(社)日本朗読検定協会 公式BLOG

(社)日本朗読検定協会の最新情報をお知らせするBlogです。引用文を除く記事本文の著作権は(社)日本朗読検定協会に帰属します。
朗読検定(R) は登録商標(登録第5249540号)です。 読み聞かせ検定(R) は登録商標(登録第5337712号)です。

認定朗読・読み聞かせ講師の登録数、全国2500名以上!
iPhone、iPad、Androidから、朗読検定(R)実技課題をご提出いただけます!

朗読インストラクター

4(よ)月3(み)日は「読み聞かせの日」です。

4月3日は、

「読み聞かせの日」

です。

BS朝日「週刊記念日 〜この日何の日〜」
http://www.bs-asahi.co.jp/kinenbi/

の、

3月30日(日) 16:45〜17:00

放映分で、

「読み聞かせの日」を制定した、
当会の活動理念をご紹介いただきます。

衛星放送を視聴出来る方は、
ぜひ、御覧ください。

ご覧になれなかった方は、下記からご覧いただけます。


読み聞かせの日には、

大阪で催しがおこなわれます。

『世界三大名作童話 読み聞かせ会』

日 時:4月3日(木)13:30〜

場 所:大阪歴史博物館 4F 第一研修室
入 場:無料
住 所:大阪市中央区大手前4丁目1-32
主 催:株式会社朗読研究社
後 援:一般社団法人日本朗読検定協会

交通アクセス:【電車でお越しの方】
大阪市営地下鉄・谷町線・中央線「谷町四丁目駅」2号・9号出口

上記催しには、

大阪で活躍中の、
プロフェッサー、
朗読インストラクターの方々も出演されます。


また、読み聞かせの日関連イベントとして、

4月5日(土)、東京にて催しがおこなわれます。

〜「むかしばなし」は耳で、読もう!〜

人の口から口へ、「語り」によって伝えられてきた昔話。
その本当の魅力は、耳で聞くことで初めてわかるのかもしれません。
朗読で、昔話の面白さをたっぷり味わってみませんか?
BookBoomさんの催しご紹介文より)

『いまむかしえほん朗読会』
http://haduki48.blogspot.jp/2014/02/45.html

日 時:4月5日(土)14:00〜15:30

場 所:世田谷区砧図書館
入 場:無料
住 所:東京都世田谷区祖師谷3-10-4
主 催:BookBoom(シュナック千賀子/武田美香)
朗 読:世田谷区・杉並区の親子/前田裕己(朗読インストラクター)/飯干大嵩(朗読検定準1級認定者)/徳永健/富本広美
声 楽:堀江康江
ヴァイオリン演奏:星野美葉
朗読指導:葉月のりこ
協 力:世田谷親子読書会インディアンのお話

