(社)日本朗読検定協会 公式BLOG

(社)日本朗読検定協会の最新情報をお知らせするBlogです。引用文を除く記事本文の著作権は(社)日本朗読検定協会に帰属します。
朗読検定(R) は登録商標(登録第5249540号)です。 読み聞かせ検定(R) は登録商標(登録第5337712号)です。

カテゴリ: 上達のコツ


一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンにいただいたご質問より


ペンネーム:HTさん
 

質問:

私は舞台役者として活動しているのですが、

朗読検定準2級を受けた感想として、舞台上での台詞とは違い、

役でしゃべるのではなく話を語るというのが難しかったです。


朗読において何かコツなどがあったら教えて頂きたいです。


とのご質問をいただきました。

このご質問に、朗読検定(R)認定プロフェッサーの3名が回答しました。


【回答1】
HTさん、ご質問ありがとうございます!

演劇の台詞とは違う「朗読のコツ」が知りたいと言うご質問ですね。

実は、私も20代の若い頃、役者として舞台に上がった経験があるので(プロと名乗るにはおこがましい程度の経験ですが)、役者さんであるHTさんの感覚が少しは分かる気がします。


さて、朗読する時、台詞が苦手という方も少なくありませんが、役者さんにとっては台詞の部分はむしろ楽かもしれませんね、普段慣れていることですものね。でも地の文を‘語る様に読む’となると勝手が違ってしまう…何故なのか?芝居の台詞と朗読(特に台詞以外の地の文)の違いは何なのか?

私が思うに、一番の違いは話し手の感情が表出されるか否か(もしくは表出の程度の違い)です。


役者さんは常に役の人物がどんな感情でその台詞を言っているかを考えますよね。

例えば「彼女は雨の中に立っていました」という時、芝居の台詞なら、その台詞を言っている役の人物は彼女とどういう関係なのか、その台詞を喜んで言っているのか悲しんで言っているのか、より深く深く考えていきますよね。場合によっては言葉の意味より、そこに込められた役の感情こそが伝えるべき内容であることも少なくないと思います。

それに対して、同じ事をアナウンサーが純粋にニュースとして伝えるとしたらどうでしょうか、伝えるべきは原稿に書かれている文章の意味であり、そこにアナウンサーの個人的感情を入れるべきではありませんよね、地の文を読む時にはこの感覚に近いものが必要です。

役者さんは感情にのせて言葉を伝える訓練を受けていますから、逆に自分の感情を乗せずに内容を伝えるということを難しく感じるのではないかと推察するのですがいかがでしょうか?感情のままに喋っていた時には自然に取れた間が感情という‘頼り’が無くなった途端に上手く取れなくなってしまう…私もそんな経験をしてきました。


ではどうしたらいいのか?

私は朗読独特の表現方法(プロミネンスや抑揚、間の取り方、etc.)を技術として分析的に捉え直してみることをお勧めします。表現技術、方法は具体的なものであって、残念ながら「コツ」として一言でまとめられるものでは無いですが、敢えて「コツ」という言葉を使うなら、より多くの技術、方法を体得していくことが「コツ」といえるかもしれません。

私も色々な朗読教室で指導を受けたり、独学で本を読んだりして一つ一つの技術を身に着けてきました、そして、それらの技術をどう組み合わせ使っていくかが読み手各々の感性の問題になってくるのだと感じています(知識として知っていることと作品表現の中で効果的に使いこなせる事とは雲泥の差なのが一筋縄では行かない朗読の難しさですが…トホホ)。


役者のHTさんは腹式発声や台詞表現など既に得意な事も多いことと思います、また、全編が独白調の作品なら地の文に感情を入れられてHTさんには読み易いかもしれませんよ、ご自分の個性が生きる作品を選びつつ、それプラス、より多くの技術も自分のものになさって楽しみながら朗読表現の幅を広げていけるといいですね!



回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 赤須薫

赤須薫さんも出演する、「あなただけに読む朗読会」東京 2019年4月16日(火)
「あなただけに読む朗読会」ご予約

【回答2】

HTさん


私も舞台役者から朗読に入った口なので、この質問はよく分かるなぁ、という感じです。

朗読では、舞台以上に、「誰が、誰に向けて喋っているか」という視点が重要になってくるように思います。


よく地の文は「神の視点」「作者の視点」といった言われ方をしますが、要は、「語り手」役であると考えるとよいかもしれません。


物語の登場人物とは異なり、聴く人にアクセス出来る「語り手」役を、地の文では演じれば良い、と考えれば、舞台役者をされているのであればしっくりくるでしょうか?


