくなる、という技です。

このブロック分けでも力が続かない場合は、


外套の

頭巾を

外して


と、本当に文節ごとに力をいれていく(踏み直す)ことをやってみるとよいかと思います。

ただ、余りに細かく踏み直すと、文章全体がごつごつした印象になるので、

だんだんブロックを大きくしていけると良いと思います。


なんにせよ、継続は力、です。



回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 西村俊彦





【回答3】
声の出し方が、胸式になっていませんか?
腹式呼吸を練習してみましょう。
腹式呼吸の基本は、息を出して出して出して……
お腹をへっこませて、出し切りましょう。
一滴残らず出し切ったら、吸おうと思わずリラックスです。
鼻から花の匂いを嗅ぐように、お腹の下腹にスポンジが入っているイメージをし、スポンジを膨らませてください。
そして、息を長く出す練習、短く切って出す練習、など息のコントロールして出す方法をマスターすることです。
腹式呼吸で、しっかりコントロールした声が出せるようになれば、途中で抜ける声にはなりません。
腹式呼吸は最初のうちは難しいかもしれませんが、練習すれば自然にできるようになります。
毎日少しずつ練習してください。


回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 古賀正美



【回答4】
「発声練習」さんご質問ありがとうございます!
放送部の指導を担当されているのですね、‘生徒とともに勉強中’と書かれていたので朗読やナレーションなどは本来のご専門分野ではないのかもしれませんが、もしそうであっても、こうして質問をお送りくださる真摯な先生に指導を受ける生徒さんたちは幸せですね。

さて、文の終わりまで正しい発声で声がキープ出来ず、最後は脱力した印象になってしまうということですが、単純に考えれば息が続かないという事ですから先ずは腹式呼吸での発声、ロングトーン(「あー」と一定の強さで安定した声を長く続けて出す)練習などで基礎を身につけることが必須だとは思いますが、それと並行して次のような練習はいかがでしょうか。

「最初1文節程度は、張った通る声がでるのですが、」と書かれていたので、それを活かした練習です。1つの文を文節(文法的に正確でなくても構いませんので意味の切れ目)で切り、その区切り(文節)の頭の音を常に言い直すように強く言う練習です。

「おかしなはがきが、ある土曜日の夕がた、一郎のうちにきました。」という文を例にします、以下の様に分けて赤字の部分を意識的に強く発音する練習をしてみてください。

かしな がきが る ようびの うがた ちろうの ちに ました

どの文節も最初の1文節と思って発音してみれば出来ると思いますよ、最初のうちはぶつぶつ切れてがくがくし、なめらかに読めないかもしれませんが、それで構いません。先ずは、この読み方を繰り返して声を当てて行く感じをつかんでみてください、そこから少しずつ文節の間をつなげて自然になめらかに読むことを意識していきましょう。
実際にお会いしているわけでは無いので、この方法が生徒さんにぴたりと合うかどうかはわかりませんが、一つの方法として試してみていただければと思います。
分からない事などありましたら、またメール下さい。


回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 赤須薫



【回答5】
最初の1文節で息を使い過ぎていませんでしょうか?
最後の文節まで息を均等に使う意識を持ってみては如何でしょうか。

それから、声を支える腹筋の力がまだ弱いように感じます
体幹トレーニングや腹式の発声練習を朗読前にされると良いと思います。
(ちなみに…上体を起こす腹筋は朗読にはあまり効果がありません。下腹部中心のトレーニングや抗重力筋を鍛えて頂くと効果が早く現れます)


回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 井上まい




一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンでは、

・声や朗読に関連する悩み、わからないこと

を募集しております。

採用された方には、

・「CD付き プロが教える 朗読 心に届く語りのコツ50」(葉月のりこ監修 メイツ出版・刊)
・「奇跡の朗読教室」(斉藤ゆき子著 新泉社刊)
・「1日1分、脳がシャキッと目覚める朝音読」(和貝晴美著 致知出版社刊)


