(社)日本朗読検定協会 公式BLOG

(社)日本朗読検定協会の最新情報をお知らせするBlogです。引用文を除く記事本文の著作権は(社)日本朗読検定協会に帰属します。
朗読検定(R) は登録商標(登録第5249540号)です。 読み聞かせ検定(R) は登録商標(登録第5337712号)です。

認定朗読・読み聞かせ講師の登録数、全国2500名以上!
iPhone、iPad、Androidから、朗読検定(R)実技課題をご提出いただけます!

緊張しない方法

メルマガへのご質問 「作品の途中から早口になる」


一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンにいただいたご質問より


ペンネーム:発声練習さん
 

質問:

放送部員の悩みです。

朗読をしていると、作品の途中から早口になり、「走って」しまいます。

(読み始めて大体50秒程過ぎ程度から)

特に、苦手な発音が出ると早くなり、コントロールができません。

本人に尋ねると、

「最初は意識していますが、人前で読んでいると、だんだん頭が真っ白になり、

何を読んでいるのか、分からなくなります。」

とのことです。

よろしくお願いします。


とのご質問をいただきました。

このご質問に、朗読検定(R)認定プロフェッサーの赤須薫さんが回答しました。


【回答1】
 

発声練習さんご質問お寄せ下さり有難うございます。

発声練習さんは放送部の顧問の先生でしょうか、それとも部長さんでしょうか?

部員の皆様のご指導お疲れ様です!


朗読が途中から走って速くなってしまう、苦手な発音ではその傾向が顕著ということですね。


私は質問のメールを拝見しながら解決策のヒントは既にこのご相談の文の中にある様に感じました、つまり、苦手な発音があるのなら、まずはその苦手な発音だけを抜き出して自信がつくまで練習するのが良いのではないかということです。

茶の湯の割り稽古というのは、お点前を通してするのではなく、一部分の作法を取り出して行う部分稽古ですが、早口になってしまう部員さんも苦手な箇所を見極めて「割り稽古」をすることが必要なのではないでしょうか。

「人前でよんでいると頭が真っ白になる」というのは自分の読みに自信が無いからあがってしまうのであり、まだ人前で通しで読めるレベルになっていないのに無理しているからではないでしょうか? 苦手箇所を部分練習して自信をつければ、あがりにくくなり焦らなくなる、焦らなくなればコントロールが効き走らなくなるのではないでしょうか。


もう一つご提案できるとすれば、走り始める50秒過ぎ辺りの文章から読み始める練習をすることです。50秒過ぎから走るのならば、逆に言えば50秒までは走らないで読めているという事です!これも「割り稽古」の一つかと思いますが、読み始める箇所を少しずつずらしてその個所をゆっくり読む感じを感覚として体に覚えさせるというのはいかがでしょうか?


いずれにせよ問題は早口ではなく、人前で上がってしまう事の様に思えますので、部分稽古で苦手意識を無くし、恥ずかしくても人前で読む経験を積み(失敗しても頑張りを誉めてあげる事が大事!)慣れていけば自信もつき早口のコントロールも出来る様になるのではと思うのですがいかがでしょうか?


ご提案したことがもう既に取り入れられている練習ばかりでしたらすみません。その場合はまたご質問のメールを下さると嬉しいです。他の方法もご一緒に考えましょう。

いずれにせよ、こうやって質問をメールして親身になってくれる発声練習さんの様な指導者がいてくれる放送部員さん達は幸せだと思います!私も微力ながらお役に立てれば嬉しいです。



回答:朗読検定(R)認定プロフェッサー 赤須薫



発声練習さん、ご参考になりましたでしょうか?


関連することかもしれませんので、こちらもご参考にご覧いただけますと幸いです。




一般社団法人日本朗読検定協会 公式メールマガジンでは、

・声や朗読に関連する悩み、わからないこと

を募集しております。

採用された方には、「CD付き プロが教える 朗読 心に届く語りのコツ50 (コツがわかる本!)」(葉月のりこ監修 メイツ出版・刊)を1冊お贈りいたします。

info@roudokukentei.jp

まで、

・ペンネーム
・ご質問内容(出来るだけ詳しく)
・ご連絡先お電話番号(こちらからの連絡メールが届かなかった場合の連絡に必要になります)

をお送りください。

(一社)日本朗読検定協会 公式メールマガジンのご購読はこちら無料です

【動画】人前で緊張しない方法

大事な時に、緊張しすぎた経験はありませんか?

胸がドキドキ、
手足がガクガク、
歯がガチガチ、

面接試験やプレゼン、
あなたが演奏するコンサート、
あなたが歌うライブ、
朗読発表や、読み聞かせボランティア活動の時

そんな風になりたくないですよね?

大事な人との会話でも、
緊張しすぎたら台無しになることがあります。

二度と無い機会に、
絶対、失敗したくないあなたへ、

人前で話すのが苦手だった私が、
数百人の前でも物怖じしなくなりました。

あなたに、「緊張しない方法」を教えます。

「人前で緊張しない方法」
プロフィール

村山博之

昭和45年大阪市生まれ。TBS系列で、TV・ラジオ番組の制作、ナレーター・声優事務所の営業マネージャーを経て、日本朗読検定協会設立に携わる。朗読検定(R)開発者。(一社)日本朗読検定協会 代表理事。NHK全国大学放送コンクールでは、第30〜35回の6年連続で本選審査員を務める。実父は文楽の三味線奏者、鶴澤清治。(重要無形文化財保持者/日本藝術院会員)親戚に、同じく文楽の義太夫、六代目竹本織太夫がいる。

Twitterやってます。
読者登録
LINE読者登録QRコード
TagCloud
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