182e31c9.jpg








茨木市教育研究所様からご依頼をいただき、

会長のサノスミコが朗読セミナーをして参りました。


授業力向上研修 という、学校の先生向けの研修が常日頃から行われているとのことです。

学校の先生も大変ですね・・・。

先生になっても日々勉強すべきことはある、ということですね。


朗読のセミナー、ということで何名位の先生が来られるか、しかも夏休み期間ですから、きっと少ないだろうなぁ、と思っていましたが、



29名!


29名もの先生方のご参加をいただきました。
・・・決して強制では無いのですよ?


いやぁ、意識が高い先生方だと思いました。


「朗読」というと国語の授業だけを思い浮かべがちですが、実は、



他の教科にも非常に役立つのです。



授業をはっきりと生徒に聞かせる

要点を要点として伝える表現力



これらが役に立つのです。

・・・算数の文章題を表現よみしてみても面白いかもしれませんね(笑)

やりすぎると生徒たちが笑って逆効果になっちゃうのでご注意を(笑)


朝10時からお昼の休憩を一時間頂いて3時までの4時間。

和気藹々とした雰囲気で楽しくセミナーが出来ました。


先生方も、

「またやってください! 絶対に来ますので!」

「日々の授業や日常生活に活かせそうです。」

「とても楽しく実のある時間でした。」



等、アンケートでも絶賛を頂きました。


もちろん、改善すべき点もありましたが、先生方に喜んでいただけて良かったと思います。



と、このように日本朗読検定協会では全国各地の教育委員会様、小中学校の先生方を対象とした


「学校の先生のための朗読セミナー」


を実施しています。

子どもたちに、朗読(表現よみ)の楽しさ、日本語のおもしろさに気づいてもらうためです。

そして、先生が「聞かせる」話し方になれば、生徒は話を聞きます。

先生と生徒の信頼関係構築にも一層役立つと思います。