(社)日本朗読検定協会 公式BLOG

(社)日本朗読検定協会の最新情報をお知らせするBlogです。引用文を除く記事本文の著作権は(社)日本朗読検定協会に帰属します。
朗読検定(R) は登録商標(登録第5249540号)です。 読み聞かせ検定(R) は登録商標(登録第5337712号)です。

認定朗読・読み聞かせ講師の登録数、学生から80代まで、全国2600名以上!
iPhone、iPad、Androidから、朗読検定(R)実技課題をご提出いただけます!

山木梨可

メルマガへのご質問 「ブツ切れに聞こえるのを直すには?」


一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンにいただいたご質問より


ペンネーム:TKKさん 「ブツ切れに聞こえるのを直すには?」

長い文章を読む時など特に「プツンプツンと切れて聞こえる」と言われます。
切れて聞こえないような間の取り方、言葉の置き方をお教え下さい。
よろしくお願いいたします!


とのご質問をいただきました。

このご質問に、朗読検定(R)認定プロフェッサーの3名が回答しました。


【回答1】
ご質問ありがとうございます。
あー、ありますよね、ブツ切れに聞こえてしまうこと。

一つには、区切りが多すぎるとそう聞こえる事があると思います。
なので、対策としては、必要な所だけ切る、そのためにも息を長く使えるようにする呼吸トレーニング、があると思います。

また、発声のキレが良すぎると、これまたブツ切れに聞こえる事があるかもしれません。
すぱっ!と音が切れる感じです。
使いどころによって非常に効果的ですが、全てがそれだと、どことなく硬く、切れぎれに聞こえるかもしれません。

音の硬い柔らかいは、音に混じっている息の量で変わってくると思います。
もし硬く感じていましたら、少し息の量を増やしてみるといいかもしれません。

あとは、少し、語尾の母音を、引っ張るようにしてみるのも、感覚を、掴みやすいかも、しれません。
この文なら、

あとはぁ、少しぃ、語尾の母音をぉ、引っ張るようにしてみるのもぉ、感覚をぉ、掴みやすいかもぉ、しれません。

という感じです。

やりすぎると、だらだらしてしまうので注意が必要ですが。

そして、最後に抽象的なアドバイスです。
文章の切れ目の、次の言葉に向かって、橋をかけるような気持ちでいるとよいかもしれません。
なだらかなアーチがかかるような。
音が途切れても、息や気持ちが切れなければ、
案外続いてるように聞こえます。
続ける意識、です。


回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 西村俊彦





【回答2】

TKKさん

息継ぎをコントロールされては如何でしょうか。

文章の始まりから「。」までを一息に読む、長い文章なら意味を考えながら纏まりのあるところの「、」までを一息に。

と言った具合です。


「言葉の置き方」という事であれば、最後まで丁寧に言う事を心掛けて下さい。

語尾で力を抜き過ぎると音が消えてしまう方もいらっしゃるので、イメージとしては「重たいコップをゆっくり音を立てずにテーブルに置く」「抜き足差し足で廊下を歩く」イメージで読んでみられては如何でしょうか。



回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 井上まい



【回答3】

TKKさんご質問有難うございます。

長い文章を読む時に「プツンプツンと切れて聞こえる」ということですが、一文が長いものと解釈してお伝えさせて頂きます。

考えられるのは、単語、単語を立たせて読み過ぎている。

又は、意味のまとまりがちゃんと捉えられていないのかもしれません。

文には読点が付いていますが、その読点以外でどこで切ればいいのか、つまり息をすればいいのか、

文の内容を捉え、まとまりを考えなければいけないと思います。


例文を使ってお伝えします。

「大きな木のそばの家。」


〔擇大きいという意味なら、「大きな木のそばの家。」はすべて1つのまとまりとなり、一息で読みます。

家が大きいなら「大きな/木のそばの家。」となり、「大きな」の後で区切らないと意味が通じないと思います。

このように正しい意味になるように、まとまりを見つける、どこで区切るかを考えなければいけません。

大きな/木の/そばの/家 と、それぞれの単語を立たせて読んでしまうと、プツンプツンと切れて聞こえるばかりでなく、意味も伝わりません。

まとまりを捉えて読めば、切れて聞こえることも解消できるのではないかと思われます。



回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 山木梨可



一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンでは、

・声や朗読に関連する悩み、わからないこと

を募集しております。

採用された方には、

・「CD付き プロが教える 朗読 心に届く語りのコツ50」(葉月のりこ監修 メイツ出版・刊)
・「1日1分、脳がシャキッと目覚める朝音読」(和貝晴美著 致知出版社刊)


