(社)日本朗読検定協会 公式BLOG

(社)日本朗読検定協会の最新情報をお知らせするBlogです。引用文を除く記事本文の著作権は(社)日本朗読検定協会に帰属します。
朗読検定(R) は登録商標(登録第5249540号)です。 読み聞かせ検定(R) は登録商標(登録第5337712号)です。

認定朗読・読み聞かせ講師の登録数、全国2500名以上!
iPhone、iPad、Androidから、朗読検定(R)実技課題をご提出いただけます!

朗読の輪コンテスト

『青空文庫朗読の輪コンテスト』実施要綱(9/23追記)

本コンテストのテーマは、


『東日本大震災被災地の皆さんを朗読で励ます』

ことです。


『青空文庫朗読の輪コンテスト』
〜被災地に贈る、私の好きな物語〜

現在、決定している実施要綱をお知らせいたします。
この内容は、追記されていきます。(2011/9/23 AM11:17更新)

※テレビ岩手様が後援してくださることになりました!
※盛岡市教育委員会様が後援してくださることになりました!(2011/9/12)
※株式会社岩手めんこいテレビ様が後援してくださることになりました!(2011/9/12)
※株式会社岩手朝日テレビ様が後援してくださることになりました!(2011/9/9)
※株式会社アイビーシー岩手放送様が後援してくださることになりました!(2011/9/8)
※岩手県教育委員会様が後援してくださることになりました!(2011/9/7)

後援のご承諾をくださった皆様、当会一同、心より御礼を申し上げます!!

協賛作家様の作品につきましては、コンテスト会場での公開に限定し、特設BLOGには公開しないことに決定いたしました。著作権上の問題が複雑で、問題が起きる可能性があるため、一律このようにさせていただきました。何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。


※岩手県出身の協賛作家様、
茂市久美子先生澤口たまみ先生小野寺悦子先生柏葉幸子先生の全作品もお選び頂けるようになりました!(コンテスト会場で朗読する場合のみ)

※カセットテープ、MDでのご応募も可能になりました。詳しくは下記をご覧ください。
※副賞につきまして、「賞金」を記載しておりましたが、景品表示法に違反する懸念がございました為、代替のものを検討しております。大変申し訳ございませんが、ご容赦願います。
※同一の方が個人の部、グループの部両方にご応募いただくことも可能です。

【場所】

アイーナいわて県民情報交流センター
4F アイーナスタジオ


【日程・時間】

2011年11月12日(土)
AM11:30〜PM3:00


【申し込み・応募期間】
2011年8月18日(木)〜9月30日(金)
※10月10日(月) 課題必着


【一次選考】

2011年10月11日(火)〜


【選考基準】
・原稿を持たない聴き手に内容が伝わる読み方ができているか
・抜粋の場合、続きを聴きたくなるような抜粋ができているか

【結果通知】

2011年10月17日(月) 本BLOGにて、一次選考を通過した方のエントリーナンバーをお知らせ
※別途、講評はコンテスト参加者の方全員にお送りさせて頂きます。


【本選出場枠】
個人の部:15名
グループの部:10組

※同一の方が個人の部、グループの部両方の部門にご応募いただくことも可能です。

【参加費・お申し込み方法】※一組あたり
個人の部 :¥3,150
グループの部 :¥5,250 ※2名以上5名以下
※参加費のお振込みをもって、お申し込み完了といたします。


info@roudokukentei.jp
 まで、
『青空文庫朗読コンテスト 参加申し込み』
という件名で、郵便番号、ご住所、ご氏名、ご年齢、連絡先お電話番号をご記入の上、メールをお送りください。
※(社)日本朗読検定協会 認定教室からのお申し込みも出来ます。


【募集部門】
個人の部:一人で読む場合
団体の部:グループで読む場合 ※2名以上5名以下 群読・輪読・朗読劇 いずれも可。


【応募条件】
1.本選出場者に選ばれた場合、岩手県盛岡市 アイーナいわて県民情報交流センター までお越しいただける方。
※交通費のご負担が必要になります。 あらかじめご了承ください。
※岩手県下以外からお越しの場合、交通費補助が適用されます。 詳しくはお問い合わせください。