いずれか1冊を、お贈りいたします。

info@roudokukentei.jp

まで、

・ペンネーム
・ご質問内容(出来るだけ詳しく)
・ご連絡先お電話番号(こちらからの連絡メールが届かなかった場合の連絡に必要になります)

をお送りください。

(一社)日本朗読検定協会 公式メールマガジンのご購読はこちら無料です

第11回 青空文庫朗読コンテスト録音予選に関しまして

※第11回の予選応募は受付終了となりました。ご応募くださった皆様、ありがとうございました。
第11回 青空文庫朗読コンテスト 録音予選にご応募のみなさまへ


青空文庫朗読コンテスト 運営事務局からのご案内です。

現在、お問い合わせを多数いただいております、コンテストのお申し込み期限、課題到着の締め切りについて、補足説明をさせていただきます。

【コンテストのお申込みの締め切り】
8月31日(土)23:59までに 選考料をお支払いくださった方
※銀行振込の場合は、8月30日(金)確認分までとなります。

31日(土)にお支払いをされる場合は、下記URLの、クレジットカード、コンビニ決済、ケータイ払い等のみとなります。

8月31日(土)にお支払い手続きの方の選考料のご決済用ページ
https://6109kentei.thebase.in/


【コンテスト課題の到着締め切り】
アプリ、メール、レターパックライト(※レターパックプラス、宅急便等は禁止)のいずれも、8月31日までに必着となります。

CDやカセットテープ等の「物理課題」でお送りになられる場合は、必ず、「ポスト投函型」の発送方法でお送りをお願い申し上げます。

配達証明や、郵便小包、簡易書留郵便、宅急便等の受け取り印を押さなくてはならない物は、電話応対や不在等で受け取りが出来なかった際、不在通知が入ることを考慮し、ご遠いただいております。

もし、宅急便等でお送りになられ、返送されてきたという場合は、大変お手数をおかけいたしますが、郵便局のレターパックライト(青のほう)で、再度、お送りをお願い申し上げます。

8月31日までに必着というルールではございますが、何らかの事情でお送りいただいた物が返送されたり、データの場合でも正常にダウンロードができなかった場合、メールが受信できていなかった場合などの確認、再送のお願いを9/1〜9/3までの3日間させていただく予定です。


一般社団法人日本朗読検定協会
青空文庫朗読コンテスト 運営事務局

メルマガへのご質問 「強調する部分はどのように選べば良いか?」


一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンにいただいたご質問より


ペンネーム:
 

質問:

高校生で、大会等で2分の原稿を読むことが多いのですが、よく、

「表現を全ての部分につけすぎてどこが山場か分からない」

「もう少し抜くところは抜いた方が良い」

と指摘されます。しかし、ただ淡々と読むのも違う気がします。

表現を強調しない部分(地の文に多い)はどのような意識で読むといいのでしょうか。

又、「山場を一個か二個に絞った方が良い」ともよく言われるのですが、山場というか強調する場所はどのように選べば良いのでしょうか。


とのご質問をいただきました。

このご質問に、朗読検定(R)認定プロフェッサーの2名が回答しました。


【回答1】
大会で原稿を読む機会が多いのですね。晴れの舞台、素敵ですね。

さて、ご相談ですが、原稿はご自身の書かれたものでしょうか?
もし、そうでしたらもとの内容、伝えたいことは頭にあると思うので、原稿を読むのではなく、手元にはキーワードぐらいを置いて、まず語ってみてはいかがでしょう。
時間は気にせずに。
語ることで、ご自分が一番伝えたいこと、山場が見つかるのではないかと思います。

ご自分の原稿で、修正が可能でしたら、語ってみて「よく分からない」「伝わらない」「うまく思いを表現できていない」ところを書き直してみることもよいと思います。

もし、原稿はご自分のものではなく、変更修正もできない場合には、まず小声で声に出して読んでみて、文章が伝えようとしていることは何かを丁寧に分析されることをお勧めします。
その中で
「伝えたいこと」
「伝えたいことをよりよく理解してもらうために説明すること」
「聴き手を文章に引き込むための表現」などに分けられると思いますので、それらを踏まえた上で「山場」を意識して読んでみてはいかがでしょう。