いずれか1冊を、お贈りいたします。

info@roudokukentei.jp

まで、

・ペンネーム
・ご質問内容(出来るだけ詳しく)
・ご連絡先お電話番号(こちらからの連絡メールが届かなかった場合の連絡に必要になります)

をお送りください。

(一社)日本朗読検定協会 公式メールマガジンのご購読はこちら無料です
(一社)日本朗読検定協会 公式Youtubeチャンネルのご登録はこちら無料です

メルマガへのご質問 「無声化と滑舌を良くするには?


一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンにいただいたご質問より


ペンネーム:T.Cさん

ご質問:「無声化と滑舌を良くするには?」

初めまして。メールをみて、コツを知りたいと思い連絡しました。

自分は今放送部に所属していて、高校2年生です。

次のNHK大会が最後になります。

悔いを残したくないこと、全国大会に出場が目標ですが、自分が最もネックなのが「無声化」です。

顧問も専門ではないため、正しいやり方を教えてくれません。

ほかの高校の人は出来てて当然みたいな形なので、完成させたいです。


あと、1年生の後輩の滑舌がなかなか良くなりません。
外郎売を読むようにメニューに組み込んではいるのですが、あまり効果がない
ようで…

滑舌を良くするのにはどうすれば良いか、教えていただきたいです。


長くなりすみません。回答、よろしくお願いします。



とのご質問をいただきました。

このご質問に、朗読検定(R)認定プロフェッサーの4名が回答しました。


【回答1】
無声化の正しいやり方、滑舌、ですね。
無声音は喉が振動しないで出る音で、
日本語では主に
「き、く、きゅ、し、す、しゅ、ち、つ、ちゅ、ひ、ふ、ひゅ、ぴ、ぷ、ぴゅ」
だそうです。
文章の、どの音が無声化になるか迷う場合には一つの参考にしてください。


無声化に関しては
篠原さなえさんの『「魅せる声」のつくり方』に本当に詳しく、具体的に書いてあるので、
購入するなり図書館で探すなりしてみると良いと思います。
他にも基礎的な事が詳しく載っているので、手元に置いておいて間違いのない本だと思いますよ。

練習法としては、文章を全部、ささやき声(ひそひそ声)で読んでみて、
無声音に慣れてみる、その上で、本当に無声音にする所だけを無声音で読んでみる、
など面白いかもしれません。
ささやき声は喉に負担が大きい、みたいな事も聞いたりするので、やりすぎ注意、ですが。


そして、滑舌に関してですが、
外郎売、良いと思います。
あまり効果が感じられないようであれば、
練習の際に、あまり早口を意識しない方がいいかもしれません。
外郎売はどうしてもスピード出して読みたくなる文章なので、
早さを求めるあまり、音を作る意識が雑になり、
丁寧に音を作る意識がなくなっているのやもしれません。
そういう場合は、特定の行を多く入れた練習文(色んな本に色んな文が出てます)を読むといいと思います。
ポピュラーなところでいえば、例の、あめんぼ赤いなあいうえお、です。
こういう物を、早さではなく、行の音を楽しむ、口の動き・舌の位置に意識を向けて、ゆっくり目でもいいので、味わって読んでみるといいと思います。


早口言葉は、楽しいし競争心も煽るので、滑舌訓練、というと真っ先に浮かびがちですが、本当に滑舌悪い人からすると難易度が高いと思います。
実用性の低い言葉の並びも多いですし。

言いにくい行・音を、ゆっくり、丁寧に、それが出来たら徐々にスピードを上げて、が良いのではと思います。


回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 西村俊彦





【回答2】

有声化・無声化には細かいルールがあります。

何処が無声化するかはその都度アクセント辞典で確認するとして、それが正しく発音されているかはご自身の耳で聴き、有声化と無声化を聴き分けられるようになる事が大切です。


有声化されている言葉は喉に手を当てて発声すると手に振動が伝わり、無声化されていると振動が伝わりません。

この違いを先ずは自身の喉と手(の感覚)と(音声の違いを)耳で分かる様になると良いと思います。

次に正しく発音された単語を録音して耳だけで分かる様になれば、段々と長文を(録音して)聴いてもチェックが出来る様になります。

紛らわしい単語は喉を触って確認して下さい。


滑舌に関しては、外郎売を読むのも良い練習になりますが、慣れてくると早口になってしまう方が多いので、ゆっくり正しい発音とアクセントが出来てからスピードを上げる様にされると効果的だと思います!



