(社)日本朗読検定協会 公式BLOG

(社)日本朗読検定協会の最新情報をお知らせするBlogです。引用文を除く記事本文の著作権は(社)日本朗読検定協会に帰属します。
朗読検定(R) は登録商標(登録第5249540号)です。 読み聞かせ検定(R) は登録商標(登録第5337712号)です。

認定朗読・読み聞かせ講師の登録数、学生から80代まで、全国2600名以上!
iPhone、iPad、Androidから、朗読検定(R)実技課題をご提出いただけます!

NHK全国大学放送コンテスト

第33回 NHK全国大学放送コンテストの審査員を務めてきました。

村山です。
先週の土曜日は京都で、

第33回 NHK全国大学放送コンテスト

が行われました。

私は、今回、本選審査員として、
音声CM、ラジオ番組部門の講評を担当させていただきました。

各部門の優勝者は、下記の通りでした。

■アナウンス部門 第1位
北海学園大学 塚田 沙也華さん

■朗読部門 第1位
日本大学 二宮 愛さん

■音声CM部門 第1位
筑波大学THK筑波放送協会 「日日辞書」

■ラジオドラマ部門 第1位
同志社大学 同志社学生放送局 「Who are you?」

■映像CM部門 第1位
京都大学 KUBS京都大学放送局 「Economics」

■映像番組部門 第1位
神戸大学 放送委員会 「開廷!特別臨時家庭裁判(X:3」

優勝者、入賞者のみなさん、
受賞おめでとうございます!

さて、コンテストの審査を通じ、
感じたことを書いていきます。

前回は、朗読の講評をいたしましたので、

「朗読の7つの要素」

のお話をいたしました。

コンテストの朗読部門に応募される方は、
ぜひ、知っておいていただきたい知識です。 

今回は、

音声CM、映像CM、ラジオドラマ、映像番組部門にご応募の方
に向けて、ごく基本的なことをお話しました。 

それは、

「審査員は、一回しか聞かない、観ない」

ということです。

制作するみなさんは、それこそ、何十回となく、
作品をチェックして作られたものを出されているでしょう。

しかし、審査員が聞く、見る機会は、
たったの一回だけです。(※予選を除く)

一回の再生で、私たち審査員は、
内容を把握し、採点をすることになります。

そこで、制作者と審査員、つまり観る人との、

「理解の差」

が大きく出てしまうような作品だと、入賞には不利です。

審査員は、理解できていないものに高得点を付けることは無いからです。 

そして、制作する前に考えてもらいたいこともあります。

それは、

制作するあなたが、

1.心を動かされたもの(喜怒哀楽)、感動した事柄 
2.上記を伝えることができる内容、構成
3.演出、効果


この手順で考えて作品を作らねばなりません。 

演出、効果は一番後で良いわけです。

伝えたい事、考えてほしいことがあって、
それを伝える内容、構成を考えて、
それから演出や効果です。

特に、

内容、構成については、制作者のあなたから心理的に遠い人に観せて、
聞かせて、伝わるかどうかを試してみてください。

そうすることで、審査員にも理解しやすい内容、構成の物が出来ます。

大学Nコンは、ここ数年、毎年レベルアップし続けています。
今年も、入賞作品以外も素晴らしい作品が多く、
審査員泣かせの本選となりました。

来年、私が呼ばれるかどうかはわかりませんが、
ここで書いたことが活かされ、
さらに素晴らしい作品が応募されることを願っています。

勝ちたい中高生放送部の方!Nコンを知る私たちが教えます。(オンラインレッスン)

スマートフォン、タブレットをお持ちであれば受講いただける通信講座の学校「声の表現アカデミー」でも、Nコン予選・本選対策の講座開講を予定しています。
料金体系は、個人、放送部単位など、フレキシブルに対応致します。
ご希望の方は、どうぞお気軽に、お問い合わせフォームからお問い合わせください。


一般社団法人日本朗読検定協会の講師、プロフェッサー、准プロフェッサー資格者は、
全国各地の公立校、私大付属校放送部での指導経験が多数ございます!

先日、認定講師の交流会で話題になったことが、
朗読上達に役立つと思いましたので、
一つ、皆様にシェアしたいと思います。

今回は、中学校、高校の放送部の方、

各種「朗読コンテスト」で勝ちたい方向けです。

まず、知っておいていただきたいことは、

舞台でする朗読と、

録音するためにする朗読は、

全く違う

ということです。

具体的にお話していきます。 

 

舞台でする朗読には、視覚要素がありますが、

録音するためにする朗読は、聴覚要素だけです。

 

 

例えば、

 

演劇経験が下地になっている人は、

 

読み(聴覚要素)+身振り・顔の表情(視覚要素)

 

で表現します。 


音訳、アナウンス、朗読※が下地になっている人は、

 

読み(聴覚要素)だけ

で表現します。
※朗読は様々なスタイルがあるので絶対ではありません


どちらが良い、悪いはありません。
 

しかし、

審査員の見方、聴き方で、
審査員が違和感を感じる場合がある

のです。

もし、あなたが何らかのコンテストで入賞を狙いたい、

と思っているのなら、

 

審査員が、

 

舞台を観て、採点している人なのか、

舞台をほとんど観ずに、採点している人なのか、

 

で対策をすると良いです。

 

対策と言っても、当日、

本番でしかわからないと思いますが、
心に留めておいてください。


第31回NHK全国大学放送コンテストで、審査員してきました。

11月29日(土)、京都で行われた、

第31回 NHK全国大学放送コンテスト 本選

で、審査員をしてきました。

第30回に引き続き、
二年連続で審査員の大役を賜ることが出来ました。
大変光栄に思います。

前回、2日に渡って行われた本選が、
今回、1日に効率化され、

審査員としては、
全部門の審査をさせていただきましたが、

私は、350名の大学生の方々の前で、

朗読部門
ラジオドラマ部門

の総評をお話させていただきました。

今回、審査員として携わって見えたこと、

・どこにこだわれば、受賞に近づけるか?


明日のメルマガで書きます。 


メルマガの登録がまだの方は、
こちらからどうぞ。 
プロフィール

代表理事

1970年大阪市生まれ。TBS系列で、TV・ラジオ番組の制作、ナレーター・声優事務所の営業マネージャーを経て、日本朗読検定協会設立に携わる。朗読検定(R)開発者。(一社)日本朗読検定協会 代表理事。NHK全国大学放送コンクールでは、第30〜35回の6年連続で本選審査員を務める。実父は文楽の三味線奏者、鶴澤清治。(重要無形文化財保持者/日本藝術院会員)親戚に、同じく文楽の義太夫、六代目竹本織太夫がいる。

読者登録
LINE読者登録QRコード
TagCloud
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