葉月のりこプロフェッサーからのお知らせです。

夏目漱石と宮沢賢治の物語の世界へ・・・
「篠笛の奏で」と「心に残る語り」で豊かな時間をお楽しみいただきます。
かなでるかたる 表
かなでるかたる_裏

夏目漱石没後100年記念 
〜漱石と賢治を読もう!「かなでる×かたる」〜

日 時:7月10日(日)開演13:00〜
 
場 所:紀尾井小ホール
    〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町6番5号

チケット:前売券・大人3,800円/高校生以下1,800円
    当日券:大人4,300円/高校生以下2,000円
    お申し込み 
 
アクセス:地図
 
協 力:ふうち草 

後 援:夏目漱石記念年実行委員会/(一社)日本朗読検定協会


☆プログラム☆

第1部 13:00〜13:50 〜夏目漱石没後100年記念朗読会〜  
 
.ープニング「漱石の妻 思い出〜篠笛と共に」
 佐藤和哉葉月のりこ

⊂学生による「吾輩は猫である」冒頭

「吾輩は猫である」
 主人公の猫が大きな黒猫と遭遇した話
 朗読:宗像利加子 

ぁ嵬棺縮襦疎荵位襦
 子供を背負って歩く不思議な夢の話
 朗読:真塩ゆきこ 

ァ嵬棺縮襦疎荵楊襦
 謎めいた爺さんの奇妙な成り行き
 朗読:
御園真子 

Α岷米小品〜モナリサ」
 骨董品屋で買ってきた絵の話
 朗読:兎ゆう 

А岷米小品〜猫の墓」
  猫の最後を見守る漱石一家の話
 朗読:
たなかやすひこ 

─嵳召繁年筆」
 万年筆を愛用していた漱石の話
 朗読:
黒岩育代 

「入社の辞」「文士の生活」
 朝日新聞の記者だった漱石の懐事情
 朗読:
日下昭子 


第2部 14:00〜14:40 〜篠笛コンサート 佐藤和哉〜 

 
第3部 14:50〜15:50 〜宮沢賢治生誕120年記念朗読劇〜
 「銀河鉄道の夜〜ほんとうのさいわいは いったいなんだろう」(演出・脚本/葉月のりこ)

CAST 
ジョバン二1  :綾瀬マリア
ジョバン二2  :桑名景子
カムパネルラ  :山口真李奈
ナレーション/姉 :武田あさひ
ナレ/鳥捕り/カムパネルラ父:ニシムラタツヤ
ナレ/青年/ザネリ:飯沼朋之
ナレ/弟/車掌  :定行恭子
ナレ/燈台看守 :明瀬亜希子
ナレ/マルソ  :吉野佳苗
ナレ/牛乳屋  :柚木あん
ナレ/先生   :鵜月光子
ジョバンニ母  :葉月のりこ