地の文の文体が、「私は」なのか、「彼は」なのかで、即ち当人なのか第三者の視点なのかでも心持ちは変わってくると思います。


落語なども、人物を演じるパートと噺家が喋るパートが入り乱れる形態なので参考になるかもしれません。


地の文を読んでる私は一体何者なのか。

ここに気付けるかどうかが、地の文上達の秘訣かと思います。

私はよく「この面白い話を皆さんにお届けする自分」という心持ちで地の文を読むことがあります。

この文章のここが面白い、ここが見所、という気持ちを、「私はこう思ってます」と聴く人にプレゼンするような気持ちを持ってみるといいかもしれません。


また、台詞に比べると地の文は平坦で退屈になりがちです。

地の文を読んでいる「私」にとって、「プラスの情報かマイナスの情報か」という「価値の判断」をしっかり考えて表現していくと、面白くなってくるものかと思います。

あとは、情景描写であれば、物の位置関係。

「空の上」と「地の底」では、全く違う音が出てくると思います。

一般的なイメージの話ですが、「空の上」ならば、明るめの音、「地の底」ならば、暗めの音がしっくりこないでしょうか?

上を向いて声を出せば声は明るく、下を向いて声を出せば声は暗くなってきます。


物の位置や、空気の温度、そういったものに敏感に価値判断をしていくと、地の文がもっと楽しくなるかと思います。


ただ、あまりやり過ぎると「コテコテで押し付けがましい」なんて言われたりもしますから難しい所ですが(笑)

ちょうどいい匙加減を、探り続けてみて下さい。


回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 西村俊彦





【回答3】
HTさん

私も舞台役者としての活動を経て朗読の勉強を始めたので、HTさんのお悩みはよくわかります。
同じ悩みを抱える役者さんから相談を受けることも多いですし、朗読を長く勉強されている方から「役者さんはセリフになると生き生きするけれど、“地の文”がしっかりよめていない」という批判を耳にすることもあります。
役者としての活動をしながら朗読もしている私なりに見つけた答えは、「語り手の役作りをする」ということです。
“地の文”を語っている人は誰なのか、どういう状況でどういう視点から作品世界を見ているのか、役としてセリフを喋る時にするような役づくりや考察をしてみると、朗読は劇的に面白くなりますよ!
キャラクターが書き込まれているセリフ以上に自由な役づくりが出来るのが“地の文”です。
役者だからこそ出来る朗読を、楽しんでみてはいかがでしょうか?


回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 石橋玲



HTさん、ご参考になりましたでしょうか?


一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンでは、

・声や朗読に関連する悩み、わからないこと

を募集しております。

採用された方には、「CD付き プロが教える 朗読 心に届く語りのコツ50 (コツがわかる本!)」(葉月のりこ監修 メイツ出版・刊)を1冊お贈りいたします。

info@roudokukentei.jp

まで、

・ペンネーム
・ご質問内容(出来るだけ詳しく)
・ご連絡先お電話番号(こちらからの連絡メールが届かなかった場合の連絡に必要になります)

をお送りください。

(一社)日本朗読検定協会 公式メールマガジンのご購読はこちら無料です


一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンにいただいたご質問より


ペンネーム:ゆきさん
 

質問:

きれいな、優しい、安心、落ち着きを感じてもらえ、

聞いてる人が妄想してもらえるような声で読みたい。

と思いますが、子供っぽい?

と自分の声読み方に聞こえるのですが、どうしたらよいですか?

よろしくお願いいたします。


とのご質問をいただきました。

このご質問に、朗読検定(R)認定プロフェッサーの3名が回答しました。


【回答1】
 

ゆきさん、ご質問ありがとうございます

ゆきさんには自分にとっての理想の声のイメージがあるのですね、それって本当に素敵なこと!

