一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンにいただいたご質問より


ペンネーム:HTさん
 

質問:

私は舞台役者として活動しているのですが、

朗読検定準2級を受けた感想として、舞台上での台詞とは違い、

役でしゃべるのではなく話を語るというのが難しかったです。


朗読において何かコツなどがあったら教えて頂きたいです。


とのご質問をいただきました。

このご質問に、朗読検定(R)認定プロフェッサーの3名が回答しました。


【回答1】
HTさん、ご質問ありがとうございます!

演劇の台詞とは違う「朗読のコツ」が知りたいと言うご質問ですね。

実は、私も20代の若い頃、役者として舞台に上がった経験があるので(プロと名乗るにはおこがましい程度の経験ですが)、役者さんであるHTさんの感覚が少しは分かる気がします。


さて、朗読する時、台詞が苦手という方も少なくありませんが、役者さんにとっては台詞の部分はむしろ楽かもしれませんね、普段慣れていることですものね。でも地の文を‘語る様に読む’となると勝手が違ってしまう…何故なのか?芝居の台詞と朗読(特に台詞以外の地の文)の違いは何なのか?

私が思うに、一番の違いは話し手の感情が表出されるか否か(もしくは表出の程度の違い)です。


役者さんは常に役の人物がどんな感情でその台詞を言っているかを考えますよね。

例えば「彼女は雨の中に立っていました」という時、芝居の台詞なら、その台詞を言っている役の人物は彼女とどういう関係なのか、その台詞を喜んで言っているのか悲しんで言っているのか、より深く深く考えていきますよね。場合によっては言葉の意味より、そこに込められた役の感情こそが伝えるべき内容であることも少なくないと思います。

それに対して、同じ事をアナウンサーが純粋にニュースとして伝えるとしたらどうでしょうか、伝えるべきは原稿に書かれている文章の意味であり、そこにアナウンサーの個人的感情を入れるべきではありませんよね、地の文を読む時にはこの感覚に近いものが必要です。

役者さんは感情にのせて言葉を伝える訓練を受けていますから、逆に自分の感情を乗せずに内容を伝えるということを難しく感じるのではないかと推察するのですがいかがでしょうか?感情のままに喋っていた時には自然に取れた間が感情という‘頼り’が無くなった途端に上手く取れなくなってしまう…私もそんな経験をしてきました。


ではどうしたらいいのか?

私は朗読独特の表現方法(プロミネンスや抑揚、間の取り方、etc.)を技術として分析的に捉え直してみることをお勧めします。表現技術、方法は具体的なものであって、残念ながら「コツ」として一言でまとめられるものでは無いですが、敢えて「コツ」という言葉を使うなら、より多くの技術、方法を体得していくことが「コツ」といえるかもしれません。

私も色々な朗読教室で指導を受けたり、独学で本を読んだりして一つ一つの技術を身に着けてきました、そして、それらの技術をどう組み合わせ使っていくかが読み手各々の感性の問題になってくるのだと感じています(知識として知っていることと作品表現の中で効果的に使いこなせる事とは雲泥の差なのが一筋縄では行かない朗読の難しさですが…トホホ)。


役者のHTさんは腹式発声や台詞表現など既に得意な事も多いことと思います、また、全編が独白調の作品なら地の文に感情を入れられてHTさんには読み易いかもしれませんよ、ご自分の個性が生きる作品を選びつつ、それプラス、より多くの技術も自分のものになさって楽しみながら朗読表現の幅を広げていけるといいですね!



回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 赤須薫

赤須薫さんも出演する、「あなただけに読む朗読会」東京 2019年4月16日(火)
「あなただけに読む朗読会」ご予約

【回答2】

HTさん


私も舞台役者から朗読に入った口なので、この質問はよく分かるなぁ、という感じです。

朗読では、舞台以上に、「誰が、誰に向けて喋っているか」という視点が重要になってくるように思います。


よく地の文は「神の視点」「作者の視点」といった言われ方をしますが、要は、「語り手」役であると考えるとよいかもしれません。


物語の登場人物とは異なり、聴く人にアクセス出来る「語り手」役を、地の文では演じれば良い、と考えれば、舞台役者をされているのであればしっくりくるでしょうか?


地の文の文体が、「私は」なのか、「彼は」なのかで、即ち当人なのか第三者の視点なのかでも心持ちは変わってくると思います。


落語なども、人物を演じるパートと噺家が喋るパートが入り乱れる形態なので参考になるかもしれません。


地の文を読んでる私は一体何者なのか。

ここに気付けるかどうかが、地の文上達の秘訣かと思います。

私はよく「この面白い話を皆さんにお届けする自分」という心持ちで地の文を読むことがあります。

この文章のここが面白い、ここが見所、という気持ちを、「私はこう思ってます」と聴く人にプレゼンするような気持ちを持ってみるといいかもしれません。


また、台詞に比べると地の文は平坦で退屈になりがちです。

地の文を読んでいる「私」にとって、「プラスの情報かマイナスの情報か」という「価値の判断」をしっかり考えて表現していくと、面白くなってくるものかと思います。

あとは、情景描写であれば、物の位置関係。

「空の上」と「地の底」では、全く違う音が出てくると思います。

一般的なイメージの話ですが、「空の上」ならば、明るめの音、「地の底」ならば、暗めの音がしっくりこないでしょうか?

上を向いて声を出せば声は明るく、下を向いて声を出せば声は暗くなってきます。


物の位置や、空気の温度、そういったものに敏感に価値判断をしていくと、地の文がもっと楽しくなるかと思います。


ただ、あまりやり過ぎると「コテコテで押し付けがましい」なんて言われたりもしますから難しい所ですが(笑)

ちょうどいい匙加減を、探り続けてみて下さい。


回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 西村俊彦





【回答3】
HTさん

私も舞台役者としての活動を経て朗読の勉強を始めたので、HTさんのお悩みはよくわかります。
同じ悩みを抱える役者さんから相談を受けることも多いですし、朗読を長く勉強されている方から「役者さんはセリフになると生き生きするけれど、“地の文”がしっかりよめていない」という批判を耳にすることもあります。
役者としての活動をしながら朗読もしている私なりに見つけた答えは、「語り手の役作りをする」ということです。
“地の文”を語っている人は誰なのか、どういう状況でどういう視点から作品世界を見ているのか、役としてセリフを喋る時にするような役づくりや考察をしてみると、朗読は劇的に面白くなりますよ!
キャラクターが書き込まれているセリフ以上に自由な役づくりが出来るのが“地の文”です。
役者だからこそ出来る朗読を、楽しんでみてはいかがでしょうか?


回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 石橋玲



HTさん、ご参考になりましたでしょうか?


一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンでは、

・声や朗読に関連する悩み、わからないこと

を募集しております。

採用された方には、「CD付き プロが教える 朗読 心に届く語りのコツ50 (コツがわかる本!)」(葉月のりこ監修 メイツ出版・刊)を1冊お贈りいたします。

info@roudokukentei.jp

まで、

・ペンネーム
・ご質問内容(出来るだけ詳しく)
・ご連絡先お電話番号(こちらからの連絡メールが届かなかった場合の連絡に必要になります)

をお送りください。

(一社)日本朗読検定協会 公式メールマガジンのご購読はこちら無料です