(社)日本朗読検定協会 公式BLOG

(社)日本朗読検定協会の最新情報をお知らせするBlogです。引用文を除く記事本文の著作権は(社)日本朗読検定協会に帰属します。
朗読検定(R) は登録商標(登録第5249540号)です。 読み聞かせ検定(R) は登録商標(登録第5337712号)です。

認定朗読・読み聞かせ講師の登録数、学生から80代まで、全国2600名以上!
iPhone、iPad、Androidから、朗読検定(R)実技課題をご提出いただけます!

声の表現アカデミー

感染リスクゼロ! 声の表現アカデミー 受付状況

【重要】
5/25(月)15:00〜のお申し込みの方は、システム入れ替えのため
6/1からの受講開始となります。

コロナウィルス感染拡大防止のため、7都府県に緊急事態宣言が発出されました。
その後、小中高校、大学、短期大学、専門学校等が相次いで休校。
企業、店舗には休業要請が出ている業種も多くなりました。

ご自宅で過ごされる方が大幅に増えたため、
自宅でスキルアップのために学ぶ、
巣ごもり学習
をされる方が急増しました。


スマホだけで受講いただける通信講座、
声の表現アカデミー


の受講お申し込みが大変増えてきておりますので、
各講座の混雑状況をご案内致します。

 の個数が多いほど、講座が混み合っております。(5段階)

各講座の詳細は、リンク先のページをご覧ください。

朗読検定4級取得講座  ※6月1日以降のお申し込みを強く推奨
朗読検定3級取得講座  ※6月1日以降のお申し込みを強く推奨
朗読検定準2級取得講座  ※6月1日以降のお申し込みを強く推奨
朗読検定2級取得講座  ※満員御礼
二級朗読インストラクター資格認定講座  ※6月1日以降のお申し込みを強く推奨

※朗読検定3級と4級のページは同じです。スクロールしてご覧ください。
※朗読検定2級と準2級、二級朗読インストラクター認定講座のページは同じです。スクロールしてご覧ください。

ご参考になりましたら幸いです。


一般社団法人日本朗読検定協会
声の表現アカデミー事務局

【外出自粛を活かす】スマホだけで学べる、資格が取れる

新型コロナウィルス感染拡大の予防のため、
交代で在宅勤務になった方や、
無期限在宅勤務になった方も、
外出の自粛をしている方も多いかと思います。

家から出ないことで、
退屈されている方も多いかと思います。

スキマ時間に、
朗読の知識を学びながら
朗読検定を受検しませんか?

もともと家にいながら取れるのが、
朗読検定です。
(準2級まで)