ぜひ、皆さんに伝わる朗読を目指してくださいね。

ご質問ありがとうございました。


回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 藤野篤子




【回答2】

Kさま、ご質問ありがとうございます。

「抜くところは抜く」

確かに大切なことだと思います。

また、その抜き方にも、個性が現れてくるのかな、と思いますね。

全てが一生懸命だと、一生懸命さは伝わっても、じゃあどこが一番大事なの?となった時に、聴く側としては判断が難しくなったりするものです。

文章ごとに、「そこで何が大事なのか」ということを考えていくといいかと思います。

誰かと話している時を思い出してみましょう。

そんなに全てに表現を加えているかというと、そうでもない気がします。

かえってその方が伝わりやすかったりも。


淡々と読む、というとどうもマイナスに感じがちなので、抜いて読むのも一つの表現、と考えると良いと思います。

強調したい部分を際立たせるための、抜く部分。

逆に抜いた部分が際立つ、なんていうこともよくあります。


山場の選び方ですが、その文章を話す事の目的は何か、という事を考えると良いと思います。


例えば中島敦の山月記。

冒頭は


隴西の李徴は博学才穎、

天宝の末年、若くして名を虎榜に連ね、ついで江南尉に補せられたが、

性、狷介、自ら恃むところ頗る厚く、賤吏に甘んずるを潔しとしなかった。


と始まりますが、

ここで本当に大切なのは、


李徴はすごく頭よかったけど、ちょっとやな奴だった。


ということかと(僕は)思います。

どこどこの試験に受かってこんな仕事をして、というのも大事ではありますが、

最低限伝えておきたいのは、頭いいけどやな奴、

になるのではないでしょうか?

(この、最低限の絞り方にも人の個性が出てくるものなので、参考程度にしてください)


この、最低限必要な部分を赤、まあまあ必要な部分を青、などと色分けすると、視覚的に表現の助けになるかもしれません。

あとは、自分の好きな所を見つける。

例えば僕は「博学才穎」という言葉の響きが好きなので、読むとしたらここに何かしら遊びを加えたいな、と思ったりします。

この好きな部分を緑、などで考えてみるといいと思います。


この色分けは、

『三色ボールペンで読む日本語』著:齋藤孝

の受け売りなのですが、

朗読する時の考え方として、便利かと思います。


すごく大事は赤、

まあまあ大事は青、

自分の好きな所は緑。


こうすると、大切な「山」が絞れてくるかと思います。

(色だらけにならないように注意は必要ですが…)



回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 西村俊彦

一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンでは、

・声や朗読に関連する悩み、わからないこと

を募集しております。

採用された方には、「CD付き プロが教える 朗読 心に届く語りのコツ50 (コツがわかる本!)」(葉月のりこ監修 メイツ出版・刊)を1冊お贈りいたします。

info@roudokukentei.jp

まで、

・ペンネーム
・ご質問内容(出来るだけ詳しく)
・ご連絡先お電話番号(こちらからの連絡メールが届かなかった場合の連絡に必要になります)

をお送りください。

(一社)日本朗読検定協会 公式メールマガジンのご購読はこちら無料です

メルマガへのご質問 「独特の節が付く」


一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンにいただいたご質問より


ペンネーム:さくら
 

質問:

朗読初心者です。

テープにとって聞くと、何か独特の節が付いているように思います。

一生懸命になればなるほど、また淀みなく読めたと思う時ほど、リズムというか節というか気になります。

気をつけていても、いつの間にかそうなっています。

どうすれば良いでしょうか。


とのご質問をいただきました。

このご質問に、朗読検定(R)認定プロフェッサーの2名が回答しました。


【回答1】
初心者でいらっしゃるとのことですが、ご自身の朗読をテープにとって聞き直していらっしゃるのですね。
とてもよい習慣と思います。
さて、一生懸命読めば読むほど、淀みなく読めたと思う時ほど、独特のリズムが気になるとのこと。
私から申し上げたいと思うことは、
「上手に読もうと思わないでください。」ということです。
ご承知の通り、朗読は聴き手のためのものです。
聴いてくださる方に伝わる朗読は「上手な読み」ではなく、聴き手をその作品のせかいに誘ってくれる読み」であると考えます。
読む前にまず今一度作品を読み直してみてはいかがでしょう。
作品の舞台は「いつ?」「誰の」「どんな」情景を描いているのか、