個人の部:上限2万円の交通費補助(お一人あたり)
グループの部:上限3万円の交通費補助(1組あたり)


今回、チラシやパンフレットを作らない代わりに、交通費の補助をさせていただくことにいたしました。

ささやかではございますが、上記の交通費を負担させていただこうと思います。
※交通費負担分は、本選会場にて清算させて頂きます。
※誠に申し訳ございませんが、岩手県下からお越しの皆様には交通費補助は適用されません。
※居住されている地域によって、補助の金額を設定しています。 詳しくはお問い合わせください。


例:東京都に在住されている方の場合、上限金額の支給となります。


2.応募作品を下記のルールにしたがって決めてくださる方
 ・インターネットの電子図書館『青空文庫』にデータ化されている著作権が消滅している作品
 ・または、協賛作家様茂市久美子先生澤口たまみ先生・小野寺悦子先生・柏葉幸子先生の全作品 
 ・抜粋朗読の場合は、必ず下記のルールにしたがってください。
  ・読む範囲は自由ですが、“文章”や“単語”を書き換えたりすることは出来ません。
  ・読む範囲は必ず連続したものにしてください。(例:1Pから3Pまでを読む際、2Pを飛ばし3Pを読む等の“省略”や“中略”は禁止です。)


3.朗読時間は、下記ルールにしたがってください。
 ・個人の部は、 3分00秒以内
 ・グループの部は、 4分00秒以内


4.応募方法
下記のルールにしたがって、作品朗読を録音したものをお送りください。

『青空文庫朗読の輪コンテスト』特設BLOGに掲載を希望されない方の場合
※『BLOG掲載は希望いたしません』とお申込み時にお知らせください。
・カセットテープ
・MD
・CD(オーディオCD形式。 CDプレーヤーで再生できるもの。)
・MP3データ(128kbps モノラル。 メールで送信可)

『青空文庫朗読の輪コンテスト』特設BLOGに掲載をさせてくださる方の場合
※青空文庫掲載の、著作権消滅作品に限ります。協賛作家様の作品は、公開出来ません。
・CD(オーディオCD形式。 CDプレーヤーで再生できるもの。)
・MP3データ(128kbps モノラル。 メールで送信可)

BLOG公開において音質の安定化を図る必要があるため、このようにさせていただきました。


【一次選考】
130字以内「被災地の方々へのメッセージ」または、「作品を選んだ理由」
※特設BLOGでメッセージのご紹介、コンテスト課題の朗読音声の公開をいたします。
※インターネット上で投票を受け付けるコンテストではありません。

今回、被災地に暮らす多くの方々にもお聴き頂けるよう、原則、すべての応募作品は、130字のメッセージと共に、インターネット上で聴けるようにしたいと思います。

応募された作品は、原則、すべての作品を特設BLOGで公開させていただきます。

※非公開をご希望の方は事前にお知らせください。
※著作権が消滅したもの限定。
協賛作家様の作品については、インターネットでの公開はできません。
※極端に雑音が大きい等、場合によっては公開されない場合もございます。

※公開は、ペンネームにすることも可能です。

※メッセージは、130字書く必要はありません。簡単のものでも結構です。

【各賞】
個人の部
金賞:賞状 および金メダル
銀賞:賞状 および銀メダル
銅賞:賞状 および銅メダル
その他、特別賞2枠

※金賞、銀賞、銅賞の入賞は、朗読検定1級、準1級の合格認定基準にもなります。(要朗読検定2級の合格資格
※金賞、銀賞、銅賞に入賞された方が、後に朗読検定2級に合格することで準1級の合格認定ということも可能です。


