(社)日本朗読検定協会 公式BLOG

(社)日本朗読検定協会の最新情報をお知らせするBlogです。引用文を除く記事本文の著作権は(社)日本朗読検定協会に帰属します。
朗読検定(R) は登録商標(登録第5249540号)です。 読み聞かせ検定(R) は登録商標(登録第5337712号)です。

認定朗読・読み聞かせ講師の登録数、全国2500名以上!
iPhone、iPad、Androidから、朗読検定(R)実技課題をご提出いただけます!

3級

採点項目解説 【朗読検定3級】

昨晩も雨が降って蒸し暑い夜でした・・・

そんな寝苦しい夜、

お薦めなのが竹シーツです!

【期間限定送料無料!】体感温度、1秒で-3度!イケヒコオンラインストア オリジナル シングルサイズ 竹シーツ サイズ:90X180cm(#5312430*)

クチコミを見る

竹シーツの上にタオルシーツで寝てみて下さい!

快適に眠れますよ!


さて、3級の解説です。

・・・が、

プロフェッサーのお仕事を取ってしまってもいけませんので、4級と重複する部分等は割愛させていただきます。



課題1 は、滑舌の課題。

4級とは違い、

「外郎売り」の一部分が出題されています。

インターネット上には、いくつも音声ファイルが置かれていますが、お薦めは、

「外郎売り」声優演技研究所さん による)

パソコンでないとお聴き頂けませんが、非常に参考になると思います。


滑舌課題は採点項目に【時間】があります。

ストップウォッチを使って練習してくださいね。


課題2 は、プロミネンス課題です。

正確には、プロミネンスと“抑揚”課題になるでしょうか。


プロミネンスや抑揚は、朗読で一番楽しいところ、では無いでしょうか。

5つの文章を、指示に従って表現してもらいます。


【表現幅】という採点項目ですが、

普通に読むところとの“差”が出せているかを採点します。


今回は文章、というよりも“台詞”が多いですね。

台詞表現が好きで朗読をしている方も多いのでは無いでしょうか。

ぜひ、“腕試し”して下さい。


課題3 は、6月期の全級共通課題、「注文の多い料理店」(宮沢賢治・作)より抜粋しています。

テーマは、

“語り”と“台詞”の読み分けです。

但し、3級の課題では人物は一人しか出てきません。


比較的、朗読初心者の方でも楽しんで取り組んでもらえるのでは無いかと思います。


【情景描写】 という採点項目ですが、課題2で問われたような、プロミネンスやイントネーション等、表現技術の用い方を採点します。

具体的に言うと、


“語り”の読み方のままに読みきってしまうと、点数は取れません。


工夫が必要になりますが、

ここが、単に声に出して読む“音読”、とは違う“朗読”ならではの面白みです。

さて、どう読んだら聴き手は退屈せずに聴くことが出来るでしょうか。


全部解説してしまうと、解答を公開してしまっているような感じになりますので、後は送られてきた課題をご覧になり、

あなた自身で考えて取り組んでみて下さい。

6月期 朗読検定3級 受検要項詳細

【3級】
 3級の目的 筆記 ※50点満点
  ・アクセントの初歩的な知識を身につけているか
  ・朗読に関する初歩的な知識を身につけているか(文学作品等)

 3級の目的 実技 ※50点満点
  ・明瞭に、正確に読むことが出来ているか(読み間違い、滑舌)
  ・早口言葉、滑舌課題が明瞭に読めているか(外郎売りを一部抜粋)
  ・作品朗読の"語り"部分と台詞部分の読み分けが出来ているか(情景描写や間の取り方に工夫して正確に読めているか)
  ・正しいアクセントで読めているか
  ・プロミネンスを理解しているか

 実技試験内容と採点項目
 1.滑舌課題 「外郎売り」より (各項目5点 合計15点)
  ・時間(規定時間内に読み終えられているか)
  ・正確さ・滑舌(間違いなく、明瞭に、正しいアクセントで読めているか)
  ・リズム(苦手な部分が遅くなっていないか)

 2.プロミネンス課題 "小さく" "伸ばす" "速く" "間をあける" (各項目5点 合計15点)
  ・表現幅(強調部分で差を出せているか)
  ・正確さ・滑舌(読み間違いなく、明瞭に読めているか)
  ・アクセント(正しいアクセントで読めているか)

 3.作品朗読 「注文の多い料理店」より "語り"と"台詞"の読み分け (各項目4点 合計20点)
  ・情景描写(情景描写を伝える読み方の工夫が出来ているか)
  ・読む速度と間の取り方(聴きやすい速度と間が取れているか)
  ・正確さ(読み間違いなく、正しいアクセントで読めているか)
  ・滑舌(明瞭に発音出来ているか)
  ・読み分け(語りと台詞の読み分けが聴き手に伝わるか)

プロフィール

村山博之

昭和45年大阪市生まれ。TBS系列で、TV・ラジオ番組の制作、ナレーター・声優事務所の営業マネージャーを経て、日本朗読検定協会設立に携わる。朗読検定(R)開発者。(一社)日本朗読検定協会 代表理事。NHK全国大学放送コンクールでは、第30〜35回の6年連続で本選審査員を務める。実父は文楽の三味線奏者、鶴澤清治。(重要無形文化財保持者/日本藝術院会員)親戚に、同じく文楽の義太夫、六代目竹本織太夫がいる。

Twitterやってます。
読者登録
LINE読者登録QRコード
TagCloud
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