2018年11月24日(土) 大阪市立青少年センター(KOKOPLAZA)にて行われる、
第10回 青空文庫朗読コンテスト 本選出場者を決める、

予選のうち、4月〜6月の間行われる『会場予選』に関する情報をまとめました。
※録音物送付による予選は、7/1〜8/31まで受付いたします。

3/31(土)現在、予定されている予選は、以下の通りです。

【大阪】※受付終了です。
4/28(土) 大阪市立青少年センター KOKOPLAZA
にて、13:00〜18:30までの時間帯で、
予選審査員の前で個別に読んでいただきます。

※個別時間帯は協会から、お申込後、連絡いたします。
※個別時間帯はお選びいただけません。



【東京】
※受付終了です。
6/17(日) 品川産業支援交流施設 SHIP
にて、12:00〜18:00までの時間帯で、
予選審査員の前で個別に読んでいただきます。

※個別時間帯は協会から、お申込後、連絡いたします。
※個別時間帯はお選びいただけません。

アクセスは、下記リンクを御覧ください。
品川産業支援交流施設 SHIP



【岩手】※主催:朗読検定(R)認定教室 KOTOSE音読教室 受付終了です。
6/30(土) アイーナ(いわて県民情報交流センター)
にて、12:30〜16:00(予定)
予選審査員の前で個別に読んでいただきます。

岩手会場のお申込みに関しましては、info@kotose.com まで、
メールで、

【お名前】
【ふりがな】
【郵便番号】
【ご住所】
【ご連絡先お電話番号(携帯など連絡がとれる番号)】
【予選お申込み口数】
※複数作品で応募される場合は、作品数と同じ口数のお申込みが必要です。

※個別時間帯はお申込後、KOTOSE音読教室から、連絡いたします。
※個別時間帯はお選びいただけません。

アクセスは、下記リンクを御覧ください。



【会場予選審査について】
会場予選は、

予選通過点数(80点)を超えた方
でないと、本選出場権が得られないという、
新ルールでおこないます。

前回の会場予選では、
1会場につき、必ず1名は、
本選出場者に選ばれました。

今回は、一人も出ない場合がある、
という事です。

予選審査項目は、本選と同じく、4項目。
各項目25点満点で、合計100点満点。

このうちの、80点を獲得できないと、
予選通過できない、ということになります。

【予選審査項目】
\騎里
 読み間違い、滑舌、アクセントは気にならなかったか?

読む速度・間
 読む速度と間は適切か?

I集塾
 作品の内容、情景が伝わったか?
 (抑揚、区切り、強調など)

ち楼婢夫
 聴く人を楽しませるよう工夫をしていたか?

となります。