※以上、敬称略

お問い合せ:bookboom365@gmail.com

交通アクセス:
【電車・バスでお越しの方】
小田急線・「祖師ヶ谷大蔵駅」・「成城学園前駅」徒歩7分

こちらは、

前田裕己インストラクター、

朗読検定準1級認定者の飯干大嵩さん、

が朗読出演をされます。

都内、近郊にお住まいの方は、ぜひ、ご鑑賞ください。

朗読で世の中を変えられるのです。

もし、あなたが、

「人を喜ばせる仕事をしたい!」
「人に感謝されたい!」

と思っているなら、

私たちと一緒に実現させませんか?
朗読を教えることで。


既に、朗読をしているあなたは、
悩んだことが無いかもしれません。

しかし、世の中には、

人に親切にされず、
ひとたび口を開けば、誤解され、
友だちも出来ず、

いつも寂しい思いに満ちている人が、たくさんいます。

そして、職場では、

何度もお客様に聞き直しをされ、

上司や同僚には、

「何か暗いね・・・」

と言われ、

部下や後輩には、

「(・・・色々教えてくれているみたいだけど、正直言って、わかりにくい。)」

と思われている人が、たくさんいます。

朗読の訓練で、
全て、解決できます。

例えば、
多くの人は他人に対して、

「ありがとう!」

の気持ちを声で伝えることが出来ません。

なぜなら、
声での表現の訓練をしていないからです。

声で、
「ありがとう!」の気持ちを伝える表現の訓練をしていないから、

「ありがとう。」

と心から言っても、

相手には、

「(何だよ・・・親切にしてあげたのに。素っ気ないなぁ!)」

と誤解されたりするのです。


朗読は、
気持ちを伝える訓練になります。

相手に、感謝の気持ちが伝わるようになれば、

「(あの人に親切にしてあげたら、気持ちがいいなぁ! また、何か困っている時は、助けてあげよう!)」

と思われるようになります。

自然に、人が集まるようになります。

例えば、

うれしい気持ち、感謝の気持ちを伝えられる人が、
学校や、職場でいじめられるでしょうか?

そんな人ばかりになれば、
世の中から、いじめは無くなります。

誰だって、感謝の気持を表されたらうれしい。
また、何かしてあげたいと思います。

その連鎖が出来れば、

世界は他人を思いやる心に満たされ、
寂しい人がいなくなり、
助け合い、親切が増え、
争いごとが無くなります。

難しいこと無しで、
朗読で世の中が変えられるのです。

朗読検定は、朗読普及のためのツールとして、
つくられました。

誰もが、
最初の一歩を踏み出せるように。

誰もが、
楽しみながら上達できるように。

誰もが、
他人の気持ちを考えられるように。

そして、

誰もが、
「ありがとう」
を伝えられるように。


朗読を普及させ、
世の中を明るく、あたたかく変えていきませんか?

私たちと一緒に。


【認定教室&朗読インストラクターを大募集!】
http://blog.livedoor.jp/roudokukentei/archives/1759684.html

ニ級朗読インストラクター認定講座 日程のお知らせ(随時更新)

2020/1/29 スマートフォンをお持ちの方なら、いつでも、どこでも、二級朗読インストラクター資格を取得できる通信講座の学校「声の表現アカデミー」ができました!詳しくは、こちら


二級朗読インストラクター資格は、

・朗読スキルや知識を活かし、実益につなげられる
・生徒さんを集め“仲間づくり”ができる
・協会本部のサポートを得ながら、失敗しない教室運営ができる
「何を」したら良いのかがわかるようになる

という、朗読講師資格です。

二級朗読インストラクター資格取得をされると、

(一社)日本朗読検定協会という人の集まりの、後ろ盾が出来ます
初級者、入門者の方に朗読指導が出来るようになります
活動していく上で、集客の仕方など、わからないことをいつでもご相談いただけます
北海道から沖縄まで、全国2500名以上の朗読インストラクター、読み聞かせインストラクターなどの認定講師が属する、(一社)日本朗読検定協会 認定講師という肩書きが持てます
指導経験が皆無でも、恥をかかない、教え方のコツが身につきます。

【二級朗読インストラクターのメリット】
生徒さんからの答えにくい質問の回答を本部に求めることができます。
困ったことが起きた時、経験豊富な人が集まる協会本部に相談することができます。
活躍している講師のやり方がわかります。
協会の後ろ盾が持て、自信を持って、安心して活動できます。
あなたに合った生徒さんを集める、集客の仕方がわかります。
一人ではできなかったことができるようになり、活動の幅が広がります。
朗読指導の基本がわかります。
年会費(月額1,100円)以外、ロイヤリティは一切不要です。
信用度が向上し、あなたが接するお相手に、安心感をもってもらえます。
朗読検定の過去問データを取得できます。
(供給は、PDF形式等でメール添付となります)
プロフェッサーの管理のもと、「朗読検定 受検対策講座」を開講していただけます。
(一社)日本朗読検定協会の公式初級教材をお使いいただけます。
(1冊単位からOK)
(一社)日本朗読検定協会公式メールマガジンで、催しの告知をすることができます。(無償)

