(社)日本朗読検定協会 公式BLOG

(社)日本朗読検定協会の最新情報をお知らせするBlogです。引用文を除く記事本文の著作権は(社)日本朗読検定協会に帰属します。
朗読検定(R) は登録商標(登録第5249540号)です。 読み聞かせ検定(R) は登録商標(登録第5337712号)です。

認定朗読・読み聞かせ講師の登録数、全国2300名以上!
iPhone、iPad、Androidから、朗読検定(R)実技課題をご提出いただけます!

朗読コンテスト

第10回 青空文庫朗読コンテスト 本選 結果報告

2018年11月24日(土)に、大阪市青少年センター(KOKOPLAZA)にて行いました、

文部科学省後援 第10回 青空文庫朗読コンテスト本選

予選から選ばれた、高校生の部、一般/認定講師の部
合わせて39名の出場者で行われました。

その結果報告となります。
後日、写真入りの追記をしていきます。


【高校生の部】
※会場審査員が6名だったため、満点は92点です。
金賞 村平りかさん(帝塚山学院高等学校) 宮沢賢治「やまなし」 76点
銀賞 村上彩人さん(岩手県) 芥川龍之介「河童」 72点
銅賞 重枝希呼さん(東海大学付属大阪仰星高等学校) 江戸川乱歩「黄金豹」 70点
審査員特別賞 長岡桃香さん(東海大学付属静岡翔洋高等学校) 宮沢賢治「銀河鉄道の夜」
審査員特別賞 大西花香さん(ヒューマンキャンパス高等学校) 江戸川乱歩「黄金豹」


【一般の部/認定講師の部】
※会場審査員が6名だったため、満点は92点です。

須田直さん1
須田直さん2
金賞 須田直さん(愛知県) 夢野久作「ドグラ・マグラ」 82点



ニシムラタツヤさん
銀賞 ニシムラタツヤさん(愛知県) 田丸雅智「海酒」 77点


奥津真理子さん
銅賞 奥津真理子さん(神奈川県) 夢野久作「ドグラ・マグラ」 76点


長野育夫さん
審査員特別賞 長野育夫さん(千葉県) 中勘助「銀の匙」


藤田紀子さん
審査員特別賞 藤田紀子さん(滋賀県) 
岡田光世「地下鉄の「マイ・ウェイ」」
※今回、認定講師の部の入賞者はありませんでした。

受賞された皆様、おめでとうございます!

そして、第9回 青空文庫朗読コンテスト 金賞受賞者である、西村俊彦さんに朗読披露をしていただきました。

西村俊彦さん

西村俊彦さんは、中島敦「寂しい島(環礁−ミクロネシヤ巡島記抄−より)を朗読してくださいました。

知らない方も多かった作品ではないでしょうか。
コンテストを観に来られた方々に、お手本となるような朗読だけでなく、(おそらく多くの方が)知らなかった作品に出会えるという、素晴らしい機会を作ってくれた西村さん、本当にありがとうございました!

西村さんの朗読は、「西村俊彦の朗読ノオト」でもお聴きいただけます。


惜しくも入賞を逃された出場者の皆様、調子が良くても悪くても、狙い通りの成果が得られないことは多々あります。あなたもご経験がおありだと思いますが、調子が悪いと思っている時に高評価されることだってあるわけです。また、過去の回で入賞された方の多くは、何度も予選を通過できなかった、本選に出場したけど入賞できなかった、というご経験をされていることも、お知らせしておきます。

会場審査員となって、長時間の審査にご協力くださった6名の皆様、
本当にありがとうございました。

今回も本選審査委員長をお引き受けくださった、鈴木美智子さん。
審査委員をお引き受けくださった、井本寛一さん。
千代真由美プロフェッサー、中村なぎさプロフェッサー、
長時間の審査、お疲れ様でした。
ありがとうございました。

来年、2019年に第11回を迎える、青空文庫朗読コンテスト。
本選は、11月24日(日)。

同じく、大阪市青少年センター(KOKOPLAZA) エクスプレスココで開催いたします。

来年も会場予選をおこないます。(岩手、東京、大阪、愛媛 で開催予定です。)