回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 井上まい



【回答3】

ご質問有難うございます。

まず無声化ですが、

母音(i)、(u)が、カ行、サ行、タ行、ハ行、パ行の間に挟まれた場合や、無声子音の後ろにある語末は無声化しやすい。

菊、聞くK(i)ku 、秋風ak(i)kaze、ピカピカp(i)kap(i)ka、〜していますimas(u)の()内が無声化する音です。

この母音は発音されていないように聞こえるかと思います。

母音の発音をしていながら、声帯が振動していない状態です。


また、滑舌が悪いという原因はいくつか考えられます。

中には、生まれつき舌小帯短縮症のため滑舌が悪い方もおられますが、舌の筋肉や表情筋があまり発達していない場合は、筋肉を鍛えるような体操を取り入れる。


マ行、ば行、ぱ行はしっかり唇が閉じているでしょうか?

サ行、ハ行は息と一緒に発声出来ているでしょうか?

例えば、すべて母音で読んでみるという練習法もあるかと思います。

例文「おあやや母親におあやまりなさい」⇒「おあああああおあいおあああいああい」と、

母音のみで何回か読んだあとに、原文を読んでみるというようなトレーニングをしてみて下さい。



回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 山木梨可



【回答4】

はじめまして、麦島久美子と申します。

よろしくお願いいたします。

私自身が、「無声化・滑舌」を克服した方法をご紹介いたしますね。

 

〈無声化〉

ナレーターの篠原さなえ先生の下記HPに、「無声化の基本ルール」が載っていますので、ご参考にさなってくださいね。

http://sanaeshinohara.blog8.fc2.com/blog-entry-9.html

 

基本的には、「き・く・きゅ・し・す・しゅ・ち・つ・ちゅ・ひ・ふ・ひゅ・ぷ・ぴ・ぴゅ」の15種類です。

はじめは原稿の無声化する場合の音に印を付けて、しっかり練習します。

人前で読む時は、印を付けずに読めるようになりましょう。

 

〈滑舌について〉

私は先生から、「サ行・タ行の滑舌が悪い」と指摘されました。

それで私が行った練習方法を、部員様用に書き直してみました。

 

\萓検∨瑤肋綉蘋犬部員様の声を聴いて、聴き取りにくい部分を指摘してあげましょう。

 

△修硫擦鯣声するには、「舌のどの部分が、上あごのどの部分に当たるか」を確認しながら、ゆっくり発音する。(私の例:サ・シ・ス・セ・ソ/タ・チ・ツ・テ・ト)

 

6貅蠅焚擦鯀箸濆腓錣擦晋斥奸併笋領磧Д宗Ε掘Ε機Ε帖砲鮑遒蝓△呂犬瓩呂罎辰りはっきり何回も発音し、だんだん速度を上げる練習をする。


家で、毎朝晩、練習するとよいですよ。

 

※前出の篠原さなえ先生著/「魅せる声」のつくり方/講談社刊 の148〜149ページに、子音をつくるための口の中の図が載っています。

参考にしてみてくださいね。



回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 麦島久美子
   麦島久美子Twitter

一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンでは、

・声や朗読に関連する悩み、わからないこと

を募集しております。

採用された方には、

・「CD付き プロが教える 朗読 心に届く語りのコツ50」(葉月のりこ監修 メイツ出版・刊)
・「1日1分、脳がシャキッと目覚める朝音読」(和貝晴美著 致知出版社刊)


いずれか1冊を、お贈りいたします。

info@roudokukentei.jp

まで、

・ペンネーム
・ご質問内容(出来るだけ詳しく)
・ご連絡先お電話番号(こちらからの連絡メールが届かなかった場合の連絡に必要になります)