現在、朗読検定(R)認定プロフェッサー資格者の方によって、

岩手県盛岡市内、
埼玉県内、
東京都内、
東京都調布市内、
神奈川県藤沢市内、
長野県中野市近郊、
鹿児島県鹿児島市内で、

「二級朗読インストラクター認定講座」


を随時、開講いたしております。

※本講座の受講には、「朗読検定2級」の合格資格、または、相当の実力を認定する、特別認定試験での合格が必要になります。特別認定試験に関しては、info@roudokukentei.jp までお問い合せ下さい。
※二級朗読インストラクター資格取得には、必ず、A・Bの両講座の受講が必要です。


まずは、
ゼロの状態から生徒さんを募集し、
生徒さんに喜ばれ、お月謝をいただける教室運営ができるように
なっていただきます。

実際に教えるようになると、

何十年の指導経験がある人でも、
実際の生徒さんに接していると、
必ず、わからない、対応ができない事が出てきます。

「生徒さんからの質問が即答できない内容だった・・・
どうしたら上達させてあげられるのかわからない・・・
「効果的な練習方法は・・・?

そんな時、一人だとご不安になりませんか?

個人講師は、孤立無援になる場合が多く、

あなたの不安は、瞬間的に、
そのまま生徒さんに伝わってしまいます。

そんな不安も、

初めて朗読をするという方から、小学生、中高生、大学生、
ベテランやプロの方まで、幅広い方が受検する朗読検定
を実施している、
日本朗読検定協会のプロフェッサー、二級朗読インストラクターになれば、

協会本部のサポートを得ながら、
安心して、楽しく、
朗読指導に集中できます。


下記に、二級朗読インストラクター認定講座をご案内いたします。

いずれも、

・指導法を学ぶA講座
・講座運営上必要な集客方法、心構えを学び、自信を付けるB講座

のA講座、B講座、2つの講座を受講いただく必要があります。


【A講座】

・朗読の基礎・応用指導法


【B講座】
・自信を持って指導にあたるための心構え
・指導経験が皆無でも、恥をかかない教え方
・生徒さんの集め方(「誰が」一番喜ぶか?)
・指導に対しての不安を取り除く
・生徒さんの心をつかむ方法 など
・受講者が30名まで対応できる、満足度を高める“鉄板の法則”


【大阪の開講日程(最寄り駅:新大阪駅)】


※大阪以外での講座スケジュールにつきましては、下記までお問い合わせください。


岩手県盛岡市内の日程に関しては、
認定教室「KOTOSE音読教室」 佐藤久美子先生にお問い合わせください。
info@kotose.com

埼玉県内の日程に関しては、
認定教室「ろうどく倶楽部」 上田あゆみ先生にお問い合わせください。
お問い合せ

東京都区内の日程に関しては、
認定教室「プチプラージュ」 葉月のりこ先生にお問い合わせください。
haduki48@gmail.com

東京都調布市内の日程に関しては、

認定教室「ソフィアの森」 斉藤ゆき子先生にお問い合わせください。
お問い合せ

 

神奈川県藤沢市内の日程に関しては、

認定教室「海のまち朗読館」 海野尾順子先生にお問い合わせください。
お問い合せ


長野県の日程に関しては、

認定教室「アトリエ A&R」 今井理恵子先生にお問い合わせください。
お問い合せ

鹿児島県近郊の日程に関しては、

認定教室「すまいるカフェ」 もちだひろこ先生にお問い合わせください。
※B講座のみ、福岡県福岡市内、または、インターネット会議システムを使っての講習となる場合がございます。
お問い合せ
 

A講座、B講座の日程の組み合わせは、連続していなくても受講いただけます。

例えば、


A講座を17日に受講。

B講座を16日に受講。


というように、順序が逆のパターンも可能です。

朗読講師になり、さらなる自信とやりがいを手に入れましょう!