すでに試みていらっしゃることと思いますが、細部まで読み直すと、また新たな発見がきっとあると思います。
あるいは他の方と一緒に目を通されるのも良いと思います。見過ごしていたことに気づいたりします。
具体的な時代背景、舞台(地名)が出ているのでしたら、時間が許せば訪ねて見られるととても効果があります!
ぜひもう一度、作品の世界にご自分を委ねてから朗読なさってみてください。

きっと違いに気づかれると思います。


回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 藤野篤子




【回答2】

さくらさま、ご質問ありがとうございます。

独特の節、ついちゃいますよね。

一生懸命になればなるほど、そうですよね。

何年やっていても、節が一度染みついてしまうとなかなか脱出が難しいと思います。


まず、自分の節が気になる、という所、大事だと思います。自覚的であること、気付けているということがまず、脱出への一歩だと思います。

自分の節、癖がどのようなものかを知ること、それに注意していくこと、だけでも大きな一歩かと思います。


よくある節としては、文章の構造を無視して、単語を強調してしまう、などのパターンですが、

さくらさんの「節」はどのようなものでしょうか。


日本語の構造として、文章の最初の言葉が音が高くて、続く毎に段々音が低くなっていく、というのがあります。

内容の切り替わりだったり、特に大切な情報の時に音を再び高くしていく構造が基本かと思います。

なので、上がり下がりが頻繁に出てくると、文章自体に多くのうねり・波が出来て、それが節になっていくパターンが多いです。

うねりが多いのであれば、文章の構造を見直して、必要ないうねりを削っていくといいかもしれません。


また、普段自分が会話をする時など、そのような節はあまりないのではないかと思います。

普段の自分の喋りを、ある程度ベースに考えていくと、節が減るかもしれません。


あとは、「変な節がなくて好きだな」と思える人の朗読を聴いて、一度、それに合わせて真似して読んでみる、というのも効果があると思います。

良いものは積極的に盗んでいくと、上達も早いですよ。



回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 西村俊彦

一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンでは、

・声や朗読に関連する悩み、わからないこと

を募集しております。

採用された方には、「CD付き プロが教える 朗読 心に届く語りのコツ50 (コツがわかる本!)」(葉月のりこ監修 メイツ出版・刊)を1冊お贈りいたします。

info@roudokukentei.jp

まで、

・ペンネーム
・ご質問内容(出来るだけ詳しく)
・ご連絡先お電話番号(こちらからの連絡メールが届かなかった場合の連絡に必要になります)

をお送りください。

(一社)日本朗読検定協会 公式メールマガジンのご購読はこちら無料です

アンケートご協力のお願い

一般社団法人日本朗読検定協会 事務局からのお願いです。
受検してくださる皆様の利便性向上のため、

朗読検定2級試験 試験実施日程について

下記リンクにて、アンケートのご協力をお願いしております。

https://questant.jp/q/R7KDNRM7

みなさまのご協力を賜りましたら幸いです。


一般社団法人日本朗読検定協会
事務局

プロフィール

村山博之

昭和45年大阪市生まれ。TBS系列で、TV・ラジオ番組の制作、ナレーター・声優事務所の営業マネージャーを経て、日本朗読検定協会設立に携わる。朗読検定(R)開発者。(一社)日本朗読検定協会 代表理事。NHK全国大学放送コンクールでは、第30〜35回の6年連続で本選審査員を務める。実父は文楽の三味線奏者、鶴澤清治。(重要無形文化財保持者/日本藝術院会員)親戚に、同じく文楽の義太夫、六代目竹本織太夫がいる。

Twitterやってます。
読者登録
LINE読者登録QRコード
TagCloud
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