3月25日(日)。
雪が吹雪く、岩手県盛岡市 アイーナホールにて行われました、
朗読コンテスト、

文部科学省後援 第3回 青空文庫朗読の輪コンテスト

367名の応募者の中から選ばれた、個人の部14名、グループの部7組の方々で本選を競い合いました。
朗読コンテストに応募したり、出場することで、朗読の上達につながります。

まず、アイーナホールは、とても素晴らしいホールでした!
おそらく、出場された皆さんも同じように感じられたと思います。

今回の採点項目ですが、

1.音声技術 25点(発声・発音・アクセント等の基礎要素)
2.表現力  25点(読む速度の緩急、間のとり方、台詞、擬音、擬声語等の表現)
3.伝達力  25点(原稿なしの状態で聴き手にどれだけ作品内容が伝えられたか)
4.工夫・総合 25点(作品選び、抜粋箇所の適切さ、親切さ等)

このような4項目、100点満点を各審査員が持っておりました。

今回、審査員をお務めくださったのは、

劇団「赤い風」代表 俳優の
大森健一さん

元IBC岩手放送アナウンサー、声のことば舎 主宰の
前田正二さん

のお二人。

そして、審査委員長を務めたのが、
日本朗読検定協会 副理事長、表現よみO(オー)の会 代表、
渡辺知明氏

でした。

舞台俳優、アナウンサー、朗読家と、皆さん高得点を付けるポイントが違う中、
受賞されたのが下記、グループの部で3組、個人の部で5組の方々です。


では、グループの部から発表いたします。

【グループの部】※点数は300点満点中

金賞:
岡部雅子さん 牧佳子さん
「めくらぶどうと虹」宮沢賢治・作 245点
goldprize_group












銀賞:桂 輝美さん 森 祐子さん 宇部良子さん
「注文の多い料理店」宮沢賢治・作 215点

特別賞:大柏一花さん 大柏一生くん
「ひみつの友だち、見つけたよ!」澤口たまみ・作


【個人の部】※点数は300点満点中

金賞:金 奈々実さん
「ゆうすげ村の小さな旅館」茂市久美子・作 264点
20120325_solo












銀賞:藤井直子さん
「闇の絵巻」梶井基次郎・作 245点

銅賞:植野晴香さん
「あのときの王子くん」サン=テグジュペリ・作 大久保ゆう・訳 244点

特別賞:柏陽子さん
「座敷わらし一郎太」柏葉幸子・作

特別賞:村井沙織さん
「野ねずみのちびすけ」小野寺悦子・作


何と、個人の部の金賞を受賞されたのは、11才の金 奈々実さんでした!
朗読の輪コンテスト史上(といっても3回ですが)初の小学生の受賞です!

20120325_goldprize












group_shot












次回、「第4回 青空文庫朗読の輪コンテスト」は、9月17日(敬老の日)に、
東京都杉並区の座・高円寺2で行います!

座・高円寺の場所は・・・こちら