−2級朗読インストラクター認定講座−

【受講費用内訳】

・認定講座受講料 78,800円 ×2日間=157,760円
・認定登録料 23,200円 (税込 ※初年度年会費13,200円含む)
・認定試験受験料 5,800円(税込) 

合計186,600円(税込) 一般価格
※一般価格は、クレジットカードでもお支払いいただけます。(分割も可ですが、お問い合わせください)
合計 177,100円(税込) ※2019年10月1日〜 現金一括払い割引価格

資格認定の後、下記の資格証が授与されます。
(キャッシュカードサイズのプラスティック製です)

qualified_card

※資格は、一年ごとの更新となります。
 取得された月から、翌年の前月末までが一年の単位となります。

 更新の際には、新しい認定証を発行いたします。

 また、更新時には年会費が必要となります。

 年会費 13,200円(税込) ※翌年の更新時から必要です

 
※当会へのご寄附等、当会の活動に多大な貢献をしてくださった方につきましては、更新時年会費が免除となる場合がございます。
 ※体調を崩されたなど、公に講師資格を表示しない、口頭で名乗らないという場合は、資格維持年会費6,600円(税込)となります。その場合は、新しい有効期限の講師カードの発行はされません。
 ※朗読指導をするしないに関わらず、発表会等でも、インターネット上(SNSやBLOG)等、公に講師資格を表示する、名刺やプロフィールなど紙面に記載する、口頭で名乗る場合は、年会費13,200円(税込)の納付が必要です。


一般社団法人日本朗読検定協会は、
朗読・読み聞かせの検定試験団体であるだけでなく、
朗読・読み聞かせ講師の人たちの集まりです。

朗読・読み聞かせ講師の組織化をしたことで、
自分一人では出来なかったことができるようになったり、
多数の認定講師の知識と経験の蓄積を活かすことができます。


二級朗読インストラクター認定講座に関するご質問は下記まで、お気軽にどうぞ。

協会本部では「二級朗読インストラクター認定講座」は開講しておりませんので、
お申し込みの際には、上記でご案内の、朗読検定(R)認定プロフェッサー資格者の方にお申し込みをお願いいたします。

【お問い合わせ先】
(一社)日本朗読検定協会 担当:前田・伊藤
TEL:06-6920-3211
メール:
info@roudokukentei.jp

128,057,352人の朗読検定

どうも朗読は、ニッチだと思われているようです。

ニッチという言葉は、

限定的なニーズ、需要

という意味で使われる言葉です。

つまり、朗読をする人は少数派だと・・・
こう思われているのです。

確かに、少数派・・・と言えばそうかもしれませんね。

でも、実は、無意識に朗読をしているのです。
少なくとも、1億人くらいは。


書かれた文字を声に出して読むことを音読と言います。

書かれた文字を“誰かに伝えるために”読むことを、朗読と言います。


ちょっと想像してみてください。

本や、何かしらの原稿を持って声に出して読む姿です。


学校の先生は、教科書を読みます。

お医者さんも、患者さんに症状の説明をする時、スライドや資料を読みます。

弁護士さんも、依頼人の方に説明をする時、資料を読みます。

企画書をプレゼンする人も、もちろん、原稿や資料を読みます。

販売員の方も、カタログを手に、書かれていることを読みます。

結婚式のスピーチも、何かしらの原稿を読みます。

他にもたくさんあると思いますが、全部、朗読です。

朗読は「表現」だから、大げさに演技をする読み方を言うのでは?
そう思いましたか?

小説など、物語であれば、そういう伝え方が聴く人を楽しませるかもしれませんね。


でも、朗読の目的は、「伝えること」なので、
演技やキャラクターボイスを使わなくても良いのです。
あなたが読むことで、「表し」、相手の心のなかに、それが「現れ」ば良いのです。
それが“表現”なのです。


それに、

「別に、書かれたものを声に出して読む仕事はしていない。」

という方も、家族や友人、恋人など、誰かと会話をしたり、ことばで何かを伝えることは必ずしています。

書かれたものを読むのではなく、自分の頭の中にあること、記憶していることを話すにしても、

ことばの表現力のあるなしでは、結果が全く違います。

その証拠に、

わかりにくい説明をする学校の先生、お医者さん、弁護士さん、営業マンの方、販売員の方・・・

おられますよね?