をお送りください。

(一社)日本朗読検定協会 公式メールマガジンのご購読はこちら無料です
(一社)日本朗読検定協会 公式Youtubeチャンネルのご登録はこちら無料です

メルマガへのご質問 「語尾が消えてしまうのを直すには?」


一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンにいただいたご質問より


ペンネーム:ジャスミンさん

質問 「語尾が消えてしまうのを直すには?」

私は高校2年生で朗読をやっており、次のNコンが最後の大会となります。

私の読みの悩みの一つに、文の語尾が消えてしまうことがあります。
特に多いのは "です" が "でふ"、"ます" が "まふ" となってしまうこと
です。
アナウンスの文なら、明るくハキハキといえば大丈夫なのですが、朗読でその雰囲気で読んでしまうと場面に合わないこともあり
ますし、語尾ハネしてしまう怖さもあります。

どう読めばそれが解消されるか具体的に教えてほしいです。

とのご質問をいただきました。

このご質問に、朗読検定(R)認定プロフェッサーの3名が回答しました。


【回答1】
ご質問ありがとうございます。


語尾には意志が宿る、とよく言われたりするので、ばっちりキメていきたい所ですね。

抽象的な言い方をすると、


「語尾に意志が宿るので、語尾に意志を持ちましょう!」


みたいな事が、解決のヒントになる事もあるかと思います。

文末まで息が続かないのであれば、うまいことブレスの位置を見つける。



「でふ」「まふ」となってしまう事が多いのであれば、

「す」の無声化の時の口の形、舌の形、というのを注意して繰り返し練習してみると良いと思います。

ふ、よりも「す」の方が口周り・舌、共に力が必要(かといって力むことはないですが)な気がするので、文末に近づくにつれて滑舌の意識、または持続力が落ちているのかもしれませんね。


表情筋・舌のトレーニングですかね。

ほっぺたを手でぐるぐるしたり、舌を口の中でぐるぐる回したりとかでも十分な効果があるかと思います。


あとは、自分で作る雰囲気に浸りすぎないようにすること、も効果的かもしれません。

大事に大事に作り上げた雰囲気を、文末と共に聴き手に届ける意識、で喋るといいかもしれません。

これも、抽象的なアドバイスですが(笑)




回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 西村俊彦





【回答2】
ジャスミンさん、ご質問有難うございます。
語尾が消える、特に多いのは"です"が"でふ"、"ます"が"まふ"となってしまうということですが、「ふ」に聞こえているのは「SU」の母音「U」が聞こえているのではないでしょうか。

つまり「SU」の子音「S」の音がしっかり出ていないのではないかと思われます。
サ行は息とともに発音される音かと思います。
息と一緒に、子音「S」の音を大切に発音してみて下さい。

又、「です」「ます」は、des(u),mas(u)のuは無声化しますので、無声化できていたら「でふ」「まふ」には聞こえないようになると思います。

Nコン頑張って下さい。


回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 山木梨可



【回答3】
ジャスミンさん、ご質問ありがとうございます。
「す」も「ふ」も摩擦音といわれる発音の仲間ですが、舌の場所が其々違います。
(「ふすま(襖・麩)」と発生すると分かり易いです)

明るくハキハキ話すと同じ様に、朗読される時も舌の力を抜かずに「です」と仰ってみては如何でしょうか。

(即効性はありますが「す」が有声化する危険があるので注意されて下さい)

日頃の練習として、舌のストレッチや口腔内での運動もおススメです。
五十音をゆっくりハッキリ発声して響きを確認する事も大切ですね。

日々の練習は即効性はありませんがNコンが終わっても、今後の滑舌の維持やドライマウス予防にも効果的なので続けてみて下さいね。



回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 井上まい


一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンでは、

・声や朗読に関連する悩み、わからないこと

を募集しております。

採用された方には、

・「CD付き プロが教える 朗読 心に届く語りのコツ50」(葉月のりこ監修 メイツ出版・刊)
・「1日1分、脳がシャキッと目覚める朝音読」(和貝晴美著 致知出版社刊)


いずれか1冊を、お贈りいたします。

info@roudokukentei.jp

まで、

・ペンネーム
・ご質問内容(出来るだけ詳しく)
・ご連絡先お電話番号(こちらからの連絡メールが届かなかった場合の連絡に必要になります)

をお送りください。

(一社)日本朗読検定協会 公式メールマガジンのご購読はこちら無料です
(一社)日本朗読検定協会 公式Youtubeチャンネルのご登録はこちら無料です

メルマガへのご質問 「アクセントが不自然になる」


一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンにいただいたご質問より


ペンネーム:黒にゃんこさん

質問 「アクセントが不自然になる」

私は地方に住んでいます。
朗読をすると、必ず講師から指摘されるのは、アクセントです。
指摘されて、直そうとすればするほど、わからなくなり、とても変な読み方になってしまいます。
単語をアクセント辞典で確認し、それを繋げても自然な感じにはなりません。
単語ひとつなら、頭高、熟語になると変わる、というような日本語が時々あるので、ますますわからなくなります。
どのように解決すればいいでしょうか?