グループの部
金賞:賞状 および金メダル
銀賞:賞状 および銀メダル
その他、特別賞1枠


【審査員】
池坊保子:衆議院議員
渡辺知明:(社)日本朗読検定協会 副理事長/コトバ表現研究所所長

サノスミコ:フリーアナウンサー/日本朗読検定協会 前会長
ほか2名 ※決定次第発表致します。


【主催】
一般社団法人 日本朗読検定協会


【企画・制作】
『青空文庫朗読の輪コンテスト』実行委員会

【後援】
岩手県教育委員会 盛岡市教育委員会 (株)アイビーシー岩手放送 (株)岩手朝日テレビ めんこいテレビ テレビ岩手

【協賛】
※決定次第、随時お知らせいたします。
※協賛してくださる企業様を募集中です。(一口4万円から)
※協賛くださった企業様には口数に応じて、『池坊美佳のさわやか文庫』番組内で、商品やご活動のご紹介をさせていただきます。 番組は、近畿圏ではCRKラジオ関西、iTunes ポッドキャストでは全国でお聴き頂けます。
※コンテスト期間中は、(社)日本朗読検定協会 公式ホームページ、特設BLOG、本BLOG等にバナーを貼ることも可能です。

協賛作家の皆様(50音順) 
小野寺悦子先生
柏葉幸子先生
澤口たまみ先生
茂市久美子先生



【よくあるご質問】


Q1:【著作権が消滅した作品に限る、とありますが、青空文庫に掲載されている作品はすべて対象内ですか?】


青空文庫さんの場合、著作権が存続している作家さんは、


*著作権存続*


と記載されています。


例えば、下記のページをご覧ください。
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person_ha.html


以下、青空文庫さんのホームページより転載
……………………………………………………………………………
著作権の保護期間が切れる年月日の計算方法(日本の場合):
著者が1950年1月1日に亡くなっても、1950年12月31日に亡くなっ
ても、著作権が切れるのは2001年1月1日です。
つまり、(亡くなった年)に51を足した年の1月1日に保護期間が
切れます。
……………………………………………………………………………

その他、著作権については、社団法人著作権情報センターが詳し
い情報をホームページに公開しています。 → http://www.cric.or.jp/index.html



Q2:【物語の好きな部分を一部抜粋でも良いのでしょうか?】


はい。
読む時間の制限があるため、ほとんどの場合で抜粋朗読になると思われます。


ただし、連続した一つながりの部分抜粋に限ります。

文章中の単語や、段落の「途中を削除」することはコンテスト規定外となります。


連続した一つながりの部分抜粋とは、

例えば、作品全体が1ページから5ページまでの場合において、時間的には2ページ分しか読めない場合、


正しい例:1ページと2ページだけ読む。 4ページと5ページだけ読む。

誤った例:1ページと5ページだけ読む。 3ページと5ページだけ読む


となります。


Q3:【協賛作家さんの作品を読みたい場合は、コンテストに出場できないのですか?】


A3:いいえ。
一次選考も本選も、コンテストに出場していただくことが可能です。
(協賛作家様の作品でご応募された場合は、インターネットの特設BLOGにて音声の公開をしないことに決定いたしました。)

インターネット特設BLOGにて公開を希望される方は、Q1をご参考に、青空文庫化されていて著作権が消滅している作品をお選び下さい。

『青空文庫朗読の輪コンテスト』のお知らせ

久々にBLOG書きます。(実施要綱は記事を別にしました。)
村山です。


今日のメルマガで、

『青空文庫朗読の輪コンテスト』

を、11月12日(土)、岩手県盛岡市で実施するとお知らせしました。


あまりに突然のことで皆さんも驚かれたのでは無いでしょうか。

私も驚きました。(笑)


