一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンにいただいたご質問より


ペンネーム:ジャスミンさん

質問 「語尾が消えてしまうのを直すには?」

私は高校2年生で朗読をやっており、次のNコンが最後の大会となります。

私の読みの悩みの一つに、文の語尾が消えてしまうことがあります。
特に多いのは "です" が "でふ"、"ます" が "まふ" となってしまうこと
です。
アナウンスの文なら、明るくハキハキといえば大丈夫なのですが、朗読でその雰囲気で読んでしまうと場面に合わないこともあり
ますし、語尾ハネしてしまう怖さもあります。

どう読めばそれが解消されるか具体的に教えてほしいです。

とのご質問をいただきました。

このご質問に、朗読検定(R)認定プロフェッサーの3名が回答しました。


【回答1】
ご質問ありがとうございます。


語尾には意志が宿る、とよく言われたりするので、ばっちりキメていきたい所ですね。

抽象的な言い方をすると、


「語尾に意志が宿るので、語尾に意志を持ちましょう!」


みたいな事が、解決のヒントになる事もあるかと思います。

文末まで息が続かないのであれば、うまいことブレスの位置を見つける。



「でふ」「まふ」となってしまう事が多いのであれば、

「す」の無声化の時の口の形、舌の形、というのを注意して繰り返し練習してみると良いと思います。

ふ、よりも「す」の方が口周り・舌、共に力が必要(かといって力むことはないですが)な気がするので、文末に近づくにつれて滑舌の意識、または持続力が落ちているのかもしれませんね。


表情筋・舌のトレーニングですかね。

ほっぺたを手でぐるぐるしたり、舌を口の中でぐるぐる回したりとかでも十分な効果があるかと思います。


あとは、自分で作る雰囲気に浸りすぎないようにすること、も効果的かもしれません。

大事に大事に作り上げた雰囲気を、文末と共に聴き手に届ける意識、で喋るといいかもしれません。

これも、抽象的なアドバイスですが(笑)




回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 西村俊彦





【回答2】
ジャスミンさん、ご質問有難うございます。
語尾が消える、特に多いのは"です"が"でふ"、"ます"が"まふ"となってしまうということですが、「ふ」に聞こえているのは「SU」の母音「U」が聞こえているのではないでしょうか。

つまり「SU」の子音「S」の音がしっかり出ていないのではないかと思われます。
サ行は息とともに発音される音かと思います。
息と一緒に、子音「S」の音を大切に発音してみて下さい。

又、「です」「ます」は、des(u),mas(u)のuは無声化しますので、無声化できていたら「でふ」「まふ」には聞こえないようになると思います。

Nコン頑張って下さい。


回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 山木梨可



【回答3】
ジャスミンさん、ご質問ありがとうございます。
「す」も「ふ」も摩擦音といわれる発音の仲間ですが、舌の場所が其々違います。
(「ふすま(襖・麩)」と発生すると分かり易いです)

明るくハキハキ話すと同じ様に、朗読される時も舌の力を抜かずに「です」と仰ってみては如何でしょうか。

(即効性はありますが「す」が有声化する危険があるので注意されて下さい)

日頃の練習として、舌のストレッチや口腔内での運動もおススメです。
五十音をゆっくりハッキリ発声して響きを確認する事も大切ですね。

日々の練習は即効性はありませんがNコンが終わっても、今後の滑舌の維持やドライマウス予防にも効果的なので続けてみて下さいね。



回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 井上まい


一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンでは、

・声や朗読に関連する悩み、わからないこと

を募集しております。

採用された方には、

・「CD付き プロが教える 朗読 心に届く語りのコツ50」(葉月のりこ監修 メイツ出版・刊)
・「1日1分、脳がシャキッと目覚める朝音読」(和貝晴美著 致知出版社刊)


いずれか1冊を、お贈りいたします。

info@roudokukentei.jp

まで、

・ペンネーム
・ご質問内容(出来るだけ詳しく)
・ご連絡先お電話番号(こちらからの連絡メールが届かなかった場合の連絡に必要になります)

をお送りください。

(一社)日本朗読検定協会 公式メールマガジンのご購読はこちら無料です
(一社)日本朗読検定協会 公式Youtubeチャンネルのご登録はこちら無料です