一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンにいただいたご質問より


ペンネーム:TKKさん 「ブツ切れに聞こえるのを直すには?」

長い文章を読む時など特に「プツンプツンと切れて聞こえる」と言われます。
切れて聞こえないような間の取り方、言葉の置き方をお教え下さい。
よろしくお願いいたします!


とのご質問をいただきました。

このご質問に、朗読検定(R)認定プロフェッサーの3名が回答しました。


【回答1】
ご質問ありがとうございます。
あー、ありますよね、ブツ切れに聞こえてしまうこと。

一つには、区切りが多すぎるとそう聞こえる事があると思います。
なので、対策としては、必要な所だけ切る、そのためにも息を長く使えるようにする呼吸トレーニング、があると思います。

また、発声のキレが良すぎると、これまたブツ切れに聞こえる事があるかもしれません。
すぱっ!と音が切れる感じです。
使いどころによって非常に効果的ですが、全てがそれだと、どことなく硬く、切れぎれに聞こえるかもしれません。

音の硬い柔らかいは、音に混じっている息の量で変わってくると思います。
もし硬く感じていましたら、少し息の量を増やしてみるといいかもしれません。

あとは、少し、語尾の母音を、引っ張るようにしてみるのも、感覚を、掴みやすいかも、しれません。
この文なら、

あとはぁ、少しぃ、語尾の母音をぉ、引っ張るようにしてみるのもぉ、感覚をぉ、掴みやすいかもぉ、しれません。

という感じです。

やりすぎると、だらだらしてしまうので注意が必要ですが。

そして、最後に抽象的なアドバイスです。
文章の切れ目の、次の言葉に向かって、橋をかけるような気持ちでいるとよいかもしれません。
なだらかなアーチがかかるような。
音が途切れても、息や気持ちが切れなければ、
案外続いてるように聞こえます。
続ける意識、です。


回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 西村俊彦





【回答2】

TKKさん

息継ぎをコントロールされては如何でしょうか。

文章の始まりから「。」までを一息に読む、長い文章なら意味を考えながら纏まりのあるところの「、」までを一息に。

と言った具合です。


「言葉の置き方」という事であれば、最後まで丁寧に言う事を心掛けて下さい。

語尾で力を抜き過ぎると音が消えてしまう方もいらっしゃるので、イメージとしては「重たいコップをゆっくり音を立てずにテーブルに置く」「抜き足差し足で廊下を歩く」イメージで読んでみられては如何でしょうか。



回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 井上まい



【回答3】

TKKさんご質問有難うございます。

長い文章を読む時に「プツンプツンと切れて聞こえる」ということですが、一文が長いものと解釈してお伝えさせて頂きます。

考えられるのは、単語、単語を立たせて読み過ぎている。

又は、意味のまとまりがちゃんと捉えられていないのかもしれません。

文には読点が付いていますが、その読点以外でどこで切ればいいのか、つまり息をすればいいのか、

文の内容を捉え、まとまりを考えなければいけないと思います。


例文を使ってお伝えします。

「大きな木のそばの家。」


〔擇大きいという意味なら、「大きな木のそばの家。」はすべて1つのまとまりとなり、一息で読みます。

家が大きいなら「大きな/木のそばの家。」となり、「大きな」の後で区切らないと意味が通じないと思います。

このように正しい意味になるように、まとまりを見つける、どこで区切るかを考えなければいけません。

大きな/木の/そばの/家 と、それぞれの単語を立たせて読んでしまうと、プツンプツンと切れて聞こえるばかりでなく、意味も伝わりません。

まとまりを捉えて読めば、切れて聞こえることも解消できるのではないかと思われます。



回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 山木梨可



一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンでは、

・声や朗読に関連する悩み、わからないこと

を募集しております。

採用された方には、

・「CD付き プロが教える 朗読 心に届く語りのコツ50」(葉月のりこ監修 メイツ出版・刊)
・「1日1分、脳がシャキッと目覚める朝音読」(和貝晴美著 致知出版社刊)


いずれか1冊を、お贈りいたします。

info@roudokukentei.jp

まで、

・ペンネーム
・ご質問内容(出来るだけ詳しく)
・ご連絡先お電話番号(こちらからの連絡メールが届かなかった場合の連絡に必要になります)

をお送りください。

(一社)日本朗読検定協会 公式メールマガジンのご購読はこちら無料です
(一社)日本朗読検定協会 公式Youtubeチャンネルのご登録はこちら無料です