まず、タイトルに、『青空文庫』と入れるのは今回が初めてになります。

もちろん、無断ではなく、青空文庫の富田倫生様にご相談をし、世話役の皆様にもお許しいただいての事です。

富田様、青空文庫の世話役の皆様、本当にありがとうございます。


今回のコンテストのテーマは、

『東日本大震災被災地の皆さんを朗読で励ます』

ことです。

多くの読む人、聴く人に喜んでもらえるようにしたいと思うのです。


今回、参加をしてくださる方々には、本当にご不便をかけます。

例えば、11月12日(土)、この日に都合がつかない方もおられるかと思います。

そして、交通費がかなり掛かるからと、あきらめモードになっている方もおられるのではないでしょうか。


実は、2年前、朗読の輪コンテストを実施した時から、交通費の負担を何とかしたいと思っていました。

今回は、金額の上限はありますが、本選出場者となった方の交通費の補助をしたいと思います。
本当は、全額負担したいところなのですが、無理でした・・・

個人の部:上限2万円の交通費補助(お一人あたり)
グループの部:上限3万円の交通費補助(1組あたり)

今回、チラシやパンフレットを作らない代わりに、交通費の補助をさせていただこうと思いました。

大変ささやかではありますが、上記の交通費を負担させていただこうと思います。
※交通費の補助は、当日、本選会場にて清算させて頂きます。
※誠に申し訳ございませんが、岩手県下からお越しの皆様には交通費補助は適用されません。
※居住されている地域によって、補助の金額を設定しています。 詳しくはお問い合わせください。

例:東京都に在住されている方の場合、上限金額の支給となります。


もう一つ、

出来るだけ多くの方にお聴きいただけるよう、
応募された作品は、原則、すべての作品を特設BLOGで公開させていただきます。
※非公開をご希望の方は事前にお知らせください。
※著作権が消滅したもの限定。
※著作者様の特別許諾作品については、公開できない場合がございます。

皆さんに書いていただいた、140字以内のメッセージを添えて公開いたします。
もちろん、ペンネームにすることも可能です。

被災地に暮らす方々に、何か伝えたいと思ってご参加くださるわけですから、皆さんの想いを、形として残そうと思いました。


ただし、

今回はご応募いただく際の、メディアを限定させていただきます。

・CD
(オーディオCD形式。 CDプレーヤーで再生できるもの。)
・MP3データ(128kbps モノラル。 メールで送信可)

ある程度の音質の安定化と、BLOG公開のため、このようにさせていただきました。
※極端に雑音が大きい等、場合によっては公開されない場合もございます。

コンテスト速報!5

本日行われました、本願寺出版社主催の、

朗読の輪コンテスト本選、および、読書感想文コンテストの入賞者の皆さんを発表させて頂きます。

と、その前に・・・


本当に、皆さん、大変な天候の中(大雨)、遠方からお越し頂きましてありがとうございました!!!

特に、ボランティア同然で一般審査員をお務めいただいた皆様には、心からお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました!!!

また、今回、KBS京都 「京都新聞ニュース」(17:55〜)でもコンテストの模様の一部をお知らせ頂きました。
報道局の小川さん、クルーの皆さん、ありがとうございました!!!

審査委員長の中川晟先生、本願寺出版社の長屋善洋編集長、劇団往来の鈴木健之亮代表、池坊美佳さん、司会の国木田かっぱさん、お疲れ様でした!
朗読の輪コンテストの模様2






沢山反省点もあるコンテストではございましたが、次回はもっと多くの皆さんに満足して頂けるように、より良い、「朗読の輪コンテスト」「読書感想文コンテスト」にしていきたいと思います。
朗読の輪コンテストの模様1






さて、お待ちかねの「朗読の輪コンテスト・本選」の各部の入賞者の方の発表をさせていただきたいと思います。
※得点は、優勝、準優勝の方のみ公表致します。
※今回は50名に満たなかったため、一般審査員の満点点数は出来るだけ500点に近い点数に調整をして集計をおこなっております。


【個人の部】
審査委員500点/一般審査員492点
合計992点が満点

・優勝・賞状および副賞 賞金10万円
野々原順子さん
/大阪府(871点)

・準優勝・賞状および副賞 賞金5万円
小濱紀子さん
/東京都(868点)

