(社)日本朗読検定協会 公式BLOG

(社)日本朗読検定協会の最新情報をお知らせするBlogです。引用文を除く記事本文の著作権は(社)日本朗読検定協会に帰属します。
朗読検定(R) は登録商標(登録第5249540号)です。 読み聞かせ検定(R) は登録商標(登録第5337712号)です。

認定朗読・読み聞かせ講師の登録数、学生から80代まで、全国2600名以上!
iPhone、iPad、Androidから、朗読検定(R)実技課題をご提出いただけます!

朗読検定とは

父の朗読。

※義理の父の、母が亡くなった時の挨拶の手紙より

語り尽くせぬ感謝を「ありがとう」に込めて

若くして父が先立ち、以来母と息子三人肩を寄せあって暮らした日々。
戦中戦後の厳しい時代、父親と母親という二人分の役割をその小さな肩に背負い、苦労も決して少なくはなかったでしょうに・・・。

それでも母は愚痴一つこぼすことなく、来る日も来る日も働いて、私たちを必死に育て上げてくれました。

幼い頃の記憶を辿ってみても母と共に遊んだ記憶はあまりなく、せっせと仕事に励む後ろ姿ばかりが瞼に浮かびます。


一生懸命頑張った分、晩年は兄弟やお仲間との旅行を楽しんだり、大好きな歌を歌ったりと、のんびりした穏やかな毎日を送っていました。

何より楽しみにしていたのは、孫やひ孫達の顔が見られる盆や正月だったでしょうか。

私達が幼いころに、仕事が忙しく、あまり思い出作りができなかった分を取り戻すかのように、孫やひ孫達皆を別け隔てなく可愛がり慈しんでおりました。

年の瀬が迫ると「お年玉をやらなきゃ」とウキウキと準備をしていた時の、嬉しそうな母の表情が今も頭から離れず、涙がこみ上げて参ります。

別れの寂しさはひとしおですが、今はただ、その人生を精一杯輝かせ、静かに眠りについた母が、きっと幸せだったと信じ、感謝の気持ちで見送ります。

母は、平成二十三年九月五日、満九十三歳にて遥かな空へ旅立ちました。


共に歩み、母の人生に彩りを添えて下さった全ての皆様へ深く感謝を申し上げます。


本日のご会葬、誠に有難うございました。





私事ですが、先日、義理の父の母が亡くなり、その際に義父がこの文章を朗読しました。

義祖母の主人は、たった二十三歳という若さで戦死したそうです。

先の太平洋戦争(第二次世界大戦)での、二度にわたる出征だったそうで、

祖母の口癖は、


「戦争は嫌いやで。 勝っても負けても嫌いやで。」


だったそうです。


私は自分の祖母が亡くなった時にも泣いたことが無かったのですが、父の朴訥とした朗読で、涙が流れました。

自分の中から紡ぎだされた、嘘偽りのない思いが込められた文章や言葉には、それだけで人を感動させる力があるのだと、そう思いました。


と同時に、

「何で朗読を検定するんだ!」


と言う人の気持ちも、わかるような気がしました。



しかし、それでも私は、朗読検定があることで人に夢や希望を与えることができると思っています。誰でも仕事として、「朗読家」や「朗読講師」になれるという未来を創造するからです。

また、人が紡いだ言葉や文章を、“より”聴き手に伝えるには、
基礎となる知識や技術が必要です。

そして、その学んだことが身についているか確認をするのが「テスト」。
つまり、検定です。

ピアノだって、級がある。
スイミングだって、級がある。
柔道、空手も級、段がある。

表現者、アスリートとなる入り口に、
級や段を認定するテストがあることは珍しいことではありません。

「級」があるから、得意意識が芽生えるのです。
得意意識が芽生えれば、学習意欲も高まります。

何かを学ぶ、習得する、ということに最も重要なのは、
学習意欲です。

どれも、コンクールや試合があります。
コンクールや試合は、必ずしも、
級や段のレベルが高い人が勝つとは限りません。

勝ち負けも、入れ替わりがあります。
それが戒めとなります。

(自分は、まだまだ学びの途中だ。)
(段を取ったからといって、胡座をかいていてはいけないな。)

と。
 

私は、何かのきっかけで朗読に出逢った人が、

「私も、あんな風に朗読ができたらなぁ・・・」


そんな憧れ、夢を持った時、上達のための選択肢の一つに、朗読検定が出てくるようになれば、亡くなった祖母にも胸が張れると思っています。


最後に。

おばあちゃん、僕の息子たちを愛してくれてありがとう。

過程も重要です。

世の中、何事も、

「結果が全てだ。」

と言われますね。


学校のテスト、

職場で求められる“成果”

・・・ちょっと、結果を求められ過ぎて、疲れてしまっていませんか?