たとえ、ゆきさん自身が今の自分の声は理想とは違うと感じているのだとしても、理想を描けるというだけで、ゆきさんはみずみずしい感性をお持ちだと思います。それに、ゆきさんは理想の声のイメージの中できちんと聞く人の心に思いをはせている。表現者としては、それが何より大切だと感心しました。

  

その上で、少しアドバイスさせていただくなら、自分の‘憧れ’と自分らしさが生きる‘個性’とは必ずしも一致しない時もあるという事です。ゆきさんが「子供っぽいかも…」と感じる表現の中に、逆にゆきさんの素晴らしい個性の芽がある場合もあります。理想のイメージと違うからというだけで、今持っている個性をダメと決めつけないことも大切だと思いますよ。(腹式発声が出来ていない、滑舌が良くないなどの原因がある場合はきちんと直すべきですが)

理想に近づく為のポイントは、自分以外の人に客観的に聞いてもらう機会を多くもち、聞き手が心地よく、物語の世界を想像出来るのはどういう読みなのかを聞き手の反応から肌で感じ、探っていくことだと私は思います。

 

それから、聞く人が作品の世界を妄想してくれる様な朗読は、声質だけで決まるものではないこともお忘れなく。きれいな、優しい声で読んでもらっても、ちっとも物語の内容が伝わってこない退屈な朗読もありますから。

朗読は選書に始まり、読み手の作品解釈、読みの演出プラン、それらを具体化する技術力と様々な要素が絡み合って出来上がっていきます、声で行き詰った時には声以外の要素を見直すことで前進の糸口が見つかる事もあると私は思いますよ。

朗読ムズカシー!ですよね、私も遠い理想にいつも苦しんでいます、でも、お互いめげずに楽しく頑張りま

しょうね!


回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 赤須薫

赤須薫さんも出演する、「あなただけに読む朗読会」東京 2019年4月16日(火)
「あなただけに読む朗読会」ご予約

【回答2】
 

ゆきさんへ


子供っぽい感じに聞こえるのをどうにかしたい、という事でよろしいでしょうか?

実際にお聞きした訳ではないので、見当違いのアドバイスになってしまうかもしれませんが…


声を出すときに、声が前に強く出すぎている可能性はないでしょうか?

前にびしっと出る方向性の声は、時にきつく聞こえたり、幼く聞こえたりする可能性があるように思います。

少しだけ、上か下に弧を描くようなイメージで声を出してみると、優しさなども備わってくると思います。


また、「それからぁ〜」など、語尾の後の母音が伸びすぎる傾向にある、言葉の切れ目で口が大きく開きっぱなしになっている、などでも、幼さや、甘えん坊な感じのイメージが出てくるかと思います。

切るところはしっかり音を切る、というのも手かと思います。


回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 西村俊彦





【回答3】

ゆきさんへ

自分が理想としている声と、実際に自分が朗読する声にギャップを感じてしまうこと、ありますよね。

私も朗読を始めたばかりの頃は、録音した自分の声を聴いてイメージとのギャップに愕然としていました。

ゆきさんは、ご自分の声を録音して聴いたことはどれくらいありますか?

理想の声や表現に近づく近道のひとつは、何度も自分の声を録音し、聴いてみることです。

自分の理想に近づけるためには、声は今より高く出したらよいのか・低く出したらよいのか、速さはどのくらいがいいのか、強弱はどうつけるのか…色々と試して録音し、聴いてみてください。

段々と、自分が思い描いた声や読みに近づいていくと思いますよ。

頑張ってください!


回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 石橋玲



ゆきさん、ご参考になりましたでしょうか?


一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンでは、

・声や朗読に関連する悩み、わからないこと

を募集しております。

採用された方には、「CD付き プロが教える 朗読 心に届く語りのコツ50 (コツがわかる本!)」(葉月のりこ監修 メイツ出版・刊)を1冊お贈りいたします。

info@roudokukentei.jp

まで、

・ペンネーム
・ご質問内容(出来るだけ詳しく)
・ご連絡先お電話番号(こちらからの連絡メールが届かなかった場合の連絡に必要になります)

をお送りください。

(一社)日本朗読検定協会 公式メールマガジンのご購読はこちら無料です


一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンにいただいたご質問より


ペンネーム:角田幸子さん
 

質問:

私はよく声が硬いと言われます。
あとは滑舌が悪いのかロングトーンで五十音を練習していると
「あー」が「らぁー」と"ら"に、小さな"あ"がついてる様に
聞こえるとも言われます。

何が原因でしょうか?
どうしたら良いでしょう?


とのご質問をいただきました。

このご質問に、朗読検定(R)認定プロフェッサーの3名が回答しました。


【回答1】
 

角田さん、ご質問お寄せ下さり有難うございます!