・審査員特別賞・賞状および副賞 図書カード1万円分
鳴尾遊太さん
(高2)/福井県


【グループの部】
審査委員500点/一般審査員495点
合計995点が満点

・優勝・賞状および副賞 賞金9万円
大澤めぐみさん
/大阪府(897点)
森たくあんさん/大阪府
尾辻優実さん/大阪府

・準優勝・賞状および副賞 賞金6万円
尾形さゆりさん
/岩手県(884点)
佐藤久美子さん/岩手県

・審査員特別賞・賞状および副賞図書カード1万5千円分
梅田奈央さん(小5)/福岡県
小寺日向さん(小5)/福岡県


という結果となりました。

私は、本選に選出された方の予選を観ておりますし、聴いてもおります。
正直、誰が優勝されてもおかしくないレベルだと思っておりました。

おそらく、会場で聴いていた皆さんも同じように思われたと思います。

ここで、本選出場者の皆さんの点数を公表しないのは、入賞しなかった方が「下手」だったわけでは無いからです。

例えば、何も知らない方が御覧になった時、そういう誤解を与えないために公表しないことにしようということで決定致しました。

色々ご意見もお有りかとは思いますが、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。



続きまして、読書感想文コンテストの大賞を受賞された皆さんをお知らせ致します。
読書感想文コンテスト表彰式






【小学生の部・大賞】/賞状および副賞 図書カード2万円分
野々原萌夏さん
/大阪府(小4)

【中高生の部・大賞】/賞状および副賞 図書カード2万円分
宮尾京佳さん/兵庫県(中1)

【一般の部・大賞】/賞状および副賞 図書カード2万円分
中西美穂さん/大阪府


以上の皆さんです。

「読書感想文コンテスト」大賞受賞の皆さんには、審査委員長の中川晟先生が、何と、直筆で書いてくださった講評を受け取られました。


さて、今回の受賞者の皆さんは、

月刊「大乗」9月号誌上でご紹介させていただく場合がございます。

また、朗読の輪コンテスト優勝者の方には、CRKラジオ「池坊美佳のさわやか文庫」(日曜朝5:30〜)にもご出演頂く予定です。

本選での裏話や、上達のコツなどが聞けるかもしれません。

放送日は決定次第お知らせ致します!

お楽しみに!!


※本記事中の写真はすべて、富士フイルム製コンパクトデジタルカメラ FinePix F200EXRを使用して撮影されています。
FUJIFILM デジタルカメラ FinePix (ファインピックス) F200 EXR シルバー FX-F200EXRS
FUJIFILM デジタルカメラ FinePix (ファインピックス) F200 EXR シルバー FX-F200EXRS
クチコミを見る

いよいよ明日!5

明日、7月25日(土) 13:00〜
京都 西本願寺 聞法会館 3F 多目的ホールにて、

「朗読の輪コンテスト」本選 および、
「読書感想文コンテスト」表彰式
(※表彰式は16:45頃となります)が行われます。


今回、予選の段階でも90点代の方が多く、ハイレベルな戦いとなっていました。

そんな中、本選に出場となった皆さんは、どのような朗読を聴かせてくれるのでしょうか。
非常に楽しみですね!


朗読を学んでいる方や、惜しくも本選出場とならなかった方も、是非、応援に来てあげて下さい!

24組の素晴らしい朗読を聴くことができる大きなチャンスです!!


朗読は、聴くことで上達するものだと思います。

基礎や理論も大切ですが、

人の上手なところを真似ること

これが自分の朗読スタイルを完成させる近道です。

真似るには、観察眼が必要になってきます。

観察眼は人の朗読を聴くことで磨かれます。

観察眼が身につけば、自分の朗読を録音して聴き直す時に、

どこをどうすれば良くなるか

がわかるようになってきます。


一組あたり、3分か4分。

集中して聴くことが出来る時間の長さになっています。

BGMや効果音も一切無し。

朗読する人だけで作り出す物語の世界。


祇園祭りも、天神祭も、朗読の輪コンテストを観てから行きましょう!

