(社)日本朗読検定協会 公式BLOG

(社)日本朗読検定協会の最新情報をお知らせするBlogです。引用文を除く記事本文の著作権は(社)日本朗読検定協会に帰属します。
朗読検定(R) は登録商標(登録第5249540号)です。 読み聞かせ検定(R) は登録商標(登録第5337712号)です。

認定朗読・読み聞かせ講師の登録数、全国2500名以上!
iPhone、iPad、Androidから、朗読検定(R)実技課題をご提出いただけます!

アクセント

メルマガへのご質問 「アクセントが不自然になる」


一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンにいただいたご質問より


ペンネーム:黒にゃんこさん

質問 「アクセントが不自然になる」

私は地方に住んでいます。
朗読をすると、必ず講師から指摘されるのは、アクセントです。
指摘されて、直そうとすればするほど、わからなくなり、とても変な読み方になってしまいます。
単語をアクセント辞典で確認し、それを繋げても自然な感じにはなりません。
単語ひとつなら、頭高、熟語になると変わる、というような日本語が時々あるので、ますますわからなくなります。
どのように解決すればいいでしょうか?

とのご質問をいただきました。

このご質問に、朗読検定(R)認定プロフェッサーの2名が回答しました。


【回答1】

こんにちは。西村俊彦です。

アクセント、難しいですよね。

私は東京育ちなので、その気持ちに芯から「わかるー!」と共感しにくいのですが、

以前大阪弁で舞台をやった時にはまさに、がんじがらめ。音の操作をしているような気にもなったものです(笑)

アクセントはもう、場数、練習量、かと思います。

耳で覚えて、口に出してみる。

その繰り返しだと思います。

どなたか、お手本にしたい方の朗読などを聴きまくって、アクセントを耳に染み込ませていく、というのも手ですね。

ただ、アクセントに縛られすぎると、本来の表現の楽しみ、みたいな事から離れていってしまう場合もあると思うので、

気にはするけど神経質にならずに、でもいいような気がしちゃいます。

コンテストとかだと、そうもいかないかと思いますが、まず大事なのは楽しむこと、聴き手とその楽しみを共有すること、だと思います。



回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 西村俊彦





【回答2】
初めまして。山木梨可と申します。ご質問有難うございます。
黒にゃんこさん ご質問有難うございます。
アクセント辞典で調べるというのは大切な事ですし、それが数個ならなんとか直すことも出来ますが、全ての言葉のアクセントを調べるというのは大変な作業です。
直さないといけないアクセントが沢山あると、アクセントばかりが気になって、自然な読みが出来なくなってしまいますよね。
そこで、練習法の一つとしてお伝えします。
地方から越して来られ、アクセントに苦労されていた方にお勧めしました。
黒にゃんこさんに合うかわかりませんが、よければ試してみてください。
その台本や原稿を先生など共通語アクセントのしっかりしている方に読んでもらい、録音させてもらいます。
それを繰り返し何度も何度も聴いて下さい。
これは、音の高低や流れを感覚的に吸収してもらうためにです。
歌のメロディも何度も聴いているうちに楽譜がなくても歌えるようになりますよね。それと同じ感覚です。
すぐに結果は出ないかもしれませんが、その方は、繰り返しやっていくうち、自然に共通語のアクセントの音の感覚が身につかれるようになりました。
またアクセントだけでなく、場面変化の接続語の音の出し方や間の開け方なども身に付いておられました。
他の方法としては、普段聴いているテレビやラジオから流れて来る1フレーズを聴いたとおりに口にしてみるのも良いかと思います。
一文なら覚えられますから、聴いてすぐそのまま同じように真似てみる、言ってみる。
こうすることでも共通語のアクセントやイントネーションが感覚的に身に付いてくるかと思います。


回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 山木梨可



一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンでは、

・声や朗読に関連する悩み、わからないこと

を募集しております。

採用された方には、

・「CD付き プロが教える 朗読 心に届く語りのコツ50」(葉月のりこ監修 メイツ出版・刊)
・「1日1分、脳がシャキッと目覚める朝音読」(和貝晴美著 致知出版社刊)


いずれか1冊を、お贈りいたします。

info@roudokukentei.jp

まで、

・ペンネーム
・ご質問内容(出来るだけ詳しく)
・ご連絡先お電話番号(こちらからの連絡メールが届かなかった場合の連絡に必要になります)

をお送りください。

(一社)日本朗読検定協会 公式メールマガジンのご購読はこちら無料です

学ぶことは引き算ではありません。5

明日は、東京でプロフェッサー特別認定講座が行われ、

3名のプロフェッサーが誕生します。
(※東京、岩手、兵庫県の方です)

私は明日は朝6時に京都から新幹線で東京に向かいます。

寒くなってきたこの頃、

早朝(たぶん、朝5時頃)に、駅まで10分ですが、

自転車で行くのは結構きついものがあります・・・

若い頃は寒さには強かったのですけどね・・・

今は大の苦手になってしまいました。


さて、

誰にでも、

“得手不得手”

はありますよね。

得意なことと、苦手なこと。


得意な人は置いておいて、

苦手な人の中にも2つのパターンがあります。


苦手だけど、やってみる人

苦手だから、やらない人


言うまでもありませんが、天と地ほどの差があります。

苦手だけどやってみる人、やろうとする人は、確実に、

自分にたし算をできる人

です。


苦手なことだから、成長が遅くて、

「もしかして、まったく成長していないのでは?」

と不安になるかもしれませんが、

たとえ0.0001ずつでも、確実に自分にプラスになっています。


よく、

「ひらめいた!」

等と言いますが、

あれは、同じ課題をずーっと脳に与え続けることで、脳が答えを出す、

ご褒美の現象らしいのです。


しかし逆に、

苦手だからやらない人

には、絶対に、この“ご褒美”はありません。


人は年を取ります。

それは防ぎようがありません。

年とともに能力は低下していきます。

でも、それは学習をやめた人の場合です。


苦手だからやらない

それは現状維持ですら無いのです。



いくらやっても身につかない

のではなく、

成果が見えるまでに諦めてしまっているだけなのです。


努力の成果は金利みたいなものです。

低金利の時もあれば、高金利の時もあります。


アクセントも、滑舌も、鼻濁音も、母音の無声化も、

練習をしていれば、必ず成果が出る時が来ます。


苦手だからやらない、

は引き算です。


朗読検定が、学習を続けるきっかけになればうれしいです。

プロフィール

村山博之

昭和45年大阪市生まれ。TBS系列で、TV・ラジオ番組の制作、ナレーター・声優事務所の営業マネージャーを経て、日本朗読検定協会設立に携わる。朗読検定(R)開発者。(一社)日本朗読検定協会 代表理事。NHK全国大学放送コンクールでは、第30〜35回の6年連続で本選審査員を務める。実父は文楽の三味線奏者、鶴澤清治。(重要無形文化財保持者/日本藝術院会員)親戚に、同じく文楽の義太夫、六代目竹本織太夫がいる。

Twitterやってます。
読者登録
LINE読者登録QRコード
TagCloud
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