朗読検定も、検定である以上、

合格、不合格があり、

受検するみなさんは、当然のことながら合格を目指すでしょう。


その過程に、

何度も早口言葉を練習したり、

作品や作者について調べたり、

アクセント辞典を活用して、正しい共通語アクセントを知る。


「どうしたら、聴く人が楽しめる読み方が出来るだろうか」



このように学習していただいた過程は、決して無駄にはなりません。


朗読検定の課題提出期限は8/15(日)※消印有効です。

まず、これを読んでください。

連日最高気温を更新、

私は早めに家を出て普通電車で通勤しております。

私はJR京都線で大阪に向かうパターンなのですが、同じことをしておられる方のなんと多いこと!

確かに、

座れる、涼しい、と至れり尽くせりの普通電車。

この時期は大人気になるのも頷けます。


普通電車に乗る楽しみ、というともう一つあります。

読書タイムです。

もちろん、黙読ですが。(笑


みなさんに、ぜひ読んで頂きたい本があります。

超ベテラン声優の、永井一郎さんの「朗読のススメ」です。

ほとんどアニメをご覧にならない方でも、永井一郎さんの声は一度は聴いたことがあるのではないでしょうか。

永井さんが演じた最も有名なキャラクターのひとつとして、「サザエさん」の、磯野波平があります。

永井一郎さんは、1931年、大阪府池田市生れ。 京都大学文学部仏文科卒、会社勤務の後、俳優に転向。 新劇からミュージカルまで幅広く活躍。 「宇宙戦艦ヤマト」(徳川機関長/佐渡酒造)、「機動戦士ガンダム」(ナレーション)、「うる星やつら」(錯乱坊)、「スター・ウォーズ」シリーズ(ヨーダ)、「クレヨンしんちゃん」(マスターヨダ)、「ハリー・ポッター」(ダンブルドア校長)など多数を演じる、日本の声優を代表する一人です。

その永井一郎さんが所属されている、青二プロダクションさんは、声優プロダクションの最大手でありながら、私の印象では、

最も朗読に力を注いでいる声優プロダクション

のひとつではないかと思います。


また偶然といえば偶然ですが、その青二プロさんが「外郎売り」の朗読CDを販売しておられます。

青二プロダクションホームページ

「外郎売り」は、朗読検定の課題にもなっていますね。


さて、その永井一郎さんの「朗読のススメ」ですが、

引用して紹介させていただきたい部分が多すぎて、買って読んでくださいとしか言えません!


どういう方に読んでいただきたいか、

・朗読や声優を目指していて伸び悩んでいる方
・朗読は一部のマニアがするような趣味だと思っている方
・プレッシャーを克服したい方
・「いい声」を出したい方
・自分の朗読の世界を獲得したい方

朗読検定を受検しようと思っている方、すでにお申込みをされた方にも、ぜひ参考に読んでおいて頂きたいです。(注:出題、課題には関係ありません)


とにかく、朗読のすべてが書かれていると言っても良い本です。

定価400円は安すぎます。

朗読のススメ (新潮文庫)朗読のススメ (新潮文庫)
著者:永井 一郎
販売元:新潮社
発売日:2009-05-28
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


採点項目解説 【朗読検定準2級および2級】

暑い暑い言うなと怒られるのを承知で言います・・・

暑い! 特に今日は!