\爾硬いと言われる

▲蹈鵐哀函璽鵑痢屬◆次廚「らぁー」と聞こえると言われる

この2点の原因と解決策を知りたいという事ですね。


声が「硬く」聞こえる原因として想像できるのは、ひとつは喉が緊張して締まるために詰まったような声になりそれが「硬い」と感じられるのかもしれないということです。この場合は、発声法を修正すれば声の印象も直ぐに変わると思います。

発声の問題でない場合、「硬い」というイメージには声質だけではなく、読み方のクセ等、色々な要素が関係しているかもしれません。ご自分の朗読を録音して、聞き手に「硬い」とイメージさせる要素は何か客観的に丁寧に分析してみることが必要かもしれませんね。また、「この人の読み方は柔らかい」と感じられる朗読と聞き比べて自分との違いを考えてみるのも良いかもしれません。

また、(発声法に問題がないのなら)「硬い」ということは、必ずしもマイナス要素ではないですよ。作品によっては、声や読み方の「硬質な」イメージがピッタリくるものもあるはずです。聞き手が心地よく感じて、作品の内容を邪魔しないのなら、声の特徴が素晴らしい個性に昇華する可能性もあるのですから、どうぞご自分の声を愛して生かしていってくださいね。

 

◆屬◆次廚「らぁー」に聞こえる件、私もわざと「らぁー」と聞こえるように発声してみたのですが、その場合、舌の付け根(舌根)辺りが持ち上がり喉を塞ぎ気味になります、角田さんも舌のポジションに問題があるかもしれませんが(舌のポジションが声の硬さと関係している可能性もありますが)、やはり、実際に角田さんの発声を聞かないと残念ながら正確には分かりません、ごめんなさい。



回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 赤須薫

赤須薫さんも出演する、「あなただけに読む朗読会」東京 2019年4月16日(火)
「あなただけに読む朗読会」ご予約

【回答2】
 

角田幸子さん


声が硬い、とのこと、それはそれで悪いことではないように思いますが、柔らかい声も出せるようになると表現の幅が広がってくるかもしれませんね。

 

声が硬く聞こえる原因の一つは、声が直線的に出すぎているからかもしれません。

声の矢印、みたいなものを想像してみるといいかもしれません。


ではなく、少し上か下に弧を描くような気持ちで声を出してみると、柔らかさが出てくると思います。

あとは、「ふっくら」「ふわふわ」「ぽかぽか」など、柔らかい質感をイメージしやすい言葉を繰り返し発してトレーニング、なんてのも面白いかと思います。

 

そして「あー」が「らぁー」に聞こえる、ということですが、実際にお声を聞いたわけではないので推測しか出来ませんが、可能性としては「舌の位置」が関係しているのではないでしょうか?

「ら」の音は、出す前に舌が歯の裏側辺りにくっついていると出る音なので、発声前に舌の位置を確認すると良いかと思います。

 

または、「発声するぞ!」と意気込んで声を出すあまり、その力みが音の乱れに繋がっている、という可能性もあるかとは思いますが…。



回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 西村俊彦




【回答3】
 

声が硬い、また、ロングトーンで母音の前にR音がついているように聴こえる原因として考えられることのひとつは、口の中や喉の開き方が小さいことです。

鏡に映して見える外見では口が大きく開いていても、舌と上顎の距離が狭かったり、喉が閉じてしまっていると、声が硬く聞こえたり、母音に余計な音が混じってしまったりします。

「あー」が「らぁー」に聞こえるのは、上顎についた舌が開く時にR音が出てしまうためだと思われます。

克服するためには、喉の奥から唇まで、口の中に出来るだけ大きな空間を作ることを意識しながら、「あ」「い」「う」「え」「お」の母音をクリアに出す練習を続けるといいと思います。

毎日、少しずつでも続けると、いつの間にか柔らかく伸びやかな声になりますよ!



回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 石橋玲


角田幸子さん、ご参考になりましたでしょうか?


一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンでは、

・声や朗読に関連する悩み、わからないこと

を募集しております。

採用された方には、「CD付き プロが教える 朗読 心に届く語りのコツ50 (コツがわかる本!)」(葉月のりこ監修 メイツ出版・刊)を1冊お贈りいたします。

info@roudokukentei.jp

まで、

・ペンネーム
・ご質問内容(出来るだけ詳しく)
・ご連絡先お電話番号(こちらからの連絡メールが届かなかった場合の連絡に必要になります)

をお送りください。

(一社)日本朗読検定協会 公式メールマガジンのご購読はこちら無料です


一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンにいただいたご質問より


ペンネーム:発声練習さん
 

質問:

放送部員の悩みです。

朗読をしていると、作品の途中から早口になり、「走って」しまいます。

(読み始めて大体50秒程過ぎ程度から)

特に、苦手な発音が出ると早くなり、コントロールができません。

本人に尋ねると、

「最初は意識していますが、人前で読んでいると、だんだん頭が真っ白になり、

何を読んでいるのか、分からなくなります。」

とのことです。

よろしくお願いします。


とのご質問をいただきました。

このご質問に、朗読検定(R)認定プロフェッサーの赤須薫さんが回答しました。


【回答1】
 

発声練習さんご質問お寄せ下さり有難うございます。

発声練習さんは放送部の顧問の先生でしょうか、それとも部長さんでしょうか?