とのご質問をいただきました。

このご質問に、朗読検定(R)認定プロフェッサーの2名が回答しました。


【回答1】

こんにちは。西村俊彦です。

アクセント、難しいですよね。

私は東京育ちなので、その気持ちに芯から「わかるー!」と共感しにくいのですが、

以前大阪弁で舞台をやった時にはまさに、がんじがらめ。音の操作をしているような気にもなったものです(笑)

アクセントはもう、場数、練習量、かと思います。

耳で覚えて、口に出してみる。

その繰り返しだと思います。

どなたか、お手本にしたい方の朗読などを聴きまくって、アクセントを耳に染み込ませていく、というのも手ですね。

ただ、アクセントに縛られすぎると、本来の表現の楽しみ、みたいな事から離れていってしまう場合もあると思うので、

気にはするけど神経質にならずに、でもいいような気がしちゃいます。

コンテストとかだと、そうもいかないかと思いますが、まず大事なのは楽しむこと、聴き手とその楽しみを共有すること、だと思います。



回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 西村俊彦





【回答2】
初めまして。山木梨可と申します。ご質問有難うございます。
黒にゃんこさん ご質問有難うございます。
アクセント辞典で調べるというのは大切な事ですし、それが数個ならなんとか直すことも出来ますが、全ての言葉のアクセントを調べるというのは大変な作業です。
直さないといけないアクセントが沢山あると、アクセントばかりが気になって、自然な読みが出来なくなってしまいますよね。
そこで、練習法の一つとしてお伝えします。
地方から越して来られ、アクセントに苦労されていた方にお勧めしました。
黒にゃんこさんに合うかわかりませんが、よければ試してみてください。
その台本や原稿を先生など共通語アクセントのしっかりしている方に読んでもらい、録音させてもらいます。
それを繰り返し何度も何度も聴いて下さい。
これは、音の高低や流れを感覚的に吸収してもらうためにです。
歌のメロディも何度も聴いているうちに楽譜がなくても歌えるようになりますよね。それと同じ感覚です。
すぐに結果は出ないかもしれませんが、その方は、繰り返しやっていくうち、自然に共通語のアクセントの音の感覚が身につかれるようになりました。
またアクセントだけでなく、場面変化の接続語の音の出し方や間の開け方なども身に付いておられました。
他の方法としては、普段聴いているテレビやラジオから流れて来る1フレーズを聴いたとおりに口にしてみるのも良いかと思います。
一文なら覚えられますから、聴いてすぐそのまま同じように真似てみる、言ってみる。
こうすることでも共通語のアクセントやイントネーションが感覚的に身に付いてくるかと思います。


回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 山木梨可



一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンでは、

・声や朗読に関連する悩み、わからないこと

を募集しております。

採用された方には、

・「CD付き プロが教える 朗読 心に届く語りのコツ50」(葉月のりこ監修 メイツ出版・刊)
・「1日1分、脳がシャキッと目覚める朝音読」(和貝晴美著 致知出版社刊)


いずれか1冊を、お贈りいたします。

info@roudokukentei.jp

まで、

・ペンネーム
・ご質問内容(出来るだけ詳しく)
・ご連絡先お電話番号(こちらからの連絡メールが届かなかった場合の連絡に必要になります)

をお送りください。

(一社)日本朗読検定協会 公式メールマガジンのご購読はこちら無料です
(一社)日本朗読検定協会 公式Youtubeチャンネルのご登録はこちら無料です

メルマガへのご質問 「セリフは声を変えない方がいいのでしょうか?」


一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンにいただいたご質問より


ペンネーム:Tさん

質問 「セリフは声を変えない方がいい」のでしょうか?

朗読劇をやっています。
朗読は芝居と違うので、朗読の中のセリフは声を変えない方がいい、と以前言われました。
そのセリフが文章の中で独白の様なものなら、当然、声を変えたりしませんが、
ナレーション、と登場人物〜例えば"子供"と"お父さん"という様な場合、
ナレーションは地の声で、セリフは登場人物になりきって声もそれらしく変えて読んでしまいます。
朗読の読み方として、声を変えるというのは間違いなんでしょうか?

