(社)日本朗読検定協会 公式BLOG

(社)日本朗読検定協会の最新情報をお知らせするBlogです。引用文を除く記事本文の著作権は(社)日本朗読検定協会に帰属します。
朗読検定(R) は登録商標(登録第5249540号)です。 読み聞かせ検定(R) は登録商標(登録第5337712号)です。

認定朗読・読み聞かせ講師の登録数、学生から80代まで、全国2600名以上!
iPhone、iPad、Androidから、朗読検定(R)実技課題をご提出いただけます!

ナレーション

【ご依頼募集】YouTube広告などのナレーション、ゲームのアフレコ、アテレコ引き受けます。

・YouTube広告
・インスタ広告
・オーディオブック


などのナレーションのお仕事、引き受けます。

(がんばって自分で読んでみたけど、どうも聞きづらい・・・)
(音声合成ソフトは味気ないし・・・・)
(よく見る、あの出版社のYouTube広告って誰が読んでるんだろう?)


とお悩みの方の、お役に立ちたいと考えております。

また、

・スマホゲーム
・コンシューマー機用ゲーム
・PCゲーム


の吹き替え、アフレコ、アテレコのご依頼もご相談ください。

当会には、プロ声優、プロナレーターだけでなく、プロを目指している、実績を作りたい方が多数おられますので、場合によっては、無償でお引き受け出来る場合もございます。

長編、ハイクオリティなもの、高度な表現力が必要な場合は、ご希望に合わせてご相談から承ります。

こちら

から、お気軽にご相談ください。


一般社団法人日本朗読検定協会
事務局

〜声優プロダクション、フリー声優のみなさまへ〜
当会は、お仕事のご依頼をいただいた後、案件は中間搾取無しで、そのまま振らせていたきます。
当会は、プロダクション的ビジネスモデルはいたしませんので、みなさまの商売敵ではない、ということです。

お仕事の案件を増やしたい、という方も、ぜひお問い合せください。
この活動を通じて、朗読検定、読み聞かせ検定、青空文庫朗読コンテストを、より多くの方に知っていただきたいとの思いでおこなっております。

実は、声優さんのお申し込みが多いのです!

昨日・・・

超ーーーーーー有名な声優さんがメールでお問合せしてくださいました!

・・・お名前は伏せておきますが。。。


うれしくてmixiのボイスで叫びまくりました。
(友人限定ですが。)

また、とても綺麗な方なんです!

・・・これだけ言っても誰だかは言いませんが。(笑

でも、皆さんも一度は聴いたことがあるだろうと思います。


声優さん、と言えば、実は、というか前にも書いたかな・・・

松岡由貴さんのマネージャーをしていた事があるのです。

誰がって? ・・・私がです。


彼女が、「米びつ先生(アラミック)」という商品のTVCMや、朝日放送「デジタルネバーランド」ネバーちゃんという知る人ぞ知るお仕事をしていた頃です。

確か、毎日放送ラジオで、漫才コンビのジャリズム(世界のナベアツさんの)さんと公開録音番組をやっていた頃ですね。

wikipediaに書かれていない仕事ばかりです・・・


ちなみに、私と松岡由貴さんは同い年で、

松岡さん自体の見た目も丸顔の童顔でかわいらしかったのですが、

「松岡さん」

と呼んでました。

その時すでに、松岡由貴さんは芸歴が20年くらい有ったので。(笑


彼女は、今でこそ、実力派の声優さんで、かなりのお仕事数をこなしていますが、最初から売れっ子だったわけでは無いです。

もちろん、実力も有りましたが、彼女の偉い所は、


仕事を選ばない所


でした。

当時の所属事務所でも、松岡さんはトップクラスの実力とキャリアだったにも関わらず、イベントから何から、


「何でも仕事があったらちょうだい!」


でした。

そして、私が営業するのではなく、逆に私が松岡さんに付いて行って仕事をもらってくる、そんな感じでした。

オーディションでも、そういうハングリー精神が買われるのか、通る事が多かったですね。

また、同業者の声優さんやスタジオの方々にも可愛がられていました。


これは先日書いた、「幸運を招く朗読」の話に通じる部分があると思います。

実力の後押しを周りがしてくれる、という。


・・・そんな思い出話はさておき、

実は、

朗読検定は声優さんや、声優さん志望の方が物凄く多く受検してくださっているのです。

インターネットからお申し込みの方で、申告してくださっている方だけ数えても、全体の3割弱が声優さんです。


声優さんというと、セリフやキャラクターボイスのイメージがありますが、実は朗読の技術は非常に大切なんです。

というか・・・

セリフとキャラクターボイスだけしか出来ないと、おそらく食べていけないのでは無いでしょうか。

それを証拠に、声優検定さんでも朗読の試験が出題されていますね。

まず、(セリフ以外の)ナレーション部分の読みがしっかり出来ないと、

主役級の役はもらえません。

これは断言しても良いです。


それをどなたかから教わったのか、ご自身で気づかれたのか、とにかく、声優さんや声優さん志望の方のご応募が多いのです。

このBLOGをお読みいただいているあなた!

声優志望なら、朗読検定も受けてみては?!
プロフィール

代表理事

1970年大阪市生まれ。TBS系列で、TV・ラジオ番組の制作、ナレーター・声優事務所の営業マネージャーを経て、日本朗読検定協会設立に携わる。朗読検定(R)開発者。(一社)日本朗読検定協会 代表理事。NHK全国大学放送コンクールでは、第30〜35回の6年連続で本選審査員を務める。実父は文楽の三味線奏者、鶴澤清治。(重要無形文化財保持者/日本藝術院会員)親戚に、同じく文楽の義太夫、六代目竹本織太夫がいる。

読者登録
LINE読者登録QRコード
TagCloud
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