iPhoneシリーズ(6以上を推奨)か、
Androidスマホをお持ちであれば、
実技課題の提出もアプリから
カンタンにできます。


今は、全体のおよそ9割以上の方が
スマホアプリから課題提出をされます。


しかし、学ぶのは、
スマホだけでは出来ませんでした。

朗読検定の認定教室や、
カルチャーセンター等でおこなわれている
「朗読検定講座」でないと、
学ぶことが出来ませんでした。


実は・・・

今年の2月から出来ていました。

スマホだけで学べ、
筆記、実技課題の提出まで、
家から一歩も出ずに、
朗読検定を受検する方法です。

※筆記試験解答用紙の提出はプリンターが必要です。コンビニでも印刷できます。

声の表現アカデミー の朗読検定取得講座です。

全級、実技課題の取り組み方に触れ、
知識面でも動画レッスンで学んでいただける

ようになっています。

4級・3級はこちら

準2級・2級はこちら


共通語アクセント、
鼻濁音や無声化について、
苦手だったり、
しっかり学びたい方は、
準2級講座の受講を、
強く、強く、お奨めします。


少し受講料が高い講座にはなっていますが、
非常にわかりやすく動画で解説されています。

受講期間は125日間(約4ヶ月!)もあるので、

4ヶ月かけて共通語アクセント、鼻濁音、
母音の無声化を学び、
準2級の課題に取り組める


ということです。

ちなみに、

通常、朗読検定準2級は、
1ヶ月ほどで課題提出をしなくては
なりません。

朗読検定だけのお申し込みをされた方は、

「え〜!3ヶ月以上も提出期限に差があるなんて
 不公平!ずるい〜!」


・・・と思われますよね?
無理もありませんが、これは、

試験受付時期の解釈の違い

なのです。

朗読検定の公式受付ページから
受検お申し込みをされた場合は、
お申し込み日が、試験受付日
となります。

しかし、
認定教室や、カルチャーセンター等での
朗読検定対策講座の場合は、


講義の全課程終了日が試験受付

となるのです。

講座とセットになっているため、
講座開始日を受付日としてしまうと、
講義中に課題提出日が到来してしまう
可能性があるから
です。

声の表現アカデミーでの
試験受付日の解釈は
この考え方になっています。

課題提出の期限は、

4級は、35日以内
3級は、65日以内
準2級は、125日以内


となります。

2級は、受講期間は65日以内となっていますが、
試験日程を決めて、
Zoomで試験を受けていただく形になります。

2020春期朗読検定の2級試験日程は、
6/19(金)、6/20(土)、6/21(日)
いずれかで、
朝10:00〜20:00までの間で20分の時間を
決めていただき受検いただきます。

また、声の表現アカデミーでは、
2級合格者の方のみ受講いただける

二級朗読インストラクター認定講座

もあります。
こちらは、通常2日間で取得できる講座を、

スキマ時間にじっくり学びながら
副業で朗読講師を目指す


をコンセプトにして、315日間(約10ヶ月!)
担当講師や本部サポーターに相談しながら、

副業で朗読講師ができるように

講座設計いたしました。

2020春期の準2級B検定は、
第12回 青空文庫朗読コンテスト課題 横光利一「赤い着物」
になっています。

コンテスト予選応募を考えている方は、
受講してみては?

外出自粛で暇になってしまった時間、
スキマ時間を活用して、
朗読のスキルアップを実現してくださいね!

オンライン講座対応型! 准プロフェッサー資格認定講座

スマホがあれば、いつでも、どこでも、朗読講師!
お部屋からでも、カフェからでも、講師活動ができます!
あなたも「テレワーク朗読講師」始めてみませんか?

最近は、ブライダル司会、葬儀司会ご経験者の方が、朗読講師として活躍しはじめておられます!

持続化給付金(最大100万円)の申請は、5/1から!個人事業主として確定申告をしている方は、こちらをご確認のうえ、お忘れなく申請しましょう!

また、本年開業含むフリーランス(フリーアナウンサー、司会業、声優、ナレーター等)の方の、本講座の受講料の3分の2が補助金で戻ってきます。詳しくは、こちらからお問い合わせください。


2020/4/2 准プロフェッサー資格認定講座に、「3つの受講料プラン」が出来ました!
 初期費用5万円、月会費13,200円。※プランによって月会費お支払い期間が異なります。
 詳しくはこちらから、お気軽にお問い合わせください!

2020/2/17 コロナウィルス感染予防のため、当面は対面受講を取りやめいたします。代替の受講方法としては、Zoom(インターネット会議システム)を利用しての受講方法にさせていただきます。Zoomの使用方法については、ご案内いたしますのでご安心ください。スマートフォンをお持ちであれば、カンタンにお使いいただけます。

【受講お申し込み後の流れ】
1.准プロフェッサー資格認定講座を受講
 
※朗読未経験者の方は、事前に簡易テストをお受けいただきます。)

2.必要に応じて毎月1〜4回の「知技サポート講座」を受講
 (※朗読未経験者の方の目安は 期間6ヶ月〜10ヶ月)


3.2の期間内でも、講座開講が出来そうであれば開講


より低リスクで、一箇所に人を集めず、スマートフォンやパソコンを使用した、オンライン在宅ワークとして、「朗読講師」活動ができます!

