「青空文庫」呼び掛け人・富田倫生さん死去ITメディア 2013年8月17日記事より 転載

「青空を見上げれば、そこに本が開かれるような感覚で、読めるようになるはずだ」──「青空文庫」呼び掛け人、富田倫生さんが死去した。61歳だった

「青空文庫」の呼び掛け人、富田倫生(とみた・みちお)さんが8月16日に死去した。61歳だった。

広島市出身。ライターとしてPCの歴史をテーマに活躍し、著書に「パソコン創世記」(1985年)など。1997年、著作権保護期間の終了した作品などを電子テキストで無料公開する「青空文庫」を開設。「インターネットと結び付いた電子本なら、どこにいても、思い立ったその場で開けるようになる。青空を見上げれば、そこに本が開かれるような感覚で、読めるようになるはずだ」という「青空の本」というイメージから名付けられた。

著作者の死後の著作権保護期間を現行の50年から延長する動きには一貫して反対。今年の元日、柳田国男や吉川英治が青空文庫に加わった際、「私たちの活動の目的は、著作権の切れた作品を、使い回しの効くテキストに仕立てて、社会の資源として利用してもらうことだ」と青空文庫について述べていた。

青空文庫では8月16日、富田さんの著書「本の未来」(1997年)が公開された。


朗読検定をおこなう上で、青空文庫さんの豊富なデータは不可欠です。

富田倫生様には、「青空文庫 朗読コンテスト」の名称使用について、多大なご協力をくださいました。
いつかご恩返しを、と思っておりましたが、何もお返しが出来ておりませんでした。

ご家族、ご関係者の皆様には、心よりお悔やみ申し上げます。

当会が、青空文庫さんの活動を応援できるくらいになって、
必ず、ご恩返しをさせていただきたいと思います。

富田倫生様のご冥福を心より、お祈りいたします。


一般社団法人日本朗読検定協会
役員一同