録音予選の受付日程は今年と同じ、7月1日〜8月31日までとなります。

青空文庫朗読コンテストの、

・会場予選開催情報
・朗読のコツ

を、毎週水曜日、一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンでお知らせしています。

こちらから、ご登録ください。

また、今回、Youtube Liveを使用し、コンテスト本選の生放送をいたしました。
今後、朗読の上達をしたい方向けに、より立体的な情報発信をしてまいります。

ぜひ、一般社団法人日本朗読検定協会 公式Youtubeチャンネルにご登録ください。

こちらから、ご登録ください。

文部科学省後援 第7回 青空文庫朗読コンテスト 本選 結果詳報

本選を記録した動画をYoutubeの「限定リンク」で公開しています。※検索では出ません。

動画を御覧いただける方は、

1.予選に、ご応募された方
2.本選に、ご出場された方
3.2016年に行われる、第8回 青空文庫朗読コンテスト 予選に、ご応募された方
(※2016年6月1日以降、ご応募時にお知らせします)

となります。

上記の1、2に該当される方は、お手数をお掛けいたしますが、
info@roudokukentei.jpまで、
ご応募時のメールアドレスから、
【エントリーナンバー】【お名前】をご記入の上、
メールの件名を「第7回 青空文庫朗読コンテスト 本選動画閲覧希望」として、
メールでお問い合わせください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

10月3日(土)に大阪のライティホール(東大阪市)で行われた、

文部科学省後援
第7回 青空文庫朗読コンテスト 本選


大阪府立図書館ホール ライティホール ホームページ
http://www.lighty-hall.com/

非常に使いやすいホールでした。
スタッフの方々も経験豊かで、親切です。

一般の部 出場者の皆さん
一般の部・認定講師の部 で出場のみなさん & 審査員のみなさん

高校生の部 出場者の皆さん
高校生の部 出場者のみなさん & 審査員のみなさん

高校生の部は、本選出場枠が10名。
本当は、もっと多くの方に舞台で読む経験をさせてあげたかったです。

審査員は、今回から、当会のプロフェッサー2名、
外部から2名の合計四名の方に、
会場で抽選で選ばれる10名の方に審査をいただきました。

大阪の高橋恒美プロフェッサー
高橋恒美プロフェッサー

そして、名古屋から、池上あきこプロフェッサー
池上あきこプロフェッサー

今回も、審査委員長を務めてくださったのが、
元OBCラジオ大阪アナウンサー、本村忠司さん
本村忠司さん

そして、ゲスト審査員には、フリーアナウンサー/アナトーク学院 学院長/朗読家の、鈴木美智子さん!

本村審査委員長と、
鈴木美智子さんには、特別に総評をお話いただきました。

大変わかりやすく、役立つお話をありがとうございました! 

まずは、
7 青空文庫朗読コンテスト 本選審査方法です。

本審査員は4人で80点満点を持っており、
会場審査員は10人で20点満点を持っています。


会場審査員の方は、
無投票(0点)、良い(1点)、素晴らしい(2点)
を付けることができます。


では、本選結果です。

まずは、一般の部の審査員特別賞から。
お二人、受賞されています。

石橋玲さん

新美南吉・作 「おじいさんのランプ」を読まれた、石橋 玲さん(北海道)


そして、

ニシムラタツヤさん

太宰治・作「富嶽百景」を読まれた、ニシムラタツヤさん(愛知県)

特別賞のお二人も、金、銀、銅、の三賞に匹敵する高得点を獲得されていました。

では、三賞の発表です。


一般の部、銅賞は、
井田陽子さん

森鴎外・作「山椒大夫」を読まれた、井田 陽子さん(奈良県) 77点
※井田さんは、朗読検定2級の試験合格をもって、準1級認定者となります。

続きまして


一般の部、銀賞。
鵜月光子さん

森鴎外・作「山椒大夫」を読まれた、鵜月 光子さん(東京都) 78点
※鵜月さんは、既に朗読検定2級試験に合格されているため、準1級認定者となります。

そして、栄えある優勝、金賞を受賞されたのは、
鏡さおりさん

森鴎外・作「山椒大夫」を読まれた、鏡 さおりさん(岩手県) 79点
※鏡さんは、朗読検定2級の試験合格をもって、準1級認定者となります。

鏡さんには、副賞といたしまして、来年行われます、
第8回 青空文庫朗読コンテスト 本選にて、
ゲスト朗読をしていただきます。
その際の出演料2万円および、かかる往復交通費の全額を当会からお支払いさせていただきます。

鏡さおりさん、おめでとうございます!


