一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンにいただいたご質問より


ペンネーム:角田幸子さん
 

質問:

私はよく声が硬いと言われます。
あとは滑舌が悪いのかロングトーンで五十音を練習していると
「あー」が「らぁー」と"ら"に、小さな"あ"がついてる様に
聞こえるとも言われます。

何が原因でしょうか?
どうしたら良いでしょう?


とのご質問をいただきました。

このご質問に、朗読検定(R)認定プロフェッサーの3名が回答しました。


【回答1】
 

角田さん、ご質問お寄せ下さり有難うございます!


\爾硬いと言われる

▲蹈鵐哀函璽鵑痢屬◆次廚「らぁー」と聞こえると言われる

この2点の原因と解決策を知りたいという事ですね。


声が「硬く」聞こえる原因として想像できるのは、ひとつは喉が緊張して締まるために詰まったような声になりそれが「硬い」と感じられるのかもしれないということです。この場合は、発声法を修正すれば声の印象も直ぐに変わると思います。

発声の問題でない場合、「硬い」というイメージには声質だけではなく、読み方のクセ等、色々な要素が関係しているかもしれません。ご自分の朗読を録音して、聞き手に「硬い」とイメージさせる要素は何か客観的に丁寧に分析してみることが必要かもしれませんね。また、「この人の読み方は柔らかい」と感じられる朗読と聞き比べて自分との違いを考えてみるのも良いかもしれません。

また、(発声法に問題がないのなら)「硬い」ということは、必ずしもマイナス要素ではないですよ。作品によっては、声や読み方の「硬質な」イメージがピッタリくるものもあるはずです。聞き手が心地よく感じて、作品の内容を邪魔しないのなら、声の特徴が素晴らしい個性に昇華する可能性もあるのですから、どうぞご自分の声を愛して生かしていってくださいね。

 

◆屬◆次廚「らぁー」に聞こえる件、私もわざと「らぁー」と聞こえるように発声してみたのですが、その場合、舌の付け根(舌根)辺りが持ち上がり喉を塞ぎ気味になります、角田さんも舌のポジションに問題があるかもしれませんが(舌のポジションが声の硬さと関係している可能性もありますが)、やはり、実際に角田さんの発声を聞かないと残念ながら正確には分かりません、ごめんなさい。



回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 赤須薫

赤須薫さんも出演する、「あなただけに読む朗読会」東京 2019年4月16日(火)
「あなただけに読む朗読会」ご予約

【回答2】
 

角田幸子さん


声が硬い、とのこと、それはそれで悪いことではないように思いますが、柔らかい声も出せるようになると表現の幅が広がってくるかもしれませんね。

 

声が硬く聞こえる原因の一つは、声が直線的に出すぎているからかもしれません。

声の矢印、みたいなものを想像してみるといいかもしれません。


ではなく、少し上か下に弧を描くような気持ちで声を出してみると、柔らかさが出てくると思います。

あとは、「ふっくら」「ふわふわ」「ぽかぽか」など、柔らかい質感をイメージしやすい言葉を繰り返し発してトレーニング、なんてのも面白いかと思います。

 

そして「あー」が「らぁー」に聞こえる、ということですが、実際にお声を聞いたわけではないので推測しか出来ませんが、可能性としては「舌の位置」が関係しているのではないでしょうか?

「ら」の音は、出す前に舌が歯の裏側辺りにくっついていると出る音なので、発声前に舌の位置を確認すると良いかと思います。

 

または、「発声するぞ!」と意気込んで声を出すあまり、その力みが音の乱れに繋がっている、という可能性もあるかとは思いますが…。



回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 西村俊彦




【回答3】
 

声が硬い、また、ロングトーンで母音の前にR音がついているように聴こえる原因として考えられることのひとつは、口の中や喉の開き方が小さいことです。

鏡に映して見える外見では口が大きく開いていても、舌と上顎の距離が狭かったり、喉が閉じてしまっていると、声が硬く聞こえたり、母音に余計な音が混じってしまったりします。

「あー」が「らぁー」に聞こえるのは、上顎についた舌が開く時にR音が出てしまうためだと思われます。

克服するためには、喉の奥から唇まで、口の中に出来るだけ大きな空間を作ることを意識しながら、「あ」「い」「う」「え」「お」の母音をクリアに出す練習を続けるといいと思います。

毎日、少しずつでも続けると、いつの間にか柔らかく伸びやかな声になりますよ!



回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 石橋玲


角田幸子さん、ご参考になりましたでしょうか?


一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンでは、

・声や朗読に関連する悩み、わからないこと

を募集しております。

採用された方には、「CD付き プロが教える 朗読 心に届く語りのコツ50 (コツがわかる本!)」(葉月のりこ監修 メイツ出版・刊)を1冊お贈りいたします。

info@roudokukentei.jp

まで、

・ペンネーム
・ご質問内容(出来るだけ詳しく)
・ご連絡先お電話番号(こちらからの連絡メールが届かなかった場合の連絡に必要になります)

をお送りください。

(一社)日本朗読検定協会 公式メールマガジンのご購読はこちら無料です