逆に、わかりやすい説明が出来る人もいます。

わかりやすい説明が出来る人たちって、

儲かってますよね?

お客さんが増えていっているはずです。

なぜなら、
お客さんは無意識に、生理的に、「わかりやすい説明が出来る人」を選んでしまうからです。


わかりやすい説明が出来る人には、つの特長があります。

1.文章理解力が高い
2.ボキャブラリーが豊富
3.表現力が豊かで、要点を伝える能力が高い
4.滑舌が良い
5.腹式発声で声を出している

この1〜5の力、
実は、

朗読を学び、朗読が上達することで、“すべて”手に入れることが出来ます。

それから、

あなたと話したすべての人に、良い印象を残すことが出来るようになる

のですが・・・

こんな素晴らしい力ですから、欲しがる人はたくさんおられます。
これでもニッチですか?

そして、

お医者さんも、
弁護士さんも、
塾の先生も、
証券会社や保険の外交員の方も、
社長も、すべての営業マン、販売員の方も、

全ての商売をしている、仕事をしている人たちに言える、

こうなったらお終い、ということが1つだけあります。

それは、

お客さんに忘れられたら終わり

ということです。

お客さんに忘れられたら、どうなってしまうのか?

他の病院に行きます。
他の法律事務所に行きます。
他の塾に行きます。
他の会社やお店で商品を買い、
あなた以外の人から、物やサービスを買うようになるのです。

事実、あなたの周りを見てください。
忘れられてしまったお店がたくさん無くなっていませんか?

「テナント募集中」

増えていませんか?
景気だけが理由じゃないんですよ・・・

・・・自分で書いていて、背筋がゾクっとしました。。。


でも、安心してください。

あなたは朗読を楽しみながら、

お客様に、良い印象を与え、
お客様から忘れられない人になり、
あなたのファンが増えていきます。

それだけではなく、

自分よりも格上、目上の人と話すときも物怖じせず、堂々と話せるようになれます。


上記は、本当のお話。

例えば、こういった朗読を必要としている方を見つけ、
お仕事や生活に役立て、
幸せになっていただく活動も、
朗読インストラクターや、認定朗読教室の重要な役割なのです。

朗読は、決してニッチではなく、
128,057,352が対象
なのです。
※2010年国勢調査の日本の総人口

朗読インストラクターに向かない人

各認定教室で、

2級朗読インストラクター認定講座
(※受講には、朗読検定2級以上の合格が必要です)

のお申し込みを受け付けています。
※一部、受付の準備中のところもあります。


朗読を学んでいる方の、一つの方向性が、

朗読の楽しさを伝える講師を目指す

という事です。


「講師になるメリットって?」というご質問をよくいただきます。

メリットは、例えば、このような事でしょう。

・自己成長できる
・「自分は教える立場なのだから」と、基礎トレーニングを真剣にやるようになる
・朗読の上達についての情報収集に積極的になる
・人に喜ばれ、慕われる
・「◯◯先生」と呼ばれるようになる
・リーダーシップが身についてくる
・人前に立つ仕事をすることで、おしゃれをする理由ができる
・聞き上手になる
・話し上手になる
・コミュニケーション能力が向上する
・(朗読ボランティア活動、教室の開講などで)書ける肩書きができる
・“社団法人の認定する講師”という信用
・「伝える力」が向上して日常生活に活かせる


などなど
※当会のアンケート回答結果による


お申し込みをしようか、どうしようかと迷っている方に、

決断するための一つの材料として、


朗読インストラクターに向かない人


とは、どのような人かをお話したいと思います。


朗読インストラクターを目指している方は、必ずお読みください。



【朗読インストラクターに向かない人】

×短気な人

よく人と口論になる人、攻撃的な性格の方には「心を育てる」朗読講師には、不向きです。
せっかく講師になっていただいても、いつか認定取り消しになるので、お申込みはご遠慮ください。