それでは、今回から追加されました、高校生の部。
まずは、審査員特別賞を受賞されたお二人です。

高校生の部、審査員特別賞は、

吉田壱成さん (箕面自由学園高等学校)

鎌田迅さん (東海大学付属静岡翔洋高等学校 放送部)

そして、

高校生の部、銅賞、
大野紘幸さん (クラーク記念国際高等学校) 75点

高校生の部、銀賞、
高尾叡人さん (大阪桐蔭高等学校) 80点

高校生の部、第一回の優勝者は、
竹中千菜津さん (大阪女子短期大学高等学校 放送部) 81点
 
みなさん、おめでとうございます!

特に、
会場審査員の方の高校生の部への投票率が高かったのが印象的でした。

残念ながら、今回から始まりました、認定講師の部は、
受賞該当者なしとなりました。

ちなみに、認定講師の部の審査方法は、

4人の本審査員のうち、
プロフェッサー2名の点数は無効とし、
残った本審査員2名の点数を2倍で計算した後、
4で割って80点満点化し、
会場審査員の点数を加算しています。
※小数点以下は四捨五入しています。

そして、この獲得点数が、
一般の部の受賞者の方の点数以上でないと、
受賞できません。

例えば、一般の部の金賞受賞者が80点だとしたら、
80点以上を取らないと、
認定講師の部での金賞は獲れません。

これにより、
従来と同様の受賞難易度を確保しております。

受賞枠は増えたのですが、
獲りやすくはなっていない、ということです。

今回のように、受賞者なし、
となることもあり得る部門となっております。 


予選ご応募者、本選出場者、当会認定講師の方限定特典!

第7回 青空文庫朗読コンテスト 本選の模様を、
Youtubeの動画でご覧いただけるようになりました。

パソコン、Macだけでなく、
iPhone、iPad、その他Androidスマートフォン、タブレット、
Playstation3、Playstation4など、
Youtubeを利用いただける機器でご視聴いただけます。


ただし、限定リンクとさせていただいており、

・第7回 青空文庫朗読コンテスト 予選にご応募した方
第7回 青空文庫朗読コンテスト 本選に出場された方
・当会の認定講師の方

のいずれかの方にのみ、動画URLをお知らせしております。 

上記に該当される方で、動画閲覧をご希望の方は、

メールの件名を、

本選動画閲覧希望

としていただき、

【エントリーナンバー】 
【お名前】

をご記入の上、info@roudokukentei.jpまで、メールでお知らせください。


朗読で、心身ともに健康な人を増やす社会貢献しませんか?
朗読検定(R) 読み聞かせ検定(R)認定講師募集中! 
エリア定員制
http://blog.livedoor.jp/roudokukentei/archives/1837813.html 
 

第3回 青空文庫朗読の輪コンテスト 結果発表

3月25日(日)。
雪が吹雪く、岩手県盛岡市 アイーナホールにて行われました、
朗読コンテスト、

文部科学省後援 第3回 青空文庫朗読の輪コンテスト

367名の応募者の中から選ばれた、個人の部14名、グループの部7組の方々で本選を競い合いました。
朗読コンテストに応募したり、出場することで、朗読の上達につながります。

まず、アイーナホールは、とても素晴らしいホールでした!
おそらく、出場された皆さんも同じように感じられたと思います。

今回の採点項目ですが、

1.音声技術 25点(発声・発音・アクセント等の基礎要素)
2.表現力  25点(読む速度の緩急、間のとり方、台詞、擬音、擬声語等の表現)
3.伝達力  25点(原稿なしの状態で聴き手にどれだけ作品内容が伝えられたか)
4.工夫・総合 25点(作品選び、抜粋箇所の適切さ、親切さ等)