朗読未経験の方につきましては、資格を取得後、最低でも10ヶ月は、知識と技能について学んでいただきますので、安心してプロ朗読講師を目指していただけます。
※回数にして1回1時間、月4回、合計で40回のサポート講座を受講いただけます。

朗読ご経験者の場合、目安といたしまして、

朗読検定準2級以上の実技試験を47点〜満点合格の方は、サポート講座の受講義務は免除
朗読検定
準2級以上の実技試験を45〜46点で合格の方は、サポート講座6ヶ月受講要
朗読検定準2級以上の実技試験を40〜44点で合格の方は、サポート講座10ヶ月受講要

となります。

フリーアナウンサー、俳優、声優、朗読講師のご経験者の方は、特別認定試験や別途基準がございますので、info@roudokukentei.jpまで、お問い合わせください。

※最近、当会からの返信メールが届かないというお問い合わせを多くいただきます。
 お問い合わせフォームからお問い合わせいただきましたら、瞬時に自動返信メールが送信されます。
 1分経っても自動返信メールが届かない場合は、迷惑メールフィルタが設定されている、または、ご入力いただいたメールアドレスに誤りがある場合がほとんどです。

 お問い合わせの際、パソコンからのメールを受信する設定にしていただく、
 または、Gmailアドレスでお問い合わせください。
 Gmailの場合も、「迷惑メール」フォルダに入ってしまうことがありますので、そちらもご確認をお願いいたします。

現在、朗読検定(R)准プロフェッサー(=認定教室)の募集は、

読むだけで受講いただける
無料メール講座を受講されている方を対象
としております。

無料メール講座はこちら

募集の詳細は、こちらの「お問い合わせ」から、お気軽にどうぞ。
当会の、個人情報保護方針はこちらです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
これまでに、2968名以上の方が認定講師資格を取得され、
1032名以上の方が認定教室ライセンスを取得されました。
※2020年1月31日現在 認定予定者含む



【関連記事】

朗読を仕事として選べる未来をつくる!

スポーツ系インストラクターにも朗読が大人気!
http://blog.livedoor.jp/roudokukentei/archives/1836988.html

小中高生、大学生の悩みに効く「朗読」!
http://blog.livedoor.jp/roudokukentei/archives/1836480.html

誰でも、朗読講師になれる!

勝ちたい中高生放送部の方!Nコンを知る私たちが教えます。(オンラインレッスン)

スマートフォン、タブレットをお持ちであれば受講いただける通信講座の学校「声の表現アカデミー」でも、Nコン予選・本選対策の講座開講を予定しています。
料金体系は、個人、放送部単位など、フレキシブルに対応致します。
ご希望の方は、どうぞお気軽に、お問い合わせフォームからお問い合わせください。


一般社団法人日本朗読検定協会の講師、プロフェッサー、准プロフェッサー資格者は、
全国各地の公立校、私大付属校放送部での指導経験が多数ございます!

先日、認定講師の交流会で話題になったことが、
朗読上達に役立つと思いましたので、
一つ、皆様にシェアしたいと思います。

今回は、中学校、高校の放送部の方、

各種「朗読コンテスト」で勝ちたい方向けです。

まず、知っておいていただきたいことは、

舞台でする朗読と、

録音するためにする朗読は、

全く違う

ということです。

具体的にお話していきます。 

 

舞台でする朗読には、視覚要素がありますが、

録音するためにする朗読は、聴覚要素だけです。

 

 

例えば、

 

演劇経験が下地になっている人は、

 

読み(聴覚要素)+身振り・顔の表情(視覚要素)

 

で表現します。 


音訳、アナウンス、朗読※が下地になっている人は、

 

読み(聴覚要素)だけ

で表現します。
※朗読は様々なスタイルがあるので絶対ではありません


どちらが良い、悪いはありません。
 

しかし、

審査員の見方、聴き方で、
審査員が違和感を感じる場合がある

のです。

もし、あなたが何らかのコンテストで入賞を狙いたい、

と思っているのなら、

 

審査員が、

 

舞台を観て、採点している人なのか、

舞台をほとんど観ずに、採点している人なのか、

 

で対策をすると良いです。

 

対策と言っても、当日、

本番でしかわからないと思いますが、
心に留めておいてください。


ニ級朗読インストラクター認定講座 日程のお知らせ(随時更新)

2020/1/29 スマートフォンをお持ちの方なら、いつでも、どこでも、二級朗読インストラクター資格を取得できる通信講座の学校「声の表現アカデミー」ができました!詳しくは、こちら


二級朗読インストラクター資格は、

・朗読スキルや知識を活かし、実益につなげられる
・生徒さんを集め“仲間づくり”ができる
・協会本部のサポートを得ながら、失敗しない教室運営ができる
「何を」したら良いのかがわかるようになる

