本日は、大阪で、

明日は、東京で、


朗読検定2級 実技試験


が行われます。

2級試験の採点は、

当日の現場・・・1人
後日    ・・・2人以上

の最低3人の検定員が関わって採点をしています。


今回から、後日、採点をする検定員の要望で、

ビデオカメラでの記録

が追加されています。


2級を受検された方はご存知だと思いますが、

現場の模様は、PCMレコーダーで録音されています。

これは、現場での「耳」の代わりでした。


今回から、「目」も加わるということになります。

・読む際の姿勢(首や背筋の角度)
・マイクからの位置関係(角度や距離)

という、これまで見えなかった部分が加わることによって、採点の精度を高めることが目的です。


試験会場で撮影された映像は、朗読検定の採点や試験内容向上、インストラクターの指導力向上のための内部資料として使用させて頂きます。

原則として、不特定多数の方に公開する予定はございません。

もし、特に優秀な方の朗読の映像資料として、公開することが多くの方のためになるという場合は、個別に公開許可をいただく予定です。


皆様のご理解、ご協力をお願い申し上げます。



(社)日本朗読検定協会