(社)日本朗読検定協会 公式BLOG

(社)日本朗読検定協会の最新情報をお知らせするBlogです。引用文を除く記事本文の著作権は(社)日本朗読検定協会に帰属します。
朗読検定(R) は登録商標(登録第5249540号)です。 読み聞かせ検定(R) は登録商標(登録第5337712号)です。

認定朗読・読み聞かせ講師の登録数、全国2500名以上!
iPhone、iPad、Androidから、朗読検定(R)実技課題をご提出いただけます!

座・高円寺

「一番心に残った方2名」の投票結果発表 〜新美南吉を読もう!〜

大変お待たせいたしました。

4月13日(土)におこなわれた、

「新美南吉を読もう!」 朗読会。
(東京:座・高円寺 阿波おどりホール)

当日の早朝は、近畿地方で地震が起きましたが、
発表の様子
全国から、たくさんの方にお越しいただき、
朗読劇の模様
朗読劇も発表され、大盛況。

全国からお越しくださった30名のみなさんが、
それぞれ、新美南吉作品を選び、
素晴らしい朗読を披露してくださいました。
出演された皆さん
みなさん、お疲れ様でした。


今回の目玉の一つとして、

「心に残った朗読」を、

会場の方、お一人につき2名ずつ投票していただきました。

1位となった方は、秋に関西にて行われる、

第五回 青空文庫朗読の輪コンテスト 本選出場権

が与えられるというものです。

本選に出場するには、通常、予選通過をしていただく必要があります。
例えるなら、シード権です。

今回、どの方も大変素晴らしい朗読をされ、
出演者の方、全員が予選通過レベル、
大変レベルの高い朗読会であったと報告を受けています。

そんな中、

投票数で同数1位の方が2名

という結果となりました。

1位の鏡さおりさん
鏡さおりさん

と、

1位の嶋多佳子さん

嶋多佳子さん

のお二人です。

鏡さん、嶋さん、おめでとうございます!


第五回 青空文庫朗読の輪コンテスト

開催日程の発表を心待ちにしてくださっている皆さま、
大変お待たせをいたしておりますが、
日程発表は今しばらくお待ちください。

「新美南吉を読もう!」4月3日(水)のご報告

みなさん、こんにちは!
お待たせいたしました、

4月3日(水)東京・大阪にておこなわれた、

「新美南吉を読もう!」

のイベントの模様をお知らせいたします!

まずは、大阪から!
大阪市中央公会堂にておこなわれました。

前日の読売新聞紙面で記事にして頂き、
お知らせいただいたことで、
満員御礼!
満員御礼 その2

このように“超”満員
お越しくださった皆さま、ありがとうございました!

また、読売テレビさんに取材いただき、

かんさい情報ネット TEN

で、イベントの模様をお知らせいただきました!
読売テレビ 「TEN」 でお知らせいただきました。
読売テレビ 「TEN」 でお知らせいただきました。

私、村山博之が取材にお答えしたのですが、
記者の方が美人で緊張しました!
・・・すみません。

テレビカメラが入っているので、
吉山眞悟代表理事
吉山眞悟代表理事も、いつになく緊張の面持ちで、
ご挨拶をしておりました。


さて、発表の模様です。
カルテットで朗読
カルテット朗読や、
デュオで朗読
デュオで朗読。
朗読検定2級の大学生の方
朗読検定2級をお持ちの大学生の方も。

総勢30名の方々が、新美南吉作品を読んでくださいました!

そして、
キダユカさん
ゲストには、FMパーソナリティとして活躍中の、
キダユカさん
赤穂ラジオ代表 水野香保里さん
赤穂らじお 代表の水野香保里さん
にもお越しいただき、読んで頂きました!

キダユカさん、
水野香保里さん、
ありがとうございました!

また、門真市在住の絵本作家・イラストレーター、
網野亮さんも応援に駆けつけてくれました!
絵本作家の網野亮さん
網野亮さんの作品は、こちらでご覧いただけます。

葉室京子
当日の司会は、当会理事の田中睦美が務めさせて頂きました。


東京の模様は、こちら
葉月のりこプロフェッサーのBLOGをご覧ください!

新美南吉生誕100年記念
「新美南吉を読もう!」

は、まだまだ続きます!

4月13日(土)は、
東京・「座・高円寺 阿波踊りホール」 10:15〜12:30 入場無料(出入り自由)

そして!

私も読んでみたい!
参加してみたい!

そんな皆さんには、4月1日から参加者募集を始めた、
福岡での「新美南吉を読もう!」朗読発表会があります!

参加者募集要綱は、こちら

7月21日(日)は、
旅行も兼ねて、福岡へいかがですか?
プロフィール

村山博之

昭和45年大阪市生まれ。TBS系列で、TV・ラジオ番組の制作、ナレーター・声優事務所の営業マネージャーを経て、日本朗読検定協会設立に携わる。朗読検定(R)開発者。(一社)日本朗読検定協会 代表理事。NHK全国大学放送コンクールでは、第30〜35回の6年連続で本選審査員を務める。実父は文楽の三味線奏者、鶴澤清治。(重要無形文化財保持者/日本藝術院会員)親戚に、同じく文楽の義太夫、六代目竹本織太夫がいる。

Twitterやってます。
読者登録
LINE読者登録QRコード
TagCloud
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