部員の皆様のご指導お疲れ様です!


朗読が途中から走って速くなってしまう、苦手な発音ではその傾向が顕著ということですね。


私は質問のメールを拝見しながら解決策のヒントは既にこのご相談の文の中にある様に感じました、つまり、苦手な発音があるのなら、まずはその苦手な発音だけを抜き出して自信がつくまで練習するのが良いのではないかということです。

茶の湯の割り稽古というのは、お点前を通してするのではなく、一部分の作法を取り出して行う部分稽古ですが、早口になってしまう部員さんも苦手な箇所を見極めて「割り稽古」をすることが必要なのではないでしょうか。

「人前でよんでいると頭が真っ白になる」というのは自分の読みに自信が無いからあがってしまうのであり、まだ人前で通しで読めるレベルになっていないのに無理しているからではないでしょうか? 苦手箇所を部分練習して自信をつければ、あがりにくくなり焦らなくなる、焦らなくなればコントロールが効き走らなくなるのではないでしょうか。


もう一つご提案できるとすれば、走り始める50秒過ぎ辺りの文章から読み始める練習をすることです。50秒過ぎから走るのならば、逆に言えば50秒までは走らないで読めているという事です!これも「割り稽古」の一つかと思いますが、読み始める箇所を少しずつずらしてその個所をゆっくり読む感じを感覚として体に覚えさせるというのはいかがでしょうか?


いずれにせよ問題は早口ではなく、人前で上がってしまう事の様に思えますので、部分稽古で苦手意識を無くし、恥ずかしくても人前で読む経験を積み(失敗しても頑張りを誉めてあげる事が大事!)慣れていけば自信もつき早口のコントロールも出来る様になるのではと思うのですがいかがでしょうか?


ご提案したことがもう既に取り入れられている練習ばかりでしたらすみません。その場合はまたご質問のメールを下さると嬉しいです。他の方法もご一緒に考えましょう。

いずれにせよ、こうやって質問をメールして親身になってくれる発声練習さんの様な指導者がいてくれる放送部員さん達は幸せだと思います!私も微力ながらお役に立てれば嬉しいです。



回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 赤須薫



発声練習さん、ご参考になりましたでしょうか?


関連することかもしれませんので、こちらもご参考にご覧いただけますと幸いです。




一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンでは、

・声や朗読に関連する悩み、わからないこと

を募集しております。

採用された方には、「CD付き プロが教える 朗読 心に届く語りのコツ50 (コツがわかる本!)」(葉月のりこ監修 メイツ出版・刊)を1冊お贈りいたします。

info@roudokukentei.jp

まで、

・ペンネーム
・ご質問内容(出来るだけ詳しく)
・ご連絡先お電話番号(こちらからの連絡メールが届かなかった場合の連絡に必要になります)

をお送りください。

(一社)日本朗読検定協会 公式メールマガジンのご購読はこちら無料です


一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンにいただいたご質問より


ペンネーム:悩める子羊さん
 

質問:
朗読会で読む本は、どんな基準で選べばいいのでしょうか?

自分が読みたい本がみつかりません。

聞き手に関心をもってもらえるような本を選べばいいのでしょうか?

朗読しやすい本ってあるのでしょうか?

関西弁ばかりの朗読もありなんでしょうか?