お祭りは夕方から行くのが基本です!(笑)



本選出場者発表!5

「朗読の輪コンテスト」「読書感想文コンテスト」参加者の皆様には、予選結果の通知につきまして、大変お待たせをいたしており、大変申し訳ございません。

今後に活かして頂くための講評を清書いたしておりますので、大変時間が掛かっております。

その為、結果の通知は今暫くお待ちいただく事になりますが、

まずは、総勢432名の参加者の中から勝ち抜かれ、本選出場者となられた方の発表をさせて頂きます。


朗読の輪コンテスト −本選出場者−

【個人の部】※順不同
野乃原 順子さん(一般/大阪)
飯田 章子さん(一般/滋賀)
宮本 幸子さん(一般/神奈川)
小濱 紀子さん(一般/東京)
鳴尾 遊太さん(高校生/福井)
宇田川 智恵子さん(一般/東京)
中道 大介さん(一般/大阪)
峰松 節子さん(一般/大阪)
小西 君子さん(一般/大阪)
呉本 智佳子さん(一般/大阪)
堀越 花音さん(小学生/京都)
来栖 史江さん(一般/兵庫)


【グループの部】※順不同
山野辺 真己さん(一般/大阪)
西本 未来さん(一般/大阪)

尾形 さゆりさん(一般/岩手)
佐藤 久美子さん(一般/岩手)

大澤 めぐ美さん(一般/大阪)
森 たくあんさん(一般/大阪)
尾辻 優実さん(一般/大阪)

梶原 信也さん(一般/佐賀)
溝上 久美香さん(一般/佐賀)
瀬戸口 愛美さん(一般/佐賀)

林本 和子さん(一般/京都)
道教 泰子さん(一般/京都)

米澤 菫花さん(中学生/大阪)
長谷川 はるかさん(中学生/大阪)

岩元 千夏さん(中学生/大阪)
石田 涼香さん(中学生/大阪)

小川 八重子さん(一般/兵庫)
神澤 純子さん(一般/兵庫)

藤原 優さん(高校生/福岡)
中尾 政也さん(高校生/福岡)

前田 規帆さん(高校生/兵庫)
坂口 稜真さん(高校生/兵庫)
箕浦 のどかさん(高校生/兵庫)

賢見 羽衣さん(中学生/兵庫)
高島 千嘉さん(中学生/兵庫)

梅田 奈央さん(小学生/福岡)
小寺 日向さん(小学生/福岡)


以上の皆さんが総勢432名の予選を通過された39名です。

しかしながら、今回、惜しくも本選出場とならなかった皆さんも、本選出場者の皆さんに大きく劣るというわけではありません。

実際、同点の方が多数おられた為、一組に対して4名の審査員にて再審査を行うなど、選考には慎重に慎重を重ねました。

その結果、上記の皆さんに決定いたしました。


余談ですが、本選出場者のほとんどの方が、

一般審査員を希望

しておられました。(注:本選出場者の方はなれません)


他の人の朗読から学ぼうという姿勢が、予選の朗読に出ていたのかもしれませんね。

惜しくも本選出場とならなかった方も、ぜひ、会場にお越し下さい。

あなたの朗読をレベルアップさせるヒントが見つかるかもしれませんよ?



朗読の輪コンテスト −本選−
読書感想文コンテスト −表彰式−

開催日:7月25日(土)
時 間:13:00〜 個人の部  15:00〜 グループの部
場 所:京都 西本願寺 聞法会館3F 多目的ホールにて
入場料:無料


プロフィール

村山博之

昭和45年大阪市生まれ。TBS系列で、TV・ラジオ番組の制作、ナレーター・声優事務所の営業マネージャーを経て、日本朗読検定協会設立に携わる。朗読検定(R)開発者。(一社)日本朗読検定協会 代表理事。NHK全国大学放送コンクールでは、第30〜35回の6年連続で本選審査員を務める。実父は文楽の三味線奏者、鶴澤清治。(重要無形文化財保持者/日本藝術院会員)親戚に、同じく文楽の義太夫、六代目竹本織太夫がいる。

Twitterやってます。
読者登録
LINE読者登録QRコード
TagCloud
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