×人の短所ばかり気になる人

認定講座では、あなたの生徒となる方々の長所の見つけ方、褒め方、そして、上達のために絶対に必要な、学習意欲を上げるためのノウハウをお教えします。
日本で唯一、朗読検定を行なっている、日本朗読検定協会ならではのノウハウです。
しかし、人の短所ばかり気になる人には活用できないと思います。

×お金儲けだけをしたい人

特に、一攫千金を目指している人、短期的に大儲けをしたいと思っている方には不向きです。
講師業は、「積み重ね型」のしごとです。
じっくり、地道に生徒さんと向き合って、良い人間関係を築くことが出来る人は、必ず成功します。

×学ぶだけの人

生徒さんとなる方々の上達のため、夢を叶えるお手伝いを引き受けたという、責任ある立場です。
協会には、経験豊富で優秀な講師がたくさんいます。
何でもご相談ください。
あなたが失敗しないようにアドバイス、サポートはしっかりといたします。
しかし、最終的に実行するのはあなたです。実践、実行をしないと何にもなりません。

×「講師資格を取ったら、学びは終わり」と思っている方

こう思っている方は絶対にお申し込みをしないでください。
なぜなら、すぐに生徒さんに追いつかれるからです。
また、そんな姿勢は生徒さんにも伝わり、生徒さんはすぐにやめてしまうでしょう。
講師資格は、あなたの新しいスタート地点に立つことだと思ってください。

×「朗読に自信があるから、教えるのも簡単だ。」と思っている方

人に朗読を教えるのは、実技が上手であればできるというような単純なものではありません。
スポーツの世界でも、名選手が名コーチ、名監督でない場合もよくあります。
また、自分のスタイルを押し付けてしまうことにならないよう、注意しなくてはなりません。
また、あなたの朗読がいかに素晴らしいからといって、それが生徒さんの習い続ける理由にはなりません。

×朗読検定を押し売りしようと思っている方

生徒さんに朗読検定を無理に奨める必要はありません。
検定や、書籍、何かしらについて、日本朗読検定協会には、販売ノルマのようなものが一切ありません。

×心配性の方、マイナス思考の方

初めて教える立場になる、という方は心配でしょう。
そういうご不安は当然です。 これは解消していく方法があります。
しかし、マイナス思考だと思われる方は大変申し訳ありませんが、お申込みはお見送りください。
なぜなら、あなたのそんな姿を見て、生徒さんが不安になるからです。


以上に該当する方は、絶対にお申し込みをしないようにしてください。

当会も、何としても多くの人にお申し込みいただきたいと思っているわけではありません。

あなたの性格改善をしようという試みでもありません。

あなたのエゴ、独り善がりは、封印していただかなくてはならないのです。


当会が、あなたが生徒さんに言う、一言一句を矯正することはありません。

授業は、あなたの良い個性を活かして、自由にやっていただいて良いのです。


しかし、

あなたが上記の「向かない人」に該当していないかどうか、しっかりと確認してください。

上記は、講師認定を下す、一般社団法人日本朗読検定協会の理念に反することなのです。


「朗読の楽しさを伝えたい、もっと、多くの人に朗読をしてもらいたい」


そう思って朗読インストラクターを目指してくださる方は、

下記記事も合わせてご覧いただければ幸いです。


認定教室大募集!
http://roudokukentei.blog.jp/archives/1840155.html
プロフィール

村山博之

昭和45年大阪市生まれ。TBS系列で、TV・ラジオ番組の制作、ナレーター・声優事務所の営業マネージャーを経て、日本朗読検定協会設立に携わる。朗読検定(R)開発者。(一社)日本朗読検定協会 代表理事。NHK全国大学放送コンクールでは、第30〜35回の6年連続で本選審査員を務める。実父は文楽の三味線奏者、鶴澤清治。(重要無形文化財保持者/日本藝術院会員)親戚に、同じく文楽の義太夫、六代目竹本織太夫がいる。

Twitterやってます。
読者登録
LINE読者登録QRコード
TagCloud
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