久々にBLOG書きます。(実施要綱は記事を別にしました。)
村山です。


今日のメルマガで、

『青空文庫朗読の輪コンテスト』

を、11月12日(土)、岩手県盛岡市で実施するとお知らせしました。


あまりに突然のことで皆さんも驚かれたのでは無いでしょうか。

私も驚きました。(笑)


まず、タイトルに、『青空文庫』と入れるのは今回が初めてになります。

もちろん、無断ではなく、青空文庫の富田倫生様にご相談をし、世話役の皆様にもお許しいただいての事です。

富田様、青空文庫の世話役の皆様、本当にありがとうございます。


今回のコンテストのテーマは、

『東日本大震災被災地の皆さんを朗読で励ます』

ことです。

多くの読む人、聴く人に喜んでもらえるようにしたいと思うのです。


今回、参加をしてくださる方々には、本当にご不便をかけます。

例えば、11月12日(土)、この日に都合がつかない方もおられるかと思います。

そして、交通費がかなり掛かるからと、あきらめモードになっている方もおられるのではないでしょうか。


実は、2年前、朗読の輪コンテストを実施した時から、交通費の負担を何とかしたいと思っていました。

今回は、金額の上限はありますが、本選出場者となった方の交通費の補助をしたいと思います。
本当は、全額負担したいところなのですが、無理でした・・・

個人の部:上限2万円の交通費補助(お一人あたり)
グループの部:上限3万円の交通費補助(1組あたり)

今回、チラシやパンフレットを作らない代わりに、交通費の補助をさせていただこうと思いました。

大変ささやかではありますが、上記の交通費を負担させていただこうと思います。
※交通費の補助は、当日、本選会場にて清算させて頂きます。
※誠に申し訳ございませんが、岩手県下からお越しの皆様には交通費補助は適用されません。
※居住されている地域によって、補助の金額を設定しています。 詳しくはお問い合わせください。

例:東京都に在住されている方の場合、上限金額の支給となります。


もう一つ、

出来るだけ多くの方にお聴きいただけるよう、
応募された作品は、原則、すべての作品を特設BLOGで公開させていただきます。
※非公開をご希望の方は事前にお知らせください。
※著作権が消滅したもの限定。
※著作者様の特別許諾作品については、公開できない場合がございます。

皆さんに書いていただいた、140字以内のメッセージを添えて公開いたします。
もちろん、ペンネームにすることも可能です。

被災地に暮らす方々に、何か伝えたいと思ってご参加くださるわけですから、皆さんの想いを、形として残そうと思いました。


ただし、

今回はご応募いただく際の、メディアを限定させていただきます。

・CD
(オーディオCD形式。 CDプレーヤーで再生できるもの。)
・MP3データ(128kbps モノラル。 メールで送信可)

ある程度の音質の安定化と、BLOG公開のため、このようにさせていただきました。
※極端に雑音が大きい等、場合によっては公開されない場合もございます。