とのご質問をいただきました。

このご質問に、朗読検定(R)認定プロフェッサーの赤須薫さんが回答しました。


【回答1】
 

悩める子羊さん、ご質問有難うございます。(朗読に対して真剣に考えていらっしゃるのが伝わってくるペンネームですね。)

朗読会で読む作品で悩まれているのですね、「どんな基準で選べばいいのでしょうか」というご質問ですので、あなたが初心者であると想定して基本的なことからお話ししますが既にご承知のことだったらごめんなさいね。


まず、参加する朗読会がお客様にチケットを売ったりする有料の会の場合は朗読する作品の著作権がどうなっているか調べる必要があります、著作権の保護期間にある作品は著作者の許可を得なければならず、場合によっては使用料や使用条件(作品をカット出来ない等)が発生する場合もあります。(無料の発表会などなら基本問題ありません。)著作権の切れている作品を選べばこういった手間が省けます。


朗読会の持ち時間が決められている場合は時間制限もしっかり意識しましょう。


「聞き手に関心を持ってもらえる」作品を読めればこれに越したことはないですが、お客様が不特定の集まりの場合は関心も十人十色ですから全員にピッタリくる作品を見つけるのは難しいですよね。プロやかなりのベテランでない限りお客様が何を聞きたいかを考えるより、「自分は何を伝えたいか」を考えることから始めましょう!(ただし、朗読会が病院で入院患者さん向けに開かれるとか、介護施設で高齢者向けに開かれる場合などは死に関する内容や希望が持てない暗い終わり方の作品は遠慮する等、聞き手に対して配慮が必須な会もあります。)


「朗読しやすい本」はあると思います、「声に出した時読みやすい文章」逆に「黙読するには素晴らしいけれども、声に出して読むには難しい文章」もあります。これは自分で実際に声に出して読んでみて、自分の技術の程度や個性との相性を確かめるしかありません。


「関西弁ばかりの朗読」は悩める子羊さんが‘関西弁ネイティブ’なら大いに結構だと思います!私も是非聞いてみたい!(東京出身で方言を持たない私には‘方言ネイティブ’の方言朗読は憧れです。)ただし、あなたが‘関西弁ネイティブ’でないなら全編関西弁の作品を聞き手に心地よく読むのはハードルが高いと感じます。


さて最後に、私には悩める子羊さんの質問は今までこのメルマガに寄せられた朗読に関する質問の中で回答するのが一番難しいと感じられました。それは何故かと言うと、「自分の読みたい本がみつかりません」というのは「自分が伝えたいことがみつかりません」と置き換えられる様に感じたからです。

朗読は単に「声に出して読む」ことではなくて、「自分の声を通して自分の作品解釈を読み伝える」ことですから、その根っこには読み手自身が作品に感動し、‘この感動を自分の声を通して誰かに伝えたい!’という衝動を感じていなければなりません。(少なくとも私はそう考えています。)その感動や衝動は誰かが教えたり強制したり出来るものではありません。

朗読は(多くの芸術がそうであるように)感性と技術の融合です、‘感動する心’や‘それを‘誰かに伝えたいと言う思い’は感性にかかわることで、感性は他人が教えられるものではありませんよね。発声方法や、滑舌矯正、間の取り方や緩急の付け方などは技術的なもので、方法論が在り、教えられるものです。


つまり、迷える子羊さんの「自分の読みたい本がみつかりません」という悩みはその感性に関わる深い悩みだと感じたので回答が難しいなと感じたのです。


でも、くれぐれも誤解しないでくださいね、自分が伝えたいことも見つけられないなんてダメだと言っているのではありません。むしろ、逆で「自分が伝えたいことは何のだろう」と探し悩んでいる子羊さんの姿勢は大変誠実で、私はその悩みにこそ豊かな感性を感じます。


日頃から気軽に色々な朗読会を聞きに行くのはお勧めです、多くの朗読を聞くうちに「私もこれを読んでみたい」「私ならこんな風に読むのになぁ」と言う作品に出会えると思います。また子どもの頃好きだった童話等を思い出してみるのはいかがでしょうか、自分が好きな物語のルーツ、傾向が分かったりしますし、子供向けの童話でも大人向けの朗読会で使える作品は多いと思いますよ。


長文お付き合い下さりありがとうございました。

朗読会上手くいきますように!



回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 赤須薫



悩める子羊さん、ご参考になりましたでしょうか?

一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンでは、

・声や朗読に関連する悩み、わからないこと

を募集しております。

採用された方には、「CD付き プロが教える 朗読 心に届く語りのコツ50 (コツがわかる本!)」(葉月のりこ監修 メイツ出版・刊)を1冊お贈りいたします。

info@roudokukentei.jp

まで、

・ペンネーム
・ご質問内容(出来るだけ詳しく)
・ご連絡先お電話番号(こちらからの連絡メールが届かなかった場合の連絡に必要になります)

をお送りください。

(一社)日本朗読検定協会 公式メールマガジンのご購読はこちら無料です

このページのトップヘ