という、朗読講師資格です。

二級朗読インストラクター資格取得をされると、

(一社)日本朗読検定協会という人の集まりの、後ろ盾が出来ます
初級者、入門者の方に朗読指導が出来るようになります
活動していく上で、集客の仕方など、わからないことをいつでもご相談いただけます
北海道から沖縄まで、全国2500名以上の朗読インストラクター、読み聞かせインストラクターなどの認定講師が属する、(一社)日本朗読検定協会 認定講師という肩書きが持てます
指導経験が皆無でも、恥をかかない、教え方のコツが身につきます。

【二級朗読インストラクターのメリット】
生徒さんからの答えにくい質問の回答を本部に求めることができます。
困ったことが起きた時、経験豊富な人が集まる協会本部に相談することができます。
活躍している講師のやり方がわかります。
協会の後ろ盾が持て、自信を持って、安心して活動できます。
あなたに合った生徒さんを集める、集客の仕方がわかります。
一人ではできなかったことができるようになり、活動の幅が広がります。
朗読指導の基本がわかります。
年会費(月額1,100円)以外、ロイヤリティは一切不要です。
信用度が向上し、あなたが接するお相手に、安心感をもってもらえます。
朗読検定の過去問データを取得できます。
(供給は、PDF形式等でメール添付となります)
プロフェッサーの管理のもと、「朗読検定 受検対策講座」を開講していただけます。
(一社)日本朗読検定協会の公式初級教材をお使いいただけます。
(1冊単位からOK)
(一社)日本朗読検定協会公式メールマガジンで、催しの告知をすることができます。(無償)

現在、朗読検定(R)認定プロフェッサー資格者の方によって、

岩手県盛岡市内、
埼玉県内、
東京都内、
東京都調布市内、
神奈川県藤沢市内、
長野県中野市近郊、
鹿児島県鹿児島市内で、

「二級朗読インストラクター認定講座」


を随時、開講いたしております。

※本講座の受講には、「朗読検定2級」の合格資格、または、相当の実力を認定する、特別認定試験での合格が必要になります。特別認定試験に関しては、info@roudokukentei.jp までお問い合せ下さい。
※二級朗読インストラクター資格取得には、必ず、A・Bの両講座の受講が必要です。


まずは、
ゼロの状態から生徒さんを募集し、
生徒さんに喜ばれ、お月謝をいただける教室運営ができるように
なっていただきます。

実際に教えるようになると、

何十年の指導経験がある人でも、
実際の生徒さんに接していると、
必ず、わからない、対応ができない事が出てきます。

「生徒さんからの質問が即答できない内容だった・・・
どうしたら上達させてあげられるのかわからない・・・
「効果的な練習方法は・・・?

そんな時、一人だとご不安になりませんか?

個人講師は、孤立無援になる場合が多く、

あなたの不安は、瞬間的に、
そのまま生徒さんに伝わってしまいます。

そんな不安も、

初めて朗読をするという方から、小学生、中高生、大学生、
ベテランやプロの方まで、幅広い方が受検する朗読検定
を実施している、
日本朗読検定協会のプロフェッサー、二級朗読インストラクターになれば、

協会本部のサポートを得ながら、
安心して、楽しく、
朗読指導に集中できます。


下記に、二級朗読インストラクター認定講座をご案内いたします。

いずれも、

・指導法を学ぶA講座
・講座運営上必要な集客方法、心構えを学び、自信を付けるB講座

のA講座、B講座、2つの講座を受講いただく必要があります。


【A講座】

・朗読の基礎・応用指導法


【B講座】
・自信を持って指導にあたるための心構え
・指導経験が皆無でも、恥をかかない教え方
・生徒さんの集め方(「誰が」一番喜ぶか?)
・指導に対しての不安を取り除く
・生徒さんの心をつかむ方法 など
・受講者が30名まで対応できる、満足度を高める“鉄板の法則”