暑いと早く起きて良いのですけどね。

うちは東向きなので特に暑いのです・・・ゆっくり寝て居られません。


さて、お待たせいたしました。

満を持して、

準2級2級

の採点項目解説に入りたいと思います。


この準2級、

2月までとは大違いに、点が取りにくくなっています。

実技試験でも、50点満点の80%、つまり40点の獲得が合格点となります。

−10点されると不合格になりますから、注意が必要です。


課題1は作品朗読です。
「注文の多い料理店」宮沢賢治・作より抜粋されています。
登場人物が多い箇所になるので、難易度は高くなっています。

では、各採点項目です。

【正確さ】は、読み間違いのことです。 読み間違い一箇所につき−1点減点されます。

【滑舌】は、簡単に申しますと、不明瞭になっているとか、明らかに噛んでしまった所、一箇所につき−1点されます。

【読む速度・間】は、筆記試験と連動になります。
表現計画の宣言どおりの表現が出来ているかがポイントになります。

【アクセント】は、もちろん共通語アクセントで読めているか。 読み間違い一箇所につき、−1点です。

【鼻濁音・無声化】ですが、おそらく、一番減点される可能性の高いのはこの項目では無いかと思います。
ここで0点になってしまう方もおられると思います。

しかし、鼻濁音や母音の無声化は、クオリティの高い朗読には不可欠な要素です。 しっかりと身につけておきましょう!

【情景描写・台詞】は、筆記試験と連動です。
表現計画の宣言どおりの表現が出来ているかがポイントになります。


課題2は、プロミネンス課題です。
3級の解説でも書きましたが、正確にはプロミネンスとイントネーション課題です。

しかし、当然、3級より難易度が上がっています。

【無声化・鼻濁音】が追加され、4項目で採点されます。


準2級と2級は、課題自体はまったく同じです。

2級は、対面試験となりますので、録音で実力が発揮できた方は、緊張し過ぎないように!

がんばってください!

採点項目解説 【朗読検定3級】

昨晩も雨が降って蒸し暑い夜でした・・・

そんな寝苦しい夜、

お薦めなのが竹シーツです!

【期間限定送料無料!】体感温度、1秒で-3度!イケヒコオンラインストア オリジナル シングルサイズ 竹シーツ サイズ:90X180cm(#5312430*)

クチコミを見る

竹シーツの上にタオルシーツで寝てみて下さい!

快適に眠れますよ!


さて、3級の解説です。

・・・が、

プロフェッサーのお仕事を取ってしまってもいけませんので、4級と重複する部分等は割愛させていただきます。



課題1 は、滑舌の課題。

4級とは違い、

「外郎売り」の一部分が出題されています。

インターネット上には、いくつも音声ファイルが置かれていますが、お薦めは、

「外郎売り」声優演技研究所さん による)

パソコンでないとお聴き頂けませんが、非常に参考になると思います。


滑舌課題は採点項目に【時間】があります。

ストップウォッチを使って練習してくださいね。


課題2 は、プロミネンス課題です。

正確には、プロミネンスと“抑揚”課題になるでしょうか。


プロミネンスや抑揚は、朗読で一番楽しいところ、では無いでしょうか。

5つの文章を、指示に従って表現してもらいます。


【表現幅】という採点項目ですが、

普通に読むところとの“差”が出せているかを採点します。


今回は文章、というよりも“台詞”が多いですね。

台詞表現が好きで朗読をしている方も多いのでは無いでしょうか。

ぜひ、“腕試し”して下さい。


課題3 は、6月期の全級共通課題、「注文の多い料理店」(宮沢賢治・作)より抜粋しています。

テーマは、

“語り”と“台詞”の読み分けです。

但し、3級の課題では人物は一人しか出てきません。


比較的、朗読初心者の方でも楽しんで取り組んでもらえるのでは無いかと思います。


【情景描写】 という採点項目ですが、課題2で問われたような、プロミネンスやイントネーション等、表現技術の用い方を採点します。

具体的に言うと、


“語り”の読み方のままに読みきってしまうと、点数は取れません。


工夫が必要になりますが、

ここが、単に声に出して読む“音読”、とは違う“朗読”ならではの面白みです。

さて、どう読んだら聴き手は退屈せずに聴くことが出来るでしょうか。


全部解説してしまうと、解答を公開してしまっているような感じになりますので、後は送られてきた課題をご覧になり、

あなた自身で考えて取り組んでみて下さい。
プロフィール

代表理事

1970年大阪市生まれ。TBS系列で、TV・ラジオ番組の制作、ナレーター・声優事務所の営業マネージャーを経て、日本朗読検定協会設立に携わる。朗読検定(R)開発者。(一社)日本朗読検定協会 代表理事。NHK全国大学放送コンクールでは、第30〜35回の6年連続で本選審査員を務める。実父は文楽の三味線奏者、鶴澤清治。(重要無形文化財保持者/日本藝術院会員)親戚に、同じく文楽の義太夫、六代目竹本織太夫がいる。

読者登録
LINE読者登録QRコード
TagCloud
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