とのご質問をいただきました。

このご質問に、朗読検定(R)認定プロフェッサーの3名が回答しました。


【回答1】
T様

声を極端に変える必要はないとは思いますが、決して絶対変えてはいけないことはないと思います。

不自然な作られた声で台詞等を読むのは違和感が残りますが、登場人物の感情の中で声のトーンが変わったり無理のない声での中でしたら、私はその方が自然でよいと思います。

何故ならば朗読はナレーションではないので。



回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 三野友華子

三野友華子Official Web Site




【回答2】

T様


これは別に間違ってないと僕は思いますよ。

朗読、と一口に言っても、これこそが朗読、という絶対的な決まり事は今のところないように思います。

個人個人に、「私にとっての朗読」の形があり、どれも間違いでないと思うので、好みの差、ではないかと思います。

「声を変えない方がいい」というのは、そのアドバイスをした方にとっての朗読観だと思います。

僕なんかは割と演劇よりの朗読観だと思うので、変えられるならどんどん変えればいいんじゃない、違う人物なんだし、と思ったりしますね。

ただ、あまりにもあざとくなって地の文とのバランスが崩れるようなら、その部分だけが「明らかな異物」として浮いてしまうなら、別の方法を考えた方がいいと思います。


一人の声にはやはり限界はあるので、どんなに作り込んだ所で、自分で思ってるほどの効果が出せていない場合もありますし。

なりきってから地の文とかに戻るときにあまりにも時間がかかる、とかだったら、また別の方法を考える必要もあるかなと思います。

 

ということで、僕はなりきるのは推奨派です。

注意すべきは作品全体のバランス、ハーモニー、という感じですかね。

よっぽどの事でない限り、表現に間違い、はないと思います。楽しくやって下さい。





回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 西村俊彦





【回答3】
初めまして。山木梨可と申します。ご質問有難うございます。

台詞の声色ですが、私はある程度変える方がよいと思っています。
誰の台詞か聴いている方にわからない朗読では内容が伝わりにくくなります。
文章の中からその人物の特徴など読みとって、読み分ける方がより伝わるのかと思います。
また、作品や朗読する会場によっても読み方は変わってくるかと思います。
作品によっては、人物の性格や風体などを際立たせて読み分けた方が良い場合もありますし、
極端に読み分ける事、声色を変えることでその作品の持ち味が損なわれる場合もあると思います。
また、少数の前ならあまりオーバーに表現する必要はないかもしれませんし、大勢の大きな会場なら、少しオーバー気味に読み分ける方が良いように思います。
「登場人物になりきって声もそれらしく変えて読んでしまいます。」とありましたが、その作品、読む会場などで匙加減が必要と思われます。

朗読される方の中には台詞が苦手という方もおられます。
Tさんは読みわけが出来るということで、それは素晴らしい事だと思います。
どうぞ作品に合わせた台詞の読み方を考えて見てください。


回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 山木梨可



一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンでは、

・声や朗読に関連する悩み、わからないこと

を募集しております。

採用された方には、

・「CD付き プロが教える 朗読 心に届く語りのコツ50」(葉月のりこ監修 メイツ出版・刊)
・「1日1分、脳がシャキッと目覚める朝音読」(和貝晴美著 致知出版社刊)


いずれか1冊を、お贈りいたします。

info@roudokukentei.jp

まで、

・ペンネーム
・ご質問内容(出来るだけ詳しく)
・ご連絡先お電話番号(こちらからの連絡メールが届かなかった場合の連絡に必要になります)

をお送りください。

(一社)日本朗読検定協会 公式メールマガジンのご購読はこちら無料です
(一社)日本朗読検定協会 公式Youtubeチャンネルのご登録はこちら無料です

プロフィール

代表理事

1970年大阪市生まれ。TBS系列で、TV・ラジオ番組の制作、ナレーター・声優事務所の営業マネージャーを経て、日本朗読検定協会設立に携わる。朗読検定(R)開発者。(一社)日本朗読検定協会 代表理事。NHK全国大学放送コンクールでは、第30〜35回の6年連続で本選審査員を務める。実父は文楽の三味線奏者、鶴澤清治。(重要無形文化財保持者/日本藝術院会員)親戚に、同じく文楽の義太夫、六代目竹本織太夫がいる。

読者登録
LINE読者登録QRコード
TagCloud
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