【大阪の開講日程(最寄り駅:新大阪駅)】


※大阪以外での講座スケジュールにつきましては、下記までお問い合わせください。


岩手県盛岡市内の日程に関しては、
認定教室「KOTOSE音読教室」 佐藤久美子先生にお問い合わせください。
info@kotose.com

埼玉県内の日程に関しては、
認定教室「ろうどく倶楽部」 上田あゆみ先生にお問い合わせください。
お問い合せ

東京都区内の日程に関しては、
認定教室「プチプラージュ」 葉月のりこ先生にお問い合わせください。
haduki48@gmail.com

東京都調布市内の日程に関しては、

認定教室「ソフィアの森」 斉藤ゆき子先生にお問い合わせください。
お問い合せ

 

神奈川県藤沢市内の日程に関しては、

認定教室「海のまち朗読館」 海野尾順子先生にお問い合わせください。
お問い合せ


長野県の日程に関しては、

認定教室「アトリエ A&R」 今井理恵子先生にお問い合わせください。
お問い合せ

鹿児島県近郊の日程に関しては、

認定教室「すまいるカフェ」 もちだひろこ先生にお問い合わせください。
※B講座のみ、福岡県福岡市内、または、インターネット会議システムを使っての講習となる場合がございます。
お問い合せ
 

A講座、B講座の日程の組み合わせは、連続していなくても受講いただけます。

例えば、


A講座を17日に受講。

B講座を16日に受講。


というように、順序が逆のパターンも可能です。

朗読講師になり、さらなる自信とやりがいを手に入れましょう!


−2級朗読インストラクター認定講座−

【受講費用内訳】

・認定講座受講料 78,800円 ×2日間=157,760円
・認定登録料 23,200円 (税込 ※初年度年会費13,200円含む)
・認定試験受験料 5,800円(税込) 

合計186,600円(税込) 一般価格
※一般価格は、クレジットカードでもお支払いいただけます。(分割も可ですが、お問い合わせください)
合計 177,100円(税込) ※2019年10月1日〜 現金一括払い割引価格

資格認定の後、下記の資格証が授与されます。
(キャッシュカードサイズのプラスティック製です)

qualified_card

※資格は、一年ごとの更新となります。
 取得された月から、翌年の前月末までが一年の単位となります。

 更新の際には、新しい認定証を発行いたします。

 また、更新時には年会費が必要となります。

 年会費 13,200円(税込) ※翌年の更新時から必要です

 
※当会へのご寄附等、当会の活動に多大な貢献をしてくださった方につきましては、更新時年会費が免除となる場合がございます。
 ※体調を崩されたなど、公に講師資格を表示しない、口頭で名乗らないという場合は、資格維持年会費6,600円(税込)となります。その場合は、新しい有効期限の講師カードの発行はされません。
 ※朗読指導をするしないに関わらず、発表会等でも、インターネット上(SNSやBLOG)等、公に講師資格を表示する、名刺やプロフィールなど紙面に記載する、口頭で名乗る場合は、年会費13,200円(税込)の納付が必要です。


一般社団法人日本朗読検定協会は、
朗読・読み聞かせの検定試験団体であるだけでなく、
朗読・読み聞かせ講師の人たちの集まりです。

朗読・読み聞かせ講師の組織化をしたことで、
自分一人では出来なかったことができるようになったり、
多数の認定講師の知識と経験の蓄積を活かすことができます。


二級朗読インストラクター認定講座に関するご質問は下記まで、お気軽にどうぞ。

協会本部では「二級朗読インストラクター認定講座」は開講しておりませんので、
お申し込みの際には、上記でご案内の、朗読検定(R)認定プロフェッサー資格者の方にお申し込みをお願いいたします。

【お問い合わせ先】
(一社)日本朗読検定協会 担当:前田・伊藤
TEL:06-6920-3211
メール:
info@roudokukentei.jp

プロフィール

代表理事

1970年大阪市生まれ。TBS系列で、TV・ラジオ番組の制作、ナレーター・声優事務所の営業マネージャーを経て、日本朗読検定協会設立に携わる。朗読検定(R)開発者。(一社)日本朗読検定協会 代表理事。NHK全国大学放送コンクールでは、第30〜35回の6年連続で本選審査員を務める。実父は文楽の三味線奏者、鶴澤清治。(重要無形文化財保持者/日本藝術院会員)親戚に、同じく文楽の義太夫、六代目竹本織太夫がいる。

読者登録
LINE読者登録QRコード
TagCloud
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