このような4項目、100点満点を各審査員が持っておりました。

今回、審査員をお務めくださったのは、

劇団「赤い風」代表 俳優の
大森健一さん

元IBC岩手放送アナウンサー、声のことば舎 主宰の
前田正二さん

のお二人。

そして、審査委員長を務めたのが、
日本朗読検定協会 副理事長、表現よみO(オー)の会 代表、
渡辺知明氏

でした。

舞台俳優、アナウンサー、朗読家と、皆さん高得点を付けるポイントが違う中、
受賞されたのが下記、グループの部で3組、個人の部で5組の方々です。


では、グループの部から発表いたします。

【グループの部】※点数は300点満点中

金賞:
岡部雅子さん 牧佳子さん
「めくらぶどうと虹」宮沢賢治・作 245点
goldprize_group












銀賞:桂 輝美さん 森 祐子さん 宇部良子さん
「注文の多い料理店」宮沢賢治・作 215点

特別賞:大柏一花さん 大柏一生くん
「ひみつの友だち、見つけたよ!」澤口たまみ・作


【個人の部】※点数は300点満点中

金賞:金 奈々実さん
「ゆうすげ村の小さな旅館」茂市久美子・作 264点
20120325_solo












銀賞:藤井直子さん
「闇の絵巻」梶井基次郎・作 245点

銅賞:植野晴香さん
「あのときの王子くん」サン=テグジュペリ・作 大久保ゆう・訳 244点

特別賞:柏陽子さん
「座敷わらし一郎太」柏葉幸子・作

特別賞:村井沙織さん
「野ねずみのちびすけ」小野寺悦子・作


何と、個人の部の金賞を受賞されたのは、11才の金 奈々実さんでした!
朗読の輪コンテスト史上(といっても3回ですが)初の小学生の受賞です!

20120325_goldprize












group_shot












次回、「第4回 青空文庫朗読の輪コンテスト」は、9月17日(敬老の日)に、
東京都杉並区の座・高円寺2で行います!

座・高円寺の場所は・・・こちら

第三回 青空文庫朗読の輪コンテスト 出場者発表

3月25日(日)、岩手県盛岡市 アイーナホールにて行われる、
朗読コンテスト、

第三回 青空文庫朗読の輪コンテスト

出場者の方、および、作品、出演順を発表いたします。
(※敬称略)

◆グループの部◆ 11:00〜
1.中村秀俊 中村マスミ  「天の川のたんざく」茂市久美子
2.桂 輝美 森 祐子 宇部良子  「注文の多い料理店」宮沢賢治
3.小松茉里 菊池 拓  「風の又三郎」宮沢賢治
4.小原惠子 三浦まゆみ 荒谷光子  「雨のじょうろとあなぐまモンタン」茂市久美子
5.大柏一花 大柏一生  「ひみつの友だち、見つけたよ!」澤口たまみ
6.八重樫公子 八重樫泰子 八重樫佳子 八重樫悠子 八重樫勇介 「どんぐりと山猫」宮沢賢治
7.岡部雅子 牧 佳子  「めくらぶどうと虹」宮沢賢治
 

◆個人の部◆ 13:00〜
※金賞、銀賞、銅賞の入賞者は2級合格資格を得て、準1級合格となります。 

1.伏屋展江  「夢十夜〜第八夜」夏目漱石
2.山崎 巌  「瘤取り〜御伽草紙より」太宰 治
3.新里有梨亜  「銀河鉄道の夜」宮沢賢治
4.柏崎陽子  「座敷わらし一郎太」柏葉幸子
5.藤井直子  「闇の絵巻」梶井基次郎
6.目黒 泉  「クロリスの庭」茂市久美子
7.野坂佳子  「恩讐の彼方に」菊池 寛
8.朝日健次  「無人島に生きる十六人」須川邦彦
9.上野晴香  「あのときの王子くん」 訳:大久保ゆう
10.金 奈々実  「ゆうすげ村の小さな旅館」茂市久美子
11.村井沙織  「野ねずみのちびすけ」小野寺悦子
12.野尻陽子  「里の春 山の春」新美南吉
13.藤田航輔  「銀河鉄道の夜」宮沢賢治
14.齋藤悠星  「坊っちゃん」夏目漱石


【コンテスト開催場所のご案内】

アイーナ岩手県民情報センター 7Fアイーナホール
http://www.aiina.jp/access/access.html

読み聞かせコンテスト at KYOTO 西本願寺 聞法会館

今日は京都は西本願寺 聞法会館にて、

「読み聞かせコンテスト」
を行いました。


計画は昨年からしていたのですが、諸般の事情がございまして、開催が決定したのが一ヶ月前。 十分な募集告知が行える時間もありませんでした。

しかし、そんな中、北は北海道から、南は九州まで。
全国から100名以上の方が応募して下さいました。


飛行機、

船、

新幹線、バス等。


本当に、お越しいただくだけで大変だったのではないかと思います。
心より御礼を申し上げます。
ありがとうございました。


さて、今回の読み聞かせコンテストは、

「とくとくとく」中川 晟・作
「はるちゃんのいただきます」大平光代・作

(ともに本願寺出版社刊)

のいずれかを選択課題としておこないました。

審査員は、

バルセロナ五輪シンクロナイズドスイミング・銅メダリスト。
そして、現在はスポーツコメンテーターとして活躍中の、

奥野史子さん。

K−1グランプリにも出場され、49歳の今もベンチプレス200kgを上げる現役格闘家、

清原定一さん。

そして、元・朝日放送のプロデューサーで、現・本願寺出版社の部長、

長屋善洋さん。

以上のお三方にお願い致しました。


・・・長屋部長以外、何の審査かと思われるかもしれませんが、実は、奥野さんも清原さんも、大変朗読や読み聞かせがお好きで、造詣が深い方なのです。


司会進行は、フリーアナウンサーの小川恵理子さん。

午前の部は10:30〜

午後の部は13:00〜

と、2部構成で行なわれ、予選を勝ち抜いた30名の方が実力伯仲の中、競い合いました。

主婦の方や、
contest1


contest3


高校生の方。
koukousei2


koukousei3


皆さん、緊張されながらも素晴らしい読み聞かせを披露してくださいました。
審査員の皆さんだけではなく、会場の全ての方が甲乙付けがたいという印象であったと思います。


しかし、受賞枠は4枠!
採点の集計にも力が入ります。
saiten


採点集計中の待ち時間を楽しませてくれたのは、OSK研修所をトップの成績で卒業されたミュージカルタレント、渡辺愛那さん。
watanabeaina



それでは、この度の激戦を勝ち抜かれた4名の方を発表いたします。


【優勝】
下條 英子さん(福井県)

【準優勝】
平井 みやさん(兵庫県)

【審査員特別賞】
尹 一仙さん(兵庫県)
佐々木 真由美さん(北海道)

syugou


以上の皆さんとなりました。
おめでとうございます!


この度の、「読み聞かせコンテスト」の実現には、参加者の皆さん、そして多くの方々のご協力の賜物です。

ご参加を頂きました皆さん、本当にありがとうございます。

そして、来年は親鸞聖人750回大遠忌法要を控え、ご多忙の折、本コンテストの実現にご尽力を頂きました本願寺出版社 遠山さん、竹中さん、岩佐さん、佐々木さん、ありがとうございました。

特に、審査員としてもご協力を頂きました、長屋善洋部長、ありがとうございました。

そして、後援を快くお引き受け下さいましたKBS京都 事業部 剣持部長、ラジオ営業部の西野さん。
ありがとうございました。

心より御礼申し上げるとともに、是非、来年以降も本イベントの開催実現にご協力を頂けることをお願い申し上げます。


今回は、大変素晴らしい会場でコンテストにご出演になった方も、その点は気持よく読んで頂けて、ご満足を頂けたのではないかと思っております。

しかしながら、ご遠方から、非常に高額な交通費のご負担をいただき、コンテストにご参加頂いたという点では大変申し訳ないという気持ちもございます。

前回に比較して、今回は、進行などで段取りが少し悪かった部分もございました。


今後の目標といたしまして、本選にご出場になられる方の交通費を主催側で負担できるように。
また、地区予選を経て、本選という形を目指していきたいと思います。

地区予選が出来れば皆さんの受賞枠も増えます。

出来るだけ早期に、こういった参加者の方への負担軽減が出来るよう、朗読検定を盛り上げていきます。
そして、コンテストのみならず、朗読、読み聞かせの発表の場を増やしていきたいと思います。


今後とも、日本朗読検定協会をぜひ、応援してください!
プロフィール

村山博之

昭和45年大阪市生まれ。
TBS系列の放送局で、TV・ラジオ番組の制作、ナレーター・声優事務所の営業マネージャーを経て、日本朗読検定協会設立に携わる。
朗読検定(R)開発者。一般社団法人日本朗読検定協会 代表理事。NHK全国大学放送コンクールでは、第30〜35回の6年連続で本選審査員を務める。
実父は文楽の三味線奏者、鶴澤清治。(重要無形文化財保持者/日本藝術院会員)親戚に、同じく文楽の義太夫、六代目竹本織太夫がいる。

Twitterやってます。
読者登録
LINE読者登録QRコード
TagCloud
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