(社)日本朗読検定協会 公式BLOG

(社)日本朗読検定協会の最新情報をお知らせするBlogです。引用文を除く記事本文の著作権は(社)日本朗読検定協会に帰属します。
朗読検定(R) は登録商標(登録第5249540号)です。 読み聞かせ検定(R) は登録商標(登録第5337712号)です。

認定朗読・読み聞かせ講師の登録数、学生から80代まで、全国2600名以上!
iPhone、iPad、Androidから、朗読検定(R)実技課題をご提出いただけます!

朗読

【Q&A】青空文庫朗読コンテスト ※2023年〜

青空文庫朗読コンテスト についてのご質問、回答をまとめております。

【応募資格について】
Q・録音の部には高校生は応募できますか?
A・はい。録音の部は中学校を卒業された満15歳以上の方なら、どなたでもご応募いただけます。

Q・一般の部には高校生は応募できますか?
A・いいえ。一般の部は高校生以外の18歳以上の方のみご応募いただけます。

【応募方法について】
Q・録音の部への応募は、カセットテープで応募できますか?
A・いいえ。録音の部に関しては、BEST10作品に選ばれた場合の発表の都合上、データ化する必要がありますので、CDまたはMP3等の録音データでのご応募に限らせていただいております。

Q・録音の部は、一度だけしか応募できませんか?

A・いいえ。予選期間内であれば、同じ作品でも異なった作品でも再応募いただけます。

【録音の部 獲得点数について】
Q・録音の部で、再応募した場合、獲得した点数は上書きされますか?
A・複数口での応募をされた場合、最も高い点数が上書きされます。

Q・録音の部の順位を決める際の点数は「1の位」まででしょうか?
A・録音の部の順位は、5名の予選審査員が付けた平均点を獲得点数として順位を決めますが、同点が極力出ないように各採点項目(【正確さ】【リズム】【表現力】【発声技能】の4項目)は小数点第一位まで付けられるようになっています。獲得点数は、小数点二位までを表示致します。

【一般の部 予選について】
Q・一般の部・認定講師の部の予選は、全作品、全応募者の点数順で選ばれますか?
A・一般の部・認定講師の部の予選は、作品ごとに獲得点数順位を出し、本選出場者となる方を選出します。

Q・応募者数が多い作品は予選通過が難しいということでしょうか?
A・一般の部・認定講師の部の予選は、各課題作品ごとの選考になりますので、応募者多数の作品は予選通過の難度が高いと言えるかもしれません。

Q・応募者数が少ない作品に応募すれば、誰でも予選通過できますか?
A・一般の部・認定講師の部の予選通過基準は80点(100点満点)以上の獲得をされている方の中から、作品ごとに点数が高い人順で選出されます。80点を下回る獲得点数の場合は、その作品に応募した人が1名だった場合でも、本選出場者には選ばれません。

Q・前期、中期、後期と本選出場者枠は決まっていますか?
A・決まってはおりませんが、およそ本選出場者枠を等分した枠になります。本選出場者枠が30名の場合は、およそ10名ずつが選出されます。

【録音の部 結果公表について】
Q・BEST30以下の順位はわかりますか?
A・予選お申し込み時のメールアドレスから、メールでお問い合せいただいた場合のみお答えします。お電話ではお答え致しません。

【各部門について】
Q・録音の部と一般の部・認定講師の部は何が同じですか?
A・課題作品と予選審査員が同じです。

【審査員について】
Q・予選審査員はどういう方でしょうか?
A・非公表ですが、アナウンサーや声優、俳優等のプロ経験者、5名が担当しています。



青空文庫朗読コンテスト へのご質問は、

info@roudokukentei.jp

まで、メールにてお問い合せをお願い申し上げます。

【動画撮影提出なし!】青空文庫朗読コンテスト 録音の部 新設のご案内

青空文庫朗読コンテストに興味はあるけど、

・動画を撮影して提出する方法がやっぱりわからない
・カメラの前で読むことが苦手
・事情があって顔や名前を出せない

という方もご応募しやすい、【動画撮影提出なし!】

青空文庫朗読コンテスト 録音の部

が2023年1月1日から新設されます。

青空文庫朗読コンテスト 録音の部 の特長は、

・課題は「一般の部・認定講師の部」と同じ
賞ではなく、「ランキング」として結果発表
朗読検定1級、準1級認定は取れない
・2200円/1口 で複数口数応募可能
カセットテープ、MDでの応募は不可(CDまたはデジタルデータのみ)
一般の部・認定講師の部と同時応募可能(要別途応募料 3,300円/1口)
同時応募する場合、作品が同じであれば音源は1つだけ提出でOK
・1月〜3月の最終選考結果を上半期ランキング(BEST30を4月発表)
・7月〜9月の最終選考結果を下半期ランキング(BEST30を10月発表)
1月、2月、7月、8月は翌月にBEST30のエントリーナンバーを「中間発表」(氏名発表は無し)
上半期ランキング、下半期ランキングでBEST10作品は、YouTubeで公開(氏名発表有り)


になります。
※一般の部・認定講師の部と同じく、「芸名発表」が可能です。(応募時は本名でご応募要)

朗読検定1級、準1級の認定を取りたい、という方は、
これまで通り、「一般の部・認定講師の部」で予選通過し、
本選で金賞、銀賞、銅賞の入賞が必要です。

最終選考結果で上半期、下半期ランキングBEST10作品に選ばれた際、
作品を公開させていただく都合上、
カセットテープ、MDでのご応募はいただけませんが、
本選が動画応募となる一般の部・認定講師の部に比較して
ご応募いただきやすい部門です。


青空文庫朗読コンテスト 録音の部 へのご質問は、

info@roudokukentei.jp

まで、メールにてお問い合せをお願い申し上げます。

第15回 青空文庫朗読コンテスト 本選結果

2022年6月30日(木)12:00〜に、
一般社団法人日本朗読検定協会 公式Youtubeチャンネル
にて放送いたしました、

文部科学省後援 第15回 青空文庫朗読コンテスト本選

予選から選ばれた、一般/認定講師の部
合わせて40名の出場者で行われました。

その結果報告となります。

受賞結果動画はこちら


ゲスト審査員を務めてくださったのは、今回も、
元OSK日本歌劇団トップスターの女優・洋あおいさん
俳優・演出家の井本寛一さん

毎回抽選で選ばれる朗読検定(R)プロフェッサーからは、
福田雅世シニアプロフェッサー
引田さいこプロフェッサー


が本選審査員を務めてくれました。

審査員のみなさんも、何度も動画をご覧いただき、
長時間にわたる審査協力をいただきました!
心より御礼申し上げます。ありがとうございます!
お疲れさまでした!


【一般の部/認定講師の部】
※今回の満点は80点です。
※朗読検定1級および準1級の認定には、朗読検定2級試験および準2級試験の合格が必要です。

金賞 藤原芙美江さん(岩手県) 織田作之助「道なき道」 74点 ※朗読検定2級の合格で朗読検定1級認定

銀賞 山本美和子さん(大阪府) 織田作之助「道なき道」 71点 朗読検定2級の合格で朗読検定準1級認定

銅賞 高橋いづみさん(和歌山県) 吉川英治
「親鸞」 68点 ※準1級認定となります
銅賞 山木梨可さん(兵庫県) 吉川英治「親鸞」 68点
銅賞 定行恭子さん(兵庫県) 森鴎外「牛鍋」 68点 ※準1級認定となります

審査員特別賞 佐野和敏さん(東京都) 梶井基次郎「檸檬」
審査員特別賞 水谷英美さん(大阪府) 吉川英治「親鸞」


受賞された皆様、おめでとうございます!

なお、三賞(金銀銅)のいずれか受賞をされた方は、次回のコンテストにはご応募いただけないルールです。例:第15回で受賞された場合、第16回は応募できない
※一般の部/認定講師の部で応募の方のみ

今回も、受賞された方々以外も、大変印象に残る朗読を披露してくださった方ばかりでした。

なお、第10回 金賞受賞者 須田直さん、第11回 金賞受賞者 加藤博久さん、第12回 金賞受賞者 町田政則さん、第13回 金賞受賞者 三野友華子さん、第14回 金賞受賞者 結希美音さん、の朗読披露は後日、音源または映像として皆様にご披露いただく予定です。
※日本朗読検定協会公式Youtubeチャンネルでご案内いたします。


次回、第16回 青空文庫朗読コンテスト、
本選は、12月31日(土)12:00放送予定です。(放送終了は16:30頃)
今回の放送と同じく、プレミア公開になりますので、本選出場者の方、認定講師資格をお持ちの方以外は、放送日以降はご覧いただけません。

(本選出場者の方以外の一般の方への前回の本選動画公開は、次回の予選申し込みをされた方にお申し込み特典としてお知らせします)

第16回青空文庫朗読コンテスト 録音予選の受付日程は、2022年7月1日〜9月30日。
今回と同様、前期、中期、後期の3回に分けておこないます。

青空文庫朗読コンテストの、

・会場予選開催情報

を、毎週水曜日、一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンでお知らせしています。

こちらから、ご登録ください。

ぜひ、一般社団法人日本朗読検定協会 公式Youtubeチャンネルにご登録ください。

こちらから、ご登録ください。

第15回 青空文庫朗読コンテストホームページはこちら

【ご依頼募集】YouTube広告などのナレーション、ゲームのアフレコ、アテレコ引き受けます。

・YouTube広告
・インスタ広告
・オーディオブック


などのナレーションのお仕事、引き受けます。

(がんばって自分で読んでみたけど、どうも聞きづらい・・・)
(音声合成ソフトは味気ないし・・・・)
(よく見る、あの出版社のYouTube広告って誰が読んでるんだろう?)


とお悩みの方の、お役に立ちたいと考えております。

また、

・スマホゲーム
・コンシューマー機用ゲーム
・PCゲーム


の吹き替え、アフレコ、アテレコのご依頼もご相談ください。

当会には、プロ声優、プロナレーターだけでなく、プロを目指している、実績を作りたい方が多数おられますので、場合によっては、無償でお引き受け出来る場合もございます。

長編、ハイクオリティなもの、高度な表現力が必要な場合は、ご希望に合わせてご相談から承ります。

こちら

から、お気軽にご相談ください。


一般社団法人日本朗読検定協会
事務局

〜声優プロダクション、フリー声優のみなさまへ〜
当会は、お仕事のご依頼をいただいた後、案件は中間搾取無しで、そのまま振らせていたきます。
当会は、プロダクション的ビジネスモデルはいたしませんので、みなさまの商売敵ではない、ということです。

お仕事の案件を増やしたい、という方も、ぜひお問い合せください。
この活動を通じて、朗読検定、読み聞かせ検定、青空文庫朗読コンテストを、より多くの方に知っていただきたいとの思いでおこなっております。

第14回 青空文庫朗読コンテスト 本選結果

2021年12月31日(金)に、
一般社団法人日本朗読検定協会 公式Youtubeチャンネル
にて放送いたしました、

文部科学省後援 第14回 青空文庫朗読コンテスト本選

予選から選ばれた、高校生の部、一般/認定講師の部
合わせて40名の出場者で行われました。

その結果報告となります。

受賞結果動画はこちら


ゲスト審査員を務めてくださったのは、今回も、
元OSK日本歌劇団トップスターの女優・洋あおいさん
俳優・演出家の井本寛一さん

毎回抽選で選ばれる朗読検定(R)プロフェッサーからは、
佐藤久美子シニアプロフェッサー
益田真里子プロフェッサー


が本選審査員を務めてくれました。

審査員のみなさんも、何度も動画をご覧いただき、
長時間にわたる審査協力をいただきました!
心より御礼申し上げます。ありがとうございます!
お疲れさまでした!

【高校生の部】
※今回の満点は80点です。
金賞 山西月渚さん(北海道・札幌ミュージック&ダンス・放送専門学校) 宮沢賢治「注文の多い料理店」 69点

銀賞 倉前京佳さん
(静岡県・東海大学付属静岡翔洋高等学校 放送部) 宮沢賢治「注文の多い料理店」 66点

銅賞 小原みこの
さん(東京都) 新美南吉「花の木村と盗人たち」 65点

審査員特別賞 長谷川愛海さん
(東京都・東京都立小松川高等学校 放送部 新美南吉「花の木村と盗人たち」
審査員特別賞 中まりあさん北海道・札幌ミュージック&ダンス・放送専門学校) 太宰治「人間失格」


【一般の部/認定講師の部】
※今回の満点は80点です。
※朗読検定1級および準1級の認定には、朗読検定2級試験および準2級試験の合格が必要です。

金賞 結希美音さん(大阪府) 宮沢賢治「虔十公園林」 74点 ※朗読検定準1級認定

銀賞 西村実穂さん(岐阜県) 室生犀星「不思議な国の話」 67点
銀賞 麦島久美子さん(熊本県) 室生犀星「不思議な国の話」 67点 ※朗読検定準1級認定
銀賞 須山里華さん(島根県) 室生犀星「不思議な国の話」 67点 ※朗読検定準1級認定
銀賞 宮下詩麻さん(大阪府) 室生犀星「不思議な国の話」 67点 ※朗読検定準1級認定
銀賞 駒村則子さん(長野県) 江戸川乱歩「人でなしの恋」 67点 ※朗読検定準1級認定
銀賞 堤りつ子さん(京都府) 芥川龍之介「悪魔」 67点 ※朗読検定準1級認定
銀賞 小島香奈子さん(福岡県) 宮沢賢治「虔十公園林」 67点 ※朗読検定準1級認定
銀賞 きさらぎゆうこさん(東京都) 宮沢賢治「虔十公園林」 67点 ※朗読検定準1級認定


銅賞 森史絵さん(東京都) 
室生犀星「不思議な国の話」 66点 ※朗読検定2級試験に合格で準1級認定となります
銅賞 藤田紀子さん(滋賀県) 芥川龍之介「悪魔」 66点

審査員特別賞 塩原優香さん(東京都) 室生犀星「不思議な国の話」
審査員特別賞 石瀝技劼気(埼玉県) 江戸川乱歩「人でなしの恋」


受賞された皆様、おめでとうございます!

なお、三賞(金銀銅)のいずれか受賞をされた方は、次回のコンテストにはご応募いただけないルールです。例:第14回で受賞された場合、第15回は応募できない
※一般の部/認定講師の部で応募の方のみ

今回も、受賞された方々以外も、大変印象に残る朗読を披露してくださった方ばかりでした。

なお、第10回 金賞受賞者 須田直さん、第11回 金賞受賞者 加藤博久さん、第12回 金賞受賞者 町田政則さん、第13回 金賞受賞者 三野友華子さんの朗読披露は後日、音源または映像として皆様にご披露いただく予定です。
※日本朗読検定協会公式Youtubeチャンネルでご案内いたします。


来年、第15回を迎える青空文庫朗読コンテスト。
2022年最初の本選は、6月30日(木)12:00放送予定です。(放送終了は16:30頃)
今回の放送と同じく、プレミア公開になりますので、本選出場者の方、認定講師資格をお持ちの方以外は、放送日以降はご覧いただけません。

(本選出場者の方以外の一般の方への前回の本選動画公開は、次回の予選申し込みをされた方にお申し込み特典としてお知らせします)

録音予選の受付日程は、(2022年1月1日〜3月31日)
今回と同様、前期、中期、後期の3回に分けておこないます。

第15回は、本選出場枠が40名に拡大された回となります。

青空文庫朗読コンテストの、

・会場予選開催情報

を、毎週水曜日、一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンでお知らせしています。

こちらから、ご登録ください。

ぜひ、一般社団法人日本朗読検定協会 公式Youtubeチャンネルにご登録ください。

こちらから、ご登録ください。

第15回 青空文庫朗読コンテストホームページはこちら
プロフィール

代表理事

1970年大阪市生まれ。TBS系列で、TV・ラジオ番組の制作、ナレーター・声優事務所の営業マネージャーを経て、日本朗読検定協会設立に携わる。朗読検定(R)開発者。(一社)日本朗読検定協会 代表理事。NHK全国大学放送コンクールでは、第30〜35回の6年連続で本選審査員を務める。実父は文楽の三味線奏者、鶴澤清治。(重要無形文化財保持者/日本藝術院会員)親戚に、同じく文楽の義太夫、六代目竹本織太夫がいる。

読者登録
LINE読者登録QRコード
TagCloud
